• スキンケア・基礎化粧品
    その行動ストップ!!脳を老けさせちゃうかも?NG習慣8つ!
    2015年1月14日
  • スキンケア・基礎化粧品
    蒸しタオルが美人と健康を作る!素晴らしい蒸しタオルケア14の効果!
    2015年2月27日
  • スキンケア・基礎化粧品
    40代を美しい肌で過ごすためのスキンケア!プロの選ぶ良品ベスト4
    2015年1月20日
  • ヘアケア
    シャンプーが出来ない!そんな時でも綺麗な髪をキープする5つのコツ
    2015年3月27日
  • スキンケア・基礎化粧品
    10歳も老けさせる?顔のたるみを解消!顔のたるみ原因と3つの解消方法
    2014年12月29日
  • スキンケア・基礎化粧品
    1日たった3分で下っ腹が凹む!骨盤ダイエット法3つご紹介!
    2015年1月5日
  • スキンケア・基礎化粧品
    7日間で4キロも夢じゃ無い!「オーバーナイトダイエット」の真相!!
    2015年1月18日
  • スキンケア・基礎化粧品
    冬の美白ケアで雪のような透明感ある肌に!冬こそ美白ケア!
    2015年2月6日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ダイエットと美肌を手に入れよう!女性のワガママを叶える9つの食べ物
    2015年3月26日
  • スキンケア・基礎化粧品
    内臓脂肪の減らし方|今度こそ成功させる!食事・運動・○○法
    2015年4月14日
毛穴

毛穴化粧品の正しい選び方を教えます

毛穴に悩んでいる方の多くは、“毛穴“という言葉だけで化粧品を選ぶ人も多いかもしれません。

ですが、毛穴で悩んでいる女性って実に70%以上もいるために、いろいろな毛穴の悩みがあるし化粧品も変わってくるのです。

 

例えば、しずく型毛穴・帯状毛穴・たるみ毛穴・黒ずみ・・・

こんなにたくさんある毛穴の悩みなので、それに合う化粧品もたくさんあるんですね。

 

もしあなたも毛穴でお困りなら、自分に合った毛穴ケアでキレイな肌を作っていきましょう。

毛穴のタイプを確認する方法

 

毛穴化粧品を購入する前に、まず自分の毛穴がどのタイプか確認する必要があります。

 

毛穴のタイプには、大きく分けて3種類あります。

開き毛穴

黒ずみ毛穴(詰まり毛穴)

たるみ毛穴(しずく型毛穴・帯状毛穴)

 

 では、この3種類が出来る理由と、判別方法を紹介いたします。

開き毛穴

皮脂分泌が多い、思春期や20代前半に多く見られます。

keana2

皮脂分泌が多いのは、男性ホルモンの分泌が増えるからです。

これは個人差によって変わりますが、男性ホルモンが多い人は皮脂分泌が多くなります。

 

皮脂は皮脂腺を通って毛穴に流れます。

 

特に20代前半ぐらいまでは皮脂は活発に流れているため、毛穴ケアをしっかり行わないと上記画像のように、知らないうちに毛穴が大きくなっていた・・・ということもあります。

 

開き毛穴を改善するために

毛穴化粧品の中でも、角層をケアできるものや、収れん化粧水(引き締め効果があるもの)を使いましょう。

 

また、洗顔もていねいに行い皮脂を取り除いてあげることが必要です。

 

ケアは外からではなく、内側からも行うようにしてください。

皮脂の分泌は食べ物にもかかわってきます。

糖分や脂肪分、アルコールの取りすぎに注意するようにしてください。

 

また、皮脂分泌を調整できる栄養素

ビタミンB2、ビタミンB6、ローヤルゼリー

糖代謝をサポートできる

ビタミンB1、豚肉、枝豆

ターンオーバーを整える

ビタミンA、β-カロテン、にんじん、カボチャ

などを、積極的に取り入れていきましょう。

 

開き毛穴を対応できる毛穴化粧品ランキング
1位 調査中です
2位 調査中です
3位 調査中です

 

 

 

黒ずみ毛穴(詰まり毛穴)

黒ずみ毛穴(つまり毛穴)も原因は開き毛穴とほぼ一緒になります。

keana3

20代前半ぐらいまでは、男性ホルモンの分泌が多いためです。

 

肌の一番上の層(角層)の乱れも重なって、毛穴がふさがれてしまいます。

毛穴には、皮脂や角質が混じった角栓や、毛穴のうぶ毛、メイク汚れなどがまじりあい固まって詰まっています。

 

詰まった毛穴は、はじめは白いですが、正しいスキンケアを行わないと、徐々に汚れていき黒くなったり、ザラザラしたりするのです。

ひどい状態になると、普通に取ることは難しくなります。

 

つまった毛穴(黒ずみ毛穴)を取るためには、専用の化粧品や洗顔料を使うことをおすすめします。

 

ピーリングや毛穴パックを使う人もいますが、肌に負担がかかることもありますので、12週間に一度を目安に行いましょう。

 

黒ずみ毛穴でも、開き毛穴と同じように、食べ物からのケアも一緒におすすめします。

皮脂分泌を適正に保ってくれる

ビタミンB1B

皮脂分泌を調整してくれる

ローヤルゼリー

糖質の代謝を行ってくれる

ビタミンB1

ターンオーバーの調整をしてくれる

ビタミンA1、β-カロテン

上記を食事の中で取り入れましょう。

  

オススメお食事メニュー

まぐろ納豆丼(571kcal 10分)

mag

※皮脂分泌の調整が出来る

材料(二人分)

ごはん

まぐろの赤身

しょうゆ大さじ1・ごま油少々

納豆(ひきわり)1.5パック

しょうゆ少々

かいわれ菜・きざみのり適量

 

つくり方

  • まぐろは52cn核に切り(しょうゆ大さじ1・ごま油少々)で下味をつける。
  • 納豆はよく混ぜてから、しょうゆを加えてからに混ぜる。
  • 丼にご飯を盛り② ①の順に乗せ、かいわれ菜ときざみのりを散らす。

 

黒ずみ毛穴をケアできる毛穴化粧品ランキング
1位 調査中です
2 調査中です
3 調査中です

 

たるみ毛穴(しずく型毛穴・帯状毛穴)

 

たるみ毛穴は加齢によって増えてきます。

(画像)

たるみの原因は、細胞のたんぱく質や、ハリを保っているコラーゲン。コラーゲンを生成するためのビタミンCの減少です。

 

なかでも、脂肪性のかたやたばこを吸う人は、肌が酸化されやすいために、たるみ毛穴になりやすいです。

若いうちから、たるみ予防を行いましょう。

 

たるみ毛穴を改善するために

たるみ毛穴が気になりだしたら、マッサージを取り入れるようにしましょう。

血行を良くすることで、栄養分が真皮の中に届けることが出来るので老廃物を取り除けるからです。

 

化粧品は収れん化粧水、ハリを出すために、コラーゲンを生成するための成分が配合されているスキンケアを使います。

例えば、ポーラ研究所で研究し開発した「CVアルギネート」は敏感肌でも使えるコラーゲン生成を促進する成分です。

また、肌に効果的だけど、壊れやすいビタミンCは、メーカーの研究でビタミンC誘導体や、ピュアビタミンCもコラーゲン生成という形で壊れにくくなり化粧品に配合されています。

 

上記の成分はさまざまな美容効果があるので、積極的に取り入れるようにしましょう。

 

さらに、食事の面でも抗酸化力を高める、β-カロテン、アスタキサンチン。

女性ホルモンのバランスを整える、大豆イソフラボン、ローヤルゼリーを取り入れるようにしましょう。

 

(たるみ毛穴・必須のお手入れ方法)

マッサージ フェイスエクササイズ スキンケア
肌の血行を良くするためのマッサージです。

特に40代を過ぎた後は、毎日取り入れるようにしましょう。

表情筋の衰えをケアするために、毎日動かします。

口輪筋・眼輪筋を意識したエクササイズをします。

肌を引き締める成分、ハリを出すための成分でスキンケアを行います。

肌を若々しく保つために効果的となります。

 

 

 

たるみ毛穴をケアできる毛穴化粧品ランキング
1位 調査中です
2位 調査中です
3位 調査中です

 

あなたの毛穴の悩みは…たくさんありますか?

毛穴の悩みは大きく分けで3つあることを説明しました。

黒ずみ(つまり)毛穴、開き毛穴、たるみ毛穴です。

 

ですが、もしかすると、毛穴の悩みがたくさんある人もいるかもしれません。

そういう人に紹介したいのは、毛穴化粧品をラインで使ってほしいのです。

 

ラインで毛穴化粧品を販売しているメーカーの場合は、いろいろな毛穴の悩みをケアできるような対応をしています。

 

例えば、化粧水にビタミンC誘導体を配合し、美容液にはセラミドやNMFが配合させておくので、開き毛穴とたるみ毛穴の両方をケアが出来ます。

 

このページでは、総合的にどの毛穴をケアできるのかを調査し、いろいろ対応できる化粧品順にランキングとしました。

 

総合毛穴化粧品ランキング
1位 ビーグレン
2位 草花木果
3位 米肌
4位 オルビスアクアフォース
5位 サイクルプラス

 

商品種類別毛穴対策

毛穴ケアできる商品はスキンケアだけでなく、毛穴を隠すメイクや、美顔器などもありますよね。

ここでは、毛穴で使えるスキンケアとベースメークを商品別で紹介いたします。

毛穴ケア(クレンジング、オリーブオイル)

始めにご紹介するのは、メイクを落とすための商品(クレンジングとオリーブオイル)です。

メイク汚れは毛穴黒ずみの可能性になりますし、メイクをつけたまま寝てしまうと肌への負担になりますので、必ずメイクを落とすのが基本となります。

 

クレンジングの中には、毛穴ケアできるものが多く作られています。

その中でも、特にお勧めしたいものをご紹介いたします。

 

なお、オリーブオイルはクレンジングの代わりに使うもので、肌にも優しくおすすめのアイテムです。

クレンジング紹介1
クレンジング紹介2

 

オリーブオイル紹介1
オリーブオイル紹介2

 

毛穴を消す(下地)

 ベースメークで困った毛穴を目立たなくします。

例えば、肌にたるみが出ると毛穴と毛穴がつながって帯状毛穴になることや、毛穴が重力に負けて、しずく型毛穴(涙型ともいいます)になってしまいます。

 しかし、どのような毛穴でも、カバーしてくれるのが毛穴カバーの下地です。

 

おすすめ下地カバー
シルキーカバーオイルブロック

 

 

毛穴を消す(ファンデ、BB

毛穴を消す(目立たなく)ベースメイクです。

ここで紹介するのはファンデーションとBBクリームとなりますが、やはりきれいに隠すためには、下地を塗ることが基本です。

下地を塗らないと、肌が滑らかにならないため、毛穴がうまく消えないのです。

下地を塗って肌を滑らかにすれば、ファンデやBBと密着させることが出来るため、長時間過ぎても、ナチュラルで美しいままでいられることができます。

 

ファンデーション・BBクリームの選び方

たるみ毛穴・開き毛穴の場合

自分の肌より少し明かるめを選びます。

→目立つ毛穴を光でカバーさせるためです。

 

つまり毛穴・黒ずみ毛穴

自分の肌より少し暗めを選びます。

→明るいと黒ずみが目立つので暗い色で落ち着かせるためです。

フェイスパウダーは?

どちらともフェイスパウダーは必須のアイテムです。

 

たるみ毛穴・開き毛穴の場合

→パール入りがおすすめ

光拡散で目立たなくできます。

 

つまり毛穴・黒ずみ毛穴

→マット系がおすすめ

パール入りを使うと毛穴が目立ってしまうので、マットで落ち着かせます。

おすすめのファンデーション・BBパウダー

 

たるみ毛穴・開き毛穴の場合

毛穴の穴(影)を隠す場合は、リキッド・BBがおすすめです。

リキッドファンデーション

薬用クリアエステヴェール

 

BBクリーム

アヤナスBBクリーム

 

つまり毛穴・黒ずみ毛穴

表面をなめらかに抑えることが出来る、ミネラルファンデーションやパウダーファンデーションがおすすめです。

 

ミネラルファンデーション

ヴァントルテ シルクパウダーミネラルファンデーション

 

 

年代別で毛穴をケアする

毛穴ケアや毛穴化粧品は年代別に変えていくべきなのでしょうか?

 

ヒトの肌の状態は年齢や生活習慣で変わっていきます。

肌の状態が変わっているのに、いつも同じケアをしていても、効果は出ないし下手をすればダメージを与えているかもしれません。

 

全ての人の肌が年齢で同じわけではないですが、ここでは一般的な年代別の肌に合わせたスキンケアをご紹介し、毛穴ケアをしていきましょう。

 

20代前半の肌と毛穴ケア方法

20代前半のお肌は角質層も安定し、うるおいが十分にあります。

肌にはコラーゲンが網目構造を作っているので、肌はハリがあり引き締まりも十分です。

 

・20代前半の問題点

うるおいが多く弾力が保たれている。肌トラブルも少なめです。

表皮にはうるおいが十分あるので、外部からの刺激は受けにくいです。

同じように真皮のコラーゲンは網目状に張りめぐらされているため、肌の弾力も十分にあります。

 

ただし、不規則な生活や、ホルモンバランスの影響で肌荒れが起こり、毛穴トラブルが起こる可能性があります。

 

・20代前半でやるべきこととは?

優先事項はUVケア

肌は若く見えても、肌の老化は生まれたときから始まっています。

いつも考えていたいのはUVケアです。

紫外線から受けるダメージは、いつの間にか肌に蓄積され、いつの日かシミとなって現れます。

20代のうちから、正しい方法でUVケアを行うようにしてください。

 

また、無理なダイエットや、睡眠不足はターンオーバーを低下させ、肌にダメージを受けさせるため、毛穴にも影響を及ぼします。

 

20代後半の肌と毛穴ケア方法

20代後半の肌はコラーゲンが少しずつ少なくなっていきます。

また、浴びてしまった紫外線のダメージが蓄積されてシミ・しわの初期状況が出てきます。

 

肌乾燥が起こりやすくなり、毛穴トラブルが起こりやすくなります。

 

・20代後半の問題点

肌老化(シミ・シワ・乾燥)が出始める時期

肌の若々しさは、エストロゲンという女性ホルモンで作られます。

しかし、25歳を境に減り始めると言われています。

そのころから肌老化が進み始めるため、しみ・しわ・乾燥、毛穴の開きが出始めます。

 

・20代後半でやるべきこととは?

20代後半になると肌に乾燥を感じ始めます。

スキンケアは、保湿中心に行うようにしてください。化粧水にはビタミンC誘導体配合のものを。美容液にはセラミド配合のものやメーカー独自成分で保湿成分の美容液を選ぶとよいでしょう。

 

また、女性ホルモンのエストロゲンは不規則な生活でも減ってしまいます。健康的な生活を行うようにしましょう。

 

30代の肌と毛穴ケア方法

30代の肌は表皮細胞にあるセラミドが少なくなるため、肌の乾燥が20代の時より感じやすくなります。

今まで浴びた紫外線の影響が目に見えるようなりはじめ、シミが目立ち始めます。

肌のコラーゲン減少が進み、肌の弾力が失われていきます。

 

毛穴の開きや、たるみ毛穴を自覚する人が増えてきます。

 

・30代の問題点

肌のターンオーバーが低下するため、肌の表面が厚くなり「ごわつく肌」が感じられることも。

シミが目立ち始め、肌がくすんで見えることも増えてきます。

コラーゲン減少で肌の弾力が失われていくために、毛穴たるみ(しずく型毛穴・帯状毛穴)が現れやすくなります。

 

・30代でやるべきこととは?

スキンケアを変更しましょう。

30に入ると多くの人に老化サインが目立ち始めます。

今までは、UVケアと保湿のみを行っていればよかったのですが、これからは肌の代謝を行ったり、コラーゲンを増やす対策を積極的に行います。

 

ターンオーバーの改善と肌の代謝を高めるために、12週間に1度ピーリングを行うことと、コラーゲンを増やすことのできるスキンケアを使うとよいでしょう。

 

40代の肌と毛穴ケア方法

40代の肌はシミが一気に広がってきます。

肌の角質層が今まで以上に不安定になり、肌のトラブルが起きやすくなります。

コラーゲンが劣化して、小じわや頬のたるみが目立ち始めます。

毛穴たるみが見てわかる状況になります。

 

・40代の問題点

肌の老化が早くなります。

シミやしわが目立ってきます。今まで蓄積した紫外線のダメージが表面化されます。

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が低下し、ほうれい線や眉間にしわが目立ち始めます。

ターンオーバーのサイクルが20代で約28日間だったものが40代で約40日間になります。

 

・40代でやるべきこととは?

今まで以上にスキンケアを積極的にしましょう。

40代になると、今まで以上に肌老化が進んでしまうのでそれに合わせたスキンケアが必要となります。

ピーリングは今までと同じように12週間に1回のペースで。

好かくなってしまったシワや、薄くならないシミは美容皮膚科でレーザー治療を受けて処方するのも手です。

顔の部位別で毛穴をケアする

 毛穴は肌のすべての部分にありますが、特に悩みに出やすい部分が、鼻(小鼻、鼻筋)や頬になります。

 今回は、この顔の部位別に毛穴対策をご紹介いたします。

 

鼻の毛穴ケア(小鼻、鼻筋)

 鼻(小鼻)の周りは顔の中で一番皮脂が出やすい場所です。

皮脂をしっかりケアしないと、肌へトラブルを起こす可能性があります。

 

よくある、鼻トラブルは小鼻周りから出た皮脂が角質と混ざって角栓となり、毛穴をふさいでしまう事です。

毛穴をふさいだ角栓は酸化して黒くなり、イチゴ鼻と呼ばれたりすることもあります。

 

イチゴ鼻になる前に、洗顔で皮脂を洗い流して、ビタミンC誘導体配合の化粧水でケアするとよいでしょう。

 

日中、鼻が気になった場合は、ティッシュやあぶら取り紙で軽く抑える程度にするのが良いでしょう。

 

頬の毛穴ケア

頬で毛穴トラブルを感じる場合は、3通りの悩みがあると思われいます。

 

乾燥から毛穴トラブルを起こし、「つまり毛穴・黒ずみ毛穴・開き毛穴」にした

肌老化から「たるみ毛穴」にした

 

乾燥から毛穴トラブルを起こした場合。

肌乾燥が起きるのは、20代過ぎが多くなります。

肌のバリア機能が弱まり、セラミドが少なくなったため肌の水分が蒸発してしまったからです。

肌の保湿は細胞間脂質が行っているため、その50%以上の成分セラミドが減少すると、肌が乾燥してしまうわけです。

 

肌が乾燥すると、ターンオーバーは遅くため、毛穴は開き、詰まりやすくなり、黒くなってしまうわけです。

 

改善するためには、セラミド配合、コラーゲンを生成するための成分を持った化粧品を使いましょう。

 

肌老化から毛穴トラブルを起こした場合。

肌老化が起きると、コラーゲンが減少するために、肌のハリが無くなり、毛穴にゆるみが見えてきます。

それが毛穴たるみです。

毛穴たるみを解消するためには、コラーゲンを生成するための化粧品、セラミド配合の化粧品を積極的に使いましょう。

 

毛穴に関する悩みや質問

毛穴の悩みや質問をお待ちしています。

毛穴化粧品 あとがき

毛穴化粧品にも、いろいろな種類があります。

自分に合った毛穴化粧品を選ぶことは出来ましたか?

 

また、毛穴トラブルの中でも、スキンケアだけでは治しにくいものもあります。

そういう場合は、美容皮膚科に相談して処方してみてください。

関連キーワード
  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事