• スキンケア・基礎化粧品
    30代におすすめの毛穴化粧品&毛穴ケアの3つのポイント
    2017年4月11日
  • スキンケア・基礎化粧品
    2重あごを解消する方法!7つのケアでカッコ悪い2重あごを改善!
    2014年12月26日
  • 日焼け止め
    日焼け止めをあなどるな!知っておくべき日焼けの5つのポイント
    2015年3月3日
  • 日焼け止め
    漢方とオイルで肌に優しい日焼け対策!4つのポイントで肌に優しいUVケア
    2015年3月23日
  • スキンケア・基礎化粧品
    【顔の毛穴】最短ケアで肌ツルツル!簡単スキンケア法とは?
    2015年3月18日
  • スキンケア・基礎化粧品
    内臓脂肪の減らし方|今度こそ成功させる!食事・運動・○○法
    2015年4月14日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ダイエット食品や器具に頼らない!確実にしっかり痩せる6つの方法
    2015年1月1日
  • スキンケア・基礎化粧品
    アンチエイジング必須成分「成長ホルモン」を味方に!4つのポイント
    2015年3月23日
  • メイクアップ
    男性ウケする最高愛されメイク!ウケる11つ、ウケない6つのポイント
    2015年3月8日
  • スキンケア・基礎化粧品
    プチプラでも抜群効果発揮!優秀美白コスメ5つをご紹介!
    2015年1月30日

20代に出来てしまったニキビ。

せっかくニキビが治ったと思っても繰り返しできたり、ニキビ跡が出来たり。

ニキビになる人は人口の半数以上と言われています。

そのうち大人ニキビと呼ばれる20歳以上が掛かるニキビはそれ以上です。

なぜ、20代になったのに

・ニキビが出来てしまうのか?

・何度もニキビが出来るのか?

・ニキビ跡が出来てしまうのか?

そもそも「ニキビができないように、未然に防ぐこと」ができれば、

ニキビに悩むこともありませんよね。

以下では、大人ニキビを未然に防ぐ方法をご紹介いたします!

何故20代ニキビが出来てしまうの?

ニキビケア

大人ニキビの代表的な原因は

ストレスや生活習慣(睡眠不足や運動不足、偏った食事など)が挙げられますが、

特に女性の場合、「ホルモンバランスの乱れ」が一番の原因になります。

 

“生理前は肌の調子が悪い・・・”そう思ったことはありませんか?

 

生理前になると、フェイスラインや口周りなど、

部分的に水分が減ってしまいます。

そのためバリア機能が低下して

ニキビができやすい肌になってしまうのです。

さらに生理前は男性ホルモンが増えることで「角質肥厚」が起こり、

ニキビの原因になる“アクネ菌”が増殖してしまい、ニキビになるのです。

20代ニキビはこのように予防しよう!

上記でご紹介したように、

ニキビの一番の原因は「ホルモンバランスの乱れ」

なのでホルモンバランスを整えることで、ニキビを予防することができます。

ホルモンバランスを整える方法としては

・睡眠をたっぷりとる

・ストレスを溜めない

・バランスの良い食事をとる

 

ですが、いくら気を付けていても、ちょっとしたストレスや肌質のせいで

大人ニキビができてしまうこともあります。

そこで大人ニキビを予防する一番の方法が

「大人ニキビ用の化粧品」を使うことです。

大人ニキビ用の化粧品なら、

肌のバリア機能を高めて、乾燥した部分をしっかり保湿してくれるので、

ニキビを効果的に予防することができます。

以下では、おすすめの大人ニキビ用化粧品を紹介します!

20代ニキビ(大人ニキビ)が予防できる化粧品のご紹介

こちらでは「ニキビのできにくい肌を作る」化粧品を厳選して、

おすすめ順にご紹介します。

どの商品も、肌のバリア機能を高めて、乾燥した部分をしっかり

保湿してくれる化粧品ですので、参考にしてみて下さいね。

 

20代におすすめ!ニキビケア化粧品ランキング(比較表)

商品名 おすすめ ニキビ有効成分 詳細
ルナメアAC 5 富士フイルム独自

「アクネシュータ」

公式サイトはコチラをクリック
ビーグレン 4 ビタミンC 公式サイトはコチラをクリック
オルビス 3 保湿ケア 公式サイトはコチラをクリック

20代におすすめ!ニキビケア化粧品ランキング

1位>

ルナメアAC

トライアルセット1,080円(税込)

〇クレンジングオイル 〇洗顔料

〇化粧水 〇ジェルクリーム

富士フイルム独自のナノ化技術が

潤いとニキビケアを両立!

フワフワの植物繊維『ファイバースクラブ』が、

毛穴に詰まった皮脂や汚れを絡めとって、

ツルツルにします。

さらに独自のナノ化技術から生まれた

『アクネシューター』が、

ニキビの有効成分と潤い成分を同時に

ニキビの元に届けて、改善します。

2位>

ビーグレン ニキビケア

トライアルセット1,800円(税抜)

〇洗顔料 〇化粧水

〇美容液 〇クリーム

独自のテクノロジーで

しっかり保湿することで

大人ニキビの原因「角質肥大」を改善!

毛穴の1/2000の大きさの泥成分

「モンモリロナイト」が、こすらずに

毛穴の汚れを吸い取ります。

さらに『高濃度ピュアビタミンC』を

独自の浸透技術QuSome®の力で

ニキビのもとに直接届け、

肌荒れを防ぎながらニキビを改善します。

3位>

オルビスクリア

トライアルセット1,200円(税抜)

〇洗顔料 〇化粧水 〇保湿液

オイルカット+高保湿バリアで

最先端ニキビケア!

女性特有の“生理周期”による

バリア機能の低下を改善することで

ニキビができにくい肌にします。

アクネ菌が好むオイルを100%カット。

さらに浸透型コラーゲン、ヨクイニンエキス

が、しっかり高保湿して、外的ダメージから

肌を守ります。

 

おすすめ1位はルナメアAC!その理由とは??

 ルナメアAC

富士フイルムの独自成分で

「潤い」×「ニキビケア」を可能に!

“ファイバースクラブ”が、毛穴の汚れを絡めとる!

フワフワの植物繊維が、ニキビの原因になる毛穴の汚れを

絡めとって、ツルツルのなめらか肌に仕上げます。

従来のスクラブと違い、擦らないので肌に優しいのです!

“アクネシューター®が、ニキビの原因に直接アプローチ!

独自のナノ化技術で作られた「アクネシューター®」が、

「潤い成分」と「ニキビに有効な成分」を安定した状態で同時に届けます。

だから、必要な成分をしっかり届けることができるんです。

“ハーバルモイストエキス”を全アイテムに配合!

ルナメアには、植物から採取した4つの保湿成分を

全アイテムに配合。しっかり潤しながらニキビをケアできます。

ルナメア公式ホームページはこちらから>>

 

20代のニキビまとめ

こちらには20代ニキビの原因の詳細と対策を書いています。

20代のニキビ化粧品でケアできない方は、ご参考にご確認くださいませ。

 

20代が掛かる大人ニキビとは

ニキビ

20代でできるニキビは、思春期ニキビと言われる、10代のニキビとは原因が違いますので、その対策も違います。

まず10代の時に出来たニキビの原因は、余分な皮脂が原因となってニキビとなっていました。

しかし、20代になると、10代の時より皮脂は落ちつくのに、ニキビが出来てしまうのです。

 

その20代ニキビの原因とは

 

ストレス

睡眠不足

食生活

運動不足

生活リズム

 

 

上記が重なってホルモンバランスが乱れると免疫力が下がって大人ニキビが出来てしまうのです。

ポイント:ホルモンバランスとは?

20代の大人ニキビが出来る最大の原因はホルモンバランスの乱れにあります。

 

女性の場合は、エストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンが交互に増減しています。

col01_img04

しかし、上記にあるような、ちょっとしたストレスや生活リズムで、ホルモンバランスが崩れてしまうため、いろいろな不調を起こしてしまうのです。

 

 

ニキビの原因として、毛穴の汚れから角質がごわつき、アクネ菌が元気になるという話を聞いたことがあると思います。

これには、男性ホルモンが関係しているのですが、実際に大人ニキビになっている人の男性ホルモンを調べてみても、それほど高くなっていないそうです。

 

そのため、本当に20代の人が気を付けなくてはいけない大人ニキビ対策は、ホルモンバランスなのです。

20代でおちいるニキビの特徴

 

1 繰り返しニキビが起きやすい

肌を根本的にケアしないと大人ニキビは何度もできてしまいます。

つまり、ニキビの炎症がおさまってきても、ホルモンバランスが安定していないと、同じ症状でアクネ菌がまた増えてニキビが出来てしまうからです。

 

繰り返しかかるニキビは、化粧残り、シャンプー残り、手や服のこすれでも起きることがあります。

 

2 ニキビ跡ができやすい

大人ニキビはニキビ跡になりやすいです。

理由は、10代に比べると、ターンオーバー(新陳代謝)が遅れているため、新しい肌を作るのが遅くなり、肌が出来る前に、跡になってしまうからです。

 

ターンオーバーは加齢とともに遅くなるため、20代より30代、40代の方がニキビ跡ができやすくなります。

そのために、20代のうちから正しいニキビの原因を知っておくことで、ニキビ跡もできなくなります。

大人ニキビが出来る仕組み(ニキビの進行)

 

1 毛穴の出口が角化異常を起こして閉じてしまいます。

shutterstock_211748176-kuro

毛穴が閉じてしまうと、皮脂の逃げ場がなくなり、毛穴に皮脂が詰まってしまいます。

皮脂が詰まった毛穴のことをコメドと呼びます。

この時に、コメドプッシャーを使って皮脂をきれいに押し出すことが出来れば、ニキビをきれいに治すことができますが、なるべく自分で処理せず、皮膚科に行ったり、ニキビ化粧品を使ったりしましょう。

 

毛穴に溜まりきった皮脂は閉じた毛穴から見え始めます。はじめは白コメド(白ニキビ)ですが、徐々に酸化され黒コメド(黒ニキビ)に変わっていきます。

 

2 毛穴が炎症を起こします。

shutterstock_211748176-akaensyou

ニキビはアクネ菌が過剰に繁殖するために起こる病気です。

アクネ菌は油分を栄養として増えるため、毛穴に皮脂が溜まってしまうと、どんどん繁殖してしまうのです。

 

アクネ菌が増え続けると、炎症を起こしニキビが赤くなります。(赤ニキビ)

大人ニキビをそのままにしておくと、膿を持ったり、炎症が広がったりしてニキビ跡の原因にもなります。

 

ニキビが赤くなる時は、痛みを感じるときもあります。

ホルモンバランスを乱さないような生活を心がけ、大人ニキビの化粧品を使ったり、可能であれば皮膚科の受診をして貰うのがよいでしょう。

 

3 黄色くなったニキビ(黄ニキビ)ができたり、肌に吸収されたりします。

shutterstock_211748176-ki

炎症した赤い肌が、膿んで黄色くなります。

黄ニキビはそのまま破裂して外に排出されますが、ひどいときは肌の中に吸収されることもあります。

 

黄ニキビを無理やりつぶしたりすると、余計大きくなることや、ニキビ跡が残ることがあります。

同じような大人ニキビが幾つも出来るようなら、皮膚科で受診してもらいましょう。

 

4 ニキビが陥没してニキビ跡になる。

2

参照:http://www.beauty-book.jp/acne-scar/

 

大人ニキビの炎症がおさまっても、ニキビの後が陥没して、跡が残ってしまうことがあります。

ニキビ跡には、ニキビの進行や自分の体質で、色がついたり跡が残ったりします。

 

そうならない為には、ニキビが出来る前にケアすることや、ニキビができてしまっても早めに対策することです。

ニキビ跡はニキビが出来る前に対策したほうが対応しやすいので、ニキビが出来ないケアを考えていきましょう。

20代ニキビの改善方法!大人ニキビを作らない!

 クレンジング

大人ニキビを作らないためには、前項にも書いている通りホルモンバランスの調整となります。

 

つまり、

・ストレス

・睡眠不足

・食生活

・運動不足

・生活リズム

 

この5点を行えば未然に大人ニキビをケアすることが出来るのです。

 

その中でも、ふだんの習慣から簡単にできるものだけを紹介しますので、20代で大人ニキビに困っている方は、是非ともチェックしてください。

 

1 ストレスを溜めないようにし、大人ニキビを減らすようにしましょう。

ストレスを溜めない

人の体がストレスを感じると、活性酸素を増加させます。

 

活性酸素とは、とても強い酸化力で、人の遺伝子や、タンパク質を壊してしまうために、人の肌荒れやくすみ(アンチエイジング)、ニキビなどを起こすのです。

その活性酸素は、抗酸素物質(ビタミンCやビタミンE)を取ることで除去することができます。

 

ですが、始めからストレスを溜めないようにできれば、大人ニキビを予防することができます。

 

2 睡眠不足に気を付ける

睡眠不足に気を付ける

人の肌はターンオーバーをして、新しい肌を作っていきます。

ターンオーバーは寝ているときに行われるために、睡眠不足が続くようだと、肌に良くないのです。

 

スムーズに肌を新しくするためには、毎日6時間以上の睡眠が必要です。

 

とはいえ、毎日何十時間寝ていても、肌が奇麗になるわけではなく、睡眠のリズムがおかしくなります。

 

もし、睡眠時間を余りとることができない場合は、リラックスできる環境で、質の良い睡眠を3時間取るだけでも問題はありません。

 

 

3 ニキビ予防に合う食事をする

ニキビ予防に合う食事

ニキビ予防するためには、「2 睡眠不足」で書いてあるように、ターンオーバーを促進する食品を取ることがよいです。

 

・ビタミンA

ニンジン、かぼちゃ、小松菜など

・ビタミンB

豚肉、卵、乳製品など

・ビタミンC

ブロッコリー、ほうれん草、キャベツなど

・ビタミンE

玄米、ゴマ油、大豆など

・亜鉛

牛肉、牡蠣(かき)、ゴマなど

・セラミド

こんにゃく、ブロッコリーなど

 

 

4 生活リズムを改善して大人ニキビを防ぐ

 

1)手際のよいクレンジングをする

手際のよいクレンジング

ポイントは乳化をしてメイクアップ料を落とすことを考えることです。汚れを落とすのは、洗顔料の役目です!

 

クレンジング料はどんなタイプを使っても、それなりの負担があります。

もし、メイクを落とすために、刺激の強いクレンジング料を使えば、肌にもダメージがあります。

 

もともとクレンジングの役目は、メイクアップを落とすものです。

メイクアップは油分で作られているため、水分の洗顔料では全部落とすことができません。

そこで、クレンジングを使い、油分を「乳化」させることで、落としやすくするのです。

 

クレンジング料を手に取って、Tゾーンになじませてから、Uゾーン、目もと、口もとになじませていきます。

クレンジング全体の時間は40秒ぐらいです。

 

後は、ぬるま湯でささっとすすいで、残った汚れを洗顔で落とします。

 

2)皮脂汚れを落とす、洗顔料で洗顔をする。

洗顔

洗顔するときは、自分の手でこすらないように、泡をしっかり立てて泡のクッションで洗います。

 

洗顔の順番は、皮脂の多い順から洗いましょう。

 

Tゾーン→Uゾーン目もと口もと、と洗っていきます。

汚れが多い場所から洗っていきます。

そうすれば、すすぐとき顔全体の汚れがきれいに落ちてくれます。

 

洗い流すときは32度ぐらいのぬるま湯を使って洗い流しましょう。

 

3) 洗顔は朝と夜の1日2回

ニキビが出来ていたり、肌にトラブルがあると、何度も洗顔をしたくなりますが、余計に肌にダメージを与えます。

 

また、洗顔は夜だけという人もいるようですが、洗顔は、朝と夜2回行いましょう。

これは、皮脂を落とすという意味があります。

20代ニキビになった!予防をするなら、大人ニキビ化粧品を使う!

いくら頑張ってニキビ予防をしていても、大人ニキビが出来てしまうことがあります。

ストレスや肌質のせいでニキビはすぐにできるからです。

 

そのためにも、あらかじめ大人ニキビ用の化粧品を使っておけば、ニキビが出来にくくなります。

 

例えば、女性の場合は、ホルモン周期で生理前はとてもニキビが出来やすくなっています。

これは、Uゾーン(フェイスライン)や口の周りの水分が減るため、肌のバリア機能が低下して、肌トラブルが起こりやすくなるからです。

 

また、生理前でホルモンバランスが乱れたときは、男性ホルモンが増えるため、角質肥厚が起こって、アクネ菌が増えてニキビが出来やすくなるのです。

 

20代のニキビをケアするには、あらかじめ上記2点の改善を行っていく必要があります。

 

今回は、未然にニキビをケアできるように保湿ケアとホルモンバランスを回復できる化粧品を紹介いたします。

 

20代でニキビがケアできる化粧品(おすすめ)

 

1 ルナメアAC

特徴:

富士フイルム独自の成分「アクネシューター」でうるおい成分を届けます。

角質肥厚でできる毛穴つまりを、「ファイバースクラブ」でニキビしらずの素肌にします。

 

詳細:

富士フイルムのルナメアACはふたつのポイントで、20代の大人ニキビを予防してくれます。

 

ひとつ目は、ホルモンバランスが崩れたり肌質がごわついたりするときに毛穴が詰まるのをケアする「ファイバースクラブ」です。

普通のスクラブは肌に刺激がありすぎると言われますが、富士フイルムが独自で考えたファイバースクラブは肌に優しいふわふわな作りになっているために、使った後も肌がつるんとなるのです。

 

ふたつ目は、ナノ化技術を利用して、ニキビのもとに直接届いてケアをする「アクネシューター」です。

ナノ化したニキビ有効成分と、うるおい成分が大人ニキビに直接届くので改善も早いのです。

 

有効成分:グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル

うるおい成分:グリセリン、大豆リン脂質、天然ビタミンE

 

ルナメアACの公式ページはこちらからどうぞ>>

 

2 ビーグレン ニキビケア

ビーグレン

特徴:

ビーグレンの独自テクノロジー「QuSomeモイスチャーゲルクリーム」でうるおいを角層の奥に引き込み、更に保持して、バリア機能を改善します。

天然クレイ「モンモリロナイト」で毛穴の角栓やアクネ菌を退治します。

 

詳細:

大人ニキビの成分を超微小カプセル「QuSome」に包み込むことで、ニキビまで直接届けることができます。

QuSomeを使うことで、肌の奥底まで水分を届ける事ができます。

高い保湿力が、20代でできるニキビの原因だった、角質肥大をケアできるようになっています。

 

有効成分: グリチルリチン酸ジカリウム

うるおい成分:スクワラン、グリセリン、コラーゲン、ヒアルロン酸

 

ビーグレンニキビケアの公式ページはこちらからどうぞ>>

 

3 オルビスクリア

orlis

特徴:

オイルカットと高保湿バリアでうるおい肌に整えます。

最先端の周期ニキビをオルビスが見極めて、紫根エキスでバリア機能の改善、甘草エキスでニキビを防ぎます。

 

詳細:

女性が気にする生理周期からくるニキビを、オルビスは25年の研究で発見し、新しいニキビ化粧品を作りました。

ニキビ前に起こる、バリア機能の低下からくる肌のトラブル(大人ニキビ)を、紫根エキスと、甘草エキスでケアしたのです。

さらに、ニキビが好むオイルをカットしてあるため、出来たニキビが治りやすくなります。

また、健康な肌にするための保湿成分も十分に取り入れてあるため、ニキビが出来にくくなります。

 

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム

うるおい成分:コラーゲン、ヨクイニンエキス

 

オルビスクリアの公式ページはこちらからどうぞ>>

 

ニキビ跡が出来てしまった場合の対応

ニキビ跡

ニキビがやっと治ったのに、ニキビ跡が肌に残る場合がありますよね。

 

ニキビ跡には3種類がありますが、そもそもなぜニキビ跡が出来るのでしょうか?

 

大人ニキビが出来てしまうと、アクネ菌がどんどん増えていき、ひどくなると炎症が起こります。

その炎症が悪化すると、毛穴の周りにまで被害があるため、赤くなったり、茶色になったり、でこぼこになったりするのです。

 

では、実際にニキビ跡が出来たときの対策方法を紹介いたします。

 

ニキビ跡は3種類あり、それぞれ治し方も違いますので、タイプ別に対応方法を紹介していきます。

 

1 ニキビ跡が赤みになる

2 ニキビ跡が色素沈着して茶色になる

3 ニキビ跡がでこぼこになる

  

1 ニキビ跡が赤みになる

ニキビ跡が赤くなっているときは、一番被害が少ない時です。

毛穴にある毛細血管まで被害が行き、血液が染み出たため赤みが残っているのです。

赤みのニキビ跡を抑えるためには、ビタミンC誘導体配合の化粧品がおすすめです。

 

ビタミンCには、ニキビの炎症を抑える効果や、ターンオーバーを早める効果があります。

そのために、ビタミンC誘導体や、ピュアビタミンCが配合された化粧水や美容液を使うことで、赤みが残ったニキビ跡を改善することが出来るのです。

 

おすすめの化粧品はビーグレンの美白です。

ビーグレンにはピュアビタミンCが配合されるため、炎症で赤く残ったニキビ跡を、早く改善することができます。

詳細はこちらから>>

 

2 ニキビ跡が色素沈着して茶色になる

ニキビ炎症がひどい場合、その炎症を消すためにメラノサイトがシミの元のメラニンを作り出します。

 

ニキビの炎症が少なければ、メラニンはターンオーバーで肌から垢として出ていきますが、メラニン量が多いと、全てを垢にすることができないため、色素沈着として肌に残ってしまいます。

 

皮膚が新しい場合は、シミ消しタイプの化粧品で改善することができますが、ダメージが大きく、シミが真皮にまで届いている場合は、自分では改善することが出来ません。

皮膚科での相談や、クリニックでレーザー治療の検討をしてみましょう。

 

3 ニキビ跡がでこぼこになる

ニキビが黄ニキビにあり、膿を持ってしまうと、毛穴の周りまで被害が起きています。

場合によっては、毛穴の深部だけダメージを受ける場合もあります。

 

デコボコ跡が残る場合は、肌の表皮だけではなく、真皮まで被害があるために、ターンオーバーで新しい肌を作ろうとしても、均一に出来なくなったためです。

 

この場合は、自分で全てをケアするのは難しいですが、対応出来ることは以下のことです。

 

ターンオーバー(新陳代謝)を促進させる。

 新陳代謝を促進

1)紫外線対策を行う

2)肌をきれいに保つ

3)生活リズムを整える

4)肌の再生に必要な栄養素(タンパク質やビタミン類)を摂取する

 

また、効果的な改善としては、レーザー器具を使った対応もあります。

 

実際の治療法としては、フラクショナルレーザーなどがあり、家庭用レーザー器具では1製品だけ販売されています。

 

トリア・スキンエイジングケアレーザーは、家庭でできる、フラクショナルレーザーです。

トリア

もちろん、家庭用レーザーなので、安全性が考慮され、クリニックで施術されるレーザーより、弱くなっていますが同じ技術を応用されているので効果も間違いありません。

 

トリア・スキンエイジングケアレーザーのページはこちらから>>

 

 

もちろん、時間やお金に余裕があれば、皮膚科や美容皮膚科(クリニック)で診断を受けてから、自分に合った治療受けたほうが的確な対応をしていただけるでしょう。

 

20代ニキビを繰り返さないために

 

20代でできるニキビは思春期ニキビとは違います。

 

20代ニキビで1番のポイントはホルモンバランスを整えることです。

そのためには、ふだんの生活や睡眠、食生活をチェックするだけでもニキビはできにくくなります。

 

また、肌質が弱くニキビが出来やすい方は、ニキビ化粧品を使ってみると良いでしょう。

今のニキビ化粧品は、ホルモンバランスを安定させることが出来るので、周期ニキビ(生理前)でも、ニキビが出来にくくなるのです。

 

さらに、アクネ菌は油分を栄養とするので、スキンケアやメイクをするときは、オイルカットのものを選んで使いましょう。

 

例えば、スキンケアの場合は、どの化粧品をつける場合でも、油分が入っているものは付けすぎないようにします。

おすすめは皮脂を抑えるビタミンC配合の化粧水です。

 

クリーム・リキッドファンデーションは油分が多いため、パウダータイプがおすすめです。

 

以上を守るだけで、今まで何度もできていたニキビは出来にくくなるでしょう。

 

20代ニキビ まとめ

20代ニキビの原因と対策 いかがでしたか。

 

大人ニキビの原因と対策から、20代でできるニキビが出来なくなるように頑張りましょう。

基本的には規則正しい生活を頭に入れることと、ニキビに合ったスキンケアを続ければ、ニキビが出来なくなります。

関連キーワード
  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事