• スキンケア・基礎化粧品
    40代を美しい肌で過ごすためのスキンケア!プロの選ぶ良品ベスト4
    2015年1月20日
  • スキンケア・基礎化粧品
    【乾燥肌化粧品ランキング】この化粧品なら、もう乾燥肌で悩まない!
    2016年12月26日
  • ベースメイク
    毛穴やシワが消える魔法のメイク下地「ベースマジック」6つの魅力!
    2015年3月3日
  • スキンケア・基礎化粧品
    7日間で4キロも夢じゃ無い!「オーバーナイトダイエット」の真相!!
    2015年1月18日
  • メイクアップ
    老け顔のもと!目の下たるみを撃退!愛らしいパッチリ目元作り!
    2014年12月29日
  • スキンケア・基礎化粧品
    30代におすすめの毛穴化粧品&毛穴ケアの3つのポイント
    2017年4月11日
  • スキンケア・基礎化粧品
    しつこい便秘をスッキリ解消!毎日やろう8つの便秘ケア!
    2015年2月27日
  • スキンケア・基礎化粧品
    1日たった3分で下っ腹が凹む!骨盤ダイエット法3つご紹介!
    2015年1月5日
  • スキンケア・基礎化粧品
    【顔の毛穴】最短ケアで肌ツルツル!簡単スキンケア法とは?
    2015年3月18日
  • スキンケア・基礎化粧品
    毎日のちょっとした事でアンチエイジング3項目!気軽に老化防止
    2015年1月6日

ダメージヘアは日頃からの間違いヘアケアが原因かも!

女性なら、綺麗でサラッサラの髪の毛である事、理想であり当たり前ですよね。

その為に、一生懸命色んなヘアケアを自分なりにしていると思いますが、

なかなか理想的な髪の毛にならない…

それどころか、

髪の毛がくっついてしまう、絡まってしまう、なんてことも。

 

そんな方は、ヘアケアの仕方がそもそも間違っている事ありますよ。

NGヘアケアをずーっとしていると、キューティクルも乱れてバサバサヘアのままです。

 

NGヘアケア ① ブラッシングをせずにシャンプーする

4934761157368_400

出典 http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761157368

 

頭皮は、美しい髪の毛を育てる為の土台です。

シャンプーをする事は、髪の毛を綺麗にする事だけではなく、頭皮の汚れをしっかりと落とし、頭皮状態を整える事も目的です。

シャンプー前にはブラッシングをし、頭皮に付いた汚れやホコリ、余分な皮脂等をしっかり浮かせましょう。

 

ブラッシングで勘違いしてしまいがちなのは、無理にブラッシングをしてしまう事。

ブラシの先を強く頭皮に当てる事は、逆に頭皮に余計な刺激を与えてしまうので、危険です。

使うブラシは、ピン先が丸くクッション性があり、ピンとピンの間が広めの物を使うようにするのが、理想的です。

 

まずは、毛先のもつれを取り、髪へのブラッシングがスムーズになったら、頭皮にブラシを密着させてブラッシングをします。

生え際から頭頂部に向かって、頭皮全体を優しくブラッシングしましょう。

 

NGヘアケア ② シャンプー前に髪をちょっと濡らすだけ

シャワー

出典 http://xn--r8j6gt31h9jv5xj41q.com/2055.html

 

シャンプー前、髪をシャワーなどでサっと濡らして、すぐにシャンプーを付けていませんか。

 

実は、サッと濡らすより、きちんと頭皮まで予洗いしてあげる事、とても大事なのですよ。

1分以上、ぬるま湯でしっかりと髪と地肌をすすぎましょう。

予洗いをきちんと行う事で、髪の毛の汚れを8割ほど落とす事が出来ます。

髪の毛には、生活量は皮脂が沢山付いているので、それをしっかり落とす事でシャンプーの泡立ちがグンと良くなりますよ。

 

NGヘアケア ③ 熱いお湯でシャンプーしている

shower1

出典 http://nemuri-lab.jp/recipe/1315/

 

熱いお湯で洗った方が綺麗に汚れが綺麗に取れる、なんて思って熱いお湯使っていませんか。

熱いお湯は、頭皮の必要な皮脂までも取り除き、ヘアカラーの色落ちも進ませてしまいます。

シャンプー時は、38度程度のぬるま湯を使って洗いましょう。

洗顔時と同じく、汚れは少しぬるめのお湯の方が落ちやすい性質があります。

熱過ぎるお湯は大変危険ですので、絶対に避けるようにしましょう。

 

NGヘアケア ④ 爪を立てて頭皮をゴシゴシしている

 af0100000258l-001

出典 http://www.skincare-univ.com/article/000263/

 

シャンプーを付けてゴシゴシする時、爪を立ててゴシゴシしている人非常に多いようです。

女性は爪が長い人が多いですが、爪を立ててゴシゴシするなんて、もってのほかです!

頭皮は、想像以上に物凄くデリケートなので、こんな事当たり前にしていると頭皮が苦ずつき、健康でキレイな髪の毛なんて生えてくるはずがありません。

 

シャンプーの際は、指の腹を使って頭皮を優しく動かすように洗いましょう。

爪の長い人でも、爪を極力避けて指の腹を付けると、爪を立てずに済みますよ。

指の腹のみで注意しながら洗っていくと、髪質や頭皮環境が確実に変わっていきますよ。

 

頭皮は、日常生活の中であまり雨後成さないパーツです。

その為、シャンプーの際に優しくマッサージをするように動かしてあげると、血行が促進されます。

頭皮マッサージの効果は、顔の血色や肌の調子も上げる事が出来るので、女性にとって絶対すべきと言えますよ。

 

NGヘアケア ⑤ 髪の根元からトリートメントを付けている

B000818532_349-262

出典 http://beauty.hotpepper.jp/slnH000034972/

 

トリートメントは、髪の毛に響かせるものです。

頭皮に付けても、何の良い効果も生みません。

良い効果どころか、トリートメントが地肌に付いてしまうと、頭皮の毛穴詰まりを起こしてしまう事があるので、とても危険です。

 

トリートメントは、髪の毛のみに付けるようにしましょう。

ダメージ部分に作用させる物なので、毛先中心に付けるようにすると、より一層綺麗な髪の毛にする事が出来ますよ。

髪の中間から毛先に向けてたっぷりと付けて、髪全体に優しく伸ばすようにしましょう。

この時、頭皮に付かないよう、毛穴近辺には付けないようにしましょう。

 

NGヘアケア ⑥ トリートメントは軽くしかすすがない

shower-3

出典 http://www.fusafusaya.com/shompoo.html

 

トリートメントは髪の毛を綺麗にしてくれるので、少しは髪の毛に残しておいた方がいいなんて思っていませんか。

その為、軽くすすいで終わらせているなんて方も、多いのではないでしょうか。

しかし、これは大きな間違いです。

 

トリートメントはコンディショナーをすすぎ残してしまうと、頭皮のベタツキや毛穴詰まりを引き起こしてしまいます。

特に頭皮中心に、しっかりすすぐようにしましょう。

すすぎのお湯の塗る付きが無くなるまで、且つ泡っぽさが無くなるまで、丁寧にすすぐようにしましょう。

 

NGヘアケア ⑦ タオルでゴシゴシ拭くように水気を取る

タオルで髪を拭く女性

出典 http://bikatu-plus.jp/heakea-2/4579/

 

シャンプーの跡、水気をすぐに取りたいが為に、タオルで思いっきり髪の毛をゴシゴシしてしまうと、髪の毛を酷く傷つけてしまいます。

濡れた状態の髪の目は非常にデリケートなので、ゴシゴシしてしまうとキューティクルが取れて髪の毛も傷だらけに

これじゃ、髪の毛がボッサボサになること間違いなしです。

 

タオルドライをする時は、髪をタオルで包むように水気を取るようにしましょう。

時間に余裕が無いと、髪に優しくタオルドライは出来ないかもしれません。

その為、シャンプーと髪を乾かす工程時は、時間の余裕を持って行うようにしましょう。

それを踏まえると、朝シャンは質の良い髪の毛作りには向かないのかもしれません。

 

NGヘアケア ⑧ 髪の毛が濡れたまま寝てしまう

0325pg

出典 http://woman.mynavi.jp/article/150325-24/

 

髪の毛が濡れるとキューティクルが開き、乾くと閉じます。

キューティクルが開いた状態では、髪の毛はとてもデリケート。

摩擦などに過敏に反応してしまうので、キューティクルがはがれやすくなり、髪の状態が悪くなり、質の悪い髪の毛になってしまいます。

 

髪の毛が濡れている状態は、極力避けるようにしましょう。

シャンプー後は、すぐにドライヤー等で乾かして髪の毛を乾かしましょう。

 

また、ドライヤーで乾かす場合は、上の方からかけてあげるようにしましょう。

キューティクルは、上から下に向かって斜めに髪の毛にくっついています。

髪の上の方向からドライヤーをかける事で、下の開いた部分を髪の毛にピタッとくっつける事が出来るので、髪をツルンと綺麗な状態にし、輝くしっとり髪の毛へと導く事が出来ま

す。

間違っても髪の下の方からドライヤーをかける事は、絶対に避けるようにしましょう。

 

NGヘアケア ⑨ 髪の紫外線対策をせずに外出する

78117d311b0dc5d41ed9ff91331732cd

出典 http://bihada-housoku.jp/skin-turnover4/

 

紫外線は肌に悪いのは周知の事ですが、髪の毛にも良くありません。

紫外線を髪に浴びると、キューティクルが剥がれやすくなってしまいます。

切れ毛や枝毛、パサ付、ヘアカラーの色落ち等、髪の毛のトラブルがどんどん増えてしまいます。

 

紫外線から髪の毛を守る為には、洗い流さないトリートメントやヘアオイルを髪の毛に付けて、外出しましょう。

更に、日傘を差したり帽子をかぶると、頭皮の日焼けを防ぐ事が出来ますよ。

紫外線のパワーは、想像以上ですよ。

 

まとめ バサバサヘアは自分で平気で作っている事大あり!

いかがでしたか。

 やってはいけないNGヘアケア、何気なくやっている事結構ありませんでしたか。

ほんの少し髪の毛や頭皮への扱い方と捉え方を変えるだけで、頭皮が健康になって髪の毛も綺麗になります。

自分のさじ加減で綺麗な髪の毛は作れるので、是非前向きにチャレンジしてみましょう。

綺麗でツヤのある髪の毛は、女性であれば当たり前に持っているべきアイテムと言えますよ。

 

 

関連キーワード
  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事