• スキンケア・基礎化粧品
    余分な脂肪を落とそう!覚えておくべき11の生活習慣!
    2015年3月30日
  • メイクアップ
    男性ウケする最高愛されメイク!ウケる11つ、ウケない6つのポイント
    2015年3月8日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ほうれい線解消法2つご紹介!ほうれい線ケアでスッキリ若顔に!
    2014年12月29日
  • スキンケア・基礎化粧品
    冬の美白ケアで雪のような透明感ある肌に!冬こそ美白ケア!
    2015年2月6日
  • ヘアケア
    シャンプーが出来ない!そんな時でも綺麗な髪をキープする5つのコツ
    2015年3月27日
  • スキンケア・基礎化粧品
    内臓脂肪の減らし方|今度こそ成功させる!食事・運動・○○法
    2015年4月14日
  • スキンケア・基礎化粧品
    お肌はやっぱり年齢と比例する!?若く見られるためのスキンケア術
    2015年1月19日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ダイエットと美肌を手に入れよう!女性のワガママを叶える9つの食べ物
    2015年3月26日
  • スキンケア・基礎化粧品
    寝る前にスキンケアやボディケアが出来る11のホットアイテムご紹介!
    2015年3月3日
  • スキンケア・基礎化粧品
    毛穴汚いはもう終わり!たった2週間で肌を綺麗にする方法
    2015年3月2日

 

肌の状態は、潤いを左右する保湿因子によって左右されます。
保湿因子の一つの細胞間脂質であるセラミドは、
肌のうるおいを保つ上でもっとも重要な成分と言ってもいいです。
水分保持機能の約80%を占めるセラミドが不足すると、

水分量が減るばかりかバリア機能の低下にもつながり、敏感肌になる恐れがあるでしょう。
ここでは、セラミドが不足する原因や改善方法についてご紹介します。

 

セラミド不足だと敏感肌になるかも!セラミド不足の原因は?

セラミドは本来、人の肌内部で生産されています。
しかし20代を過ぎると減少が目立ち始め、40代には大幅に減ることが分かっています。
大人の女性が乾燥肌に悩むのは、セラミド不足が大きく関係しているのかもしれません。
さらに、日々の生活の中でもセラミドが不足する原因があります。

 

敏感肌はバリア機能の低下が原因

敏感肌の肌内部は、セラミドが不足したことで皮脂膜が生成されにくくなり、

乾燥や刺激に弱い状態となっています。

つまり皮脂と細胞間脂質、そして天然保湿因子の3つの保湿因子のバランスが崩れているのです。
またターンオーバーが乱れて、角質層内の保湿成分が減少していることも考えられます。

健康な肌が弱酸性なのに対して、敏感肌はアルカリ性に傾いてしまっているのです。
これは肌のバリア機能が低くなっている状態であり、ここに乾燥や刺激、ダメージなどが加わると炎症や赤みを伴うでしょう。

バリア機能低下に繋がるセラミド不足は、次のことが原因で起こります。

★スキンケアでの洗いすぎ
★肌への刺激
★ストレス
★食生活の乱れ
★睡眠不足
★紫外線
★乾燥した環境

加齢に加えてこれらが重なると、セラミドがどんどん減り、

敏感肌になってしまうかもしれません。

 

 

洗顔・クレンジングに洗浄力の強いものを使うと、

保湿因子のセラミドや皮脂までも洗い落としてしまいます。

 

紫外線や外部刺激から肌を守るバリア機能が低下し、

さらにダメージを受け続けると敏感肌になってしまうでしょう。
肌への刺激も同じです。

タオルでゴシゴシ擦ったり、コットンや手を肌に強く当てたりすると

肌表面がダメージを受けて傷つき、バリア機能の低下に繋がるでしょう。

 

 

生活習慣もセラミド不足に大きく関わります。
ストレスは自律神経を乱して血流を悪くさせるため、

ターンオーバーに必要な肌細胞の不活性化に繋がります。
偏った食事で栄養素が十分にとれていないと、

末端部分の肌にまで栄養が届かなくなります。
セラミドを正常に生み出すためのターンオーバーには、

質の良い睡眠が必要不可欠です。

 

極端に睡眠時間が少ないと、成長ホルモンの分泌が減り、

ターンオーバーの周期が遅れる原因にもなるでしょう。

紫外線によるダメージは肌細胞を傷つけ、バリア機能を低下させたり、

潤いを守る力を減少させます。
ターンオーバーの周期が乱れるため、セラミドの生成が十分にされないまま角質層ができ、

バリア機能の低下に繋がります。

セラミド不足は「流出を防ぐ」&「補給」で改善できる

潤いのある肌を目指すのには、保湿ケアが欠かせません。
しかしそれと同じくらい、潤いの流出を防ぐケアも必要なのです。
セラミド不足を改善するためには、流出を防いで補給をする、二つの側面からのケアを心掛けましょう。

セラミドの流出を防ぐには

セラミドがお肌から流れてしまうのは、クレンジングや洗顔など洗い流すスキンケアの時です。
クレンジングや洗顔料を、必要な皮脂までも落とすような洗浄力の強いものを使用していると、

角質層のセラミドまで洗い流されてしまいます。 
また熱いお湯で洗うのも、セラミドをはじめとする保湿成分の流出につながるため、

避けた方が良いでしょう。

具体的な対策としては、洗顔・クレンジングを成分の優しいものに変えることです。
刺激性のあるアルコール類や、ピーリング効果のあるフルーツ酸などを避け、

保湿成分の入っているものにすると良いでしょう。
洗顔で気を付けていても、肌の保湿成分は少なからず洗い流されてしまいます。
過度の流出を防ぐためには、一日に何度も洗ったりしない事、

洗顔後はすぐに保湿ケアに移行する事を心掛けましょう。

流出したセラミドは、体内で24時間ほどで修復されます。
十分な睡眠時間と質の良い眠りを確保できれば、

流出してしまったセラミドのサポートになるでしょう。

セラミド補給のためのケア

乾燥肌や敏感肌の方は、セラミド不足が原因の一つと考えられますので、

セラミド入り化粧品をスキンケアに取りいれると良いでしょう。
一口にセラミドといっても種類がありますので、成分の確認が大切です。
浸透力が高いとされるヒト型セラミドや、セラミドの生成をサポートする

効果が期待できるライスパワー№11などのセラミドは、効率良く補給できるでしょう。

生活習慣の見直しとしてまず、バランスの良い食事で肌細胞にまで十分な栄養を届けるようにしましょう。
細胞が活性化されると保湿因子の生成が促され、セラミド不足の解消にも役立ちます。
こんにゃくや黒豆などといった、セラミドを多く食品にも注目し、意識して摂りいれると効果的です。
ストレスや睡眠不足は、肌のターンオーバーが正常ではなくなってしまうので注意が必要です。
睡眠後三時間は、ターンオーバーに必要な成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯ですので、

就寝の1時間前までに入浴したり2時間前までに食事を済ませると良いでしょう。

肌の水分量が分かる肌診断機を使って、具体的な数値を計るのもおすすめです。
重点的に保湿すべき部位が分かったり、化粧品の保湿効果を知ることができるため、

自分に合った化粧品選びにも役立つでしょう。
トリプルセンスは、水分や油分に加えて弾力の数値を計れますし、

年齢ごとの平均データと比較した肌の状態が分かります。
リアルな数値を知ることで、正しいケアにも役立ちます。

「セラミド補給」におすすめの化粧品5つを紹介

1位 米肌

〇特徴〇

米肌に含まれているライスパワー№11は、加齢と共に少なくなるセラミドを生みだし、肌の水分保持能を改善する作用が期待できます。
化粧水でいくら保湿しても乾いてしまうとお悩みの方には、潤いをキープする力を高めてくれる米肌がおすすめです。
セラミド不足を解消でき、乾燥や敏感肌になりにくい肌にしてくれるでしょう。
浸透力の高い化粧水と、高保湿のクリームや美容液の優れた効果により、キメの整った透明感の肌へと導いてくれます。

トライアルセットはこちら↓

2位 アヤナス

〇特徴〇

アヤナスにはヒト型セラミドがナノ化された形で配合されています。
浸透力は通常の4倍にもなるため、角質層にまでしっかりと届き、不足したセラミドの補給に効果的です。
アヤナスは乾燥肌や敏感肌の方のために研究を重ね、独自技術を開発してきました。
肌質にお悩みの方にも、安心して使用できるでしょう。

トライアルセットはこちら↓

3位 ライースリペア

〇特徴〇

肌の悩みの改善のためには、肌を健康にして、トラブルに強くする必要があります。
ライースリペアに配合されているライスパワー№11は、潤いのある肌にとって最重要ともいえるセラミドの生成を助ける効果が見込めます。
ただ補給するのではなく、肌の力を取り戻すことで、トラブルに負けない肌へと導いてくれるでしょう。
防腐剤等の添加物にも配慮されている、高保湿化粧品となります。

トライアルセットはこちら↓

4位 エトヴォス

 

〇特徴〇

高保湿成分セラミドが5種類も配合されているエトヴォスは、セラミドが不足したお肌におすすめです。
ヒト型セラミドに加え、ヒアルロン酸も配合されているため、角質層のうるおいを満たしてバリア機能の高めりが期待できるでしょう。
エトヴォスには、お肌の刺激となる香料や着色料、石油系界面活性剤等が含まれていません。
そのため、乾燥や敏感肌の方でもお使いいただける製品となっています。

トライアルセットはこちら↓

5位 ヒフミド

〇特徴〇

ヒフミドには、セラミドⅠ、Ⅱ、Ⅲの優れた保湿成分が配合されています。
浸透力が高いセラミドを使用しているため、不足した角質層内にまでしっかりと届き、お肌のハリを取り戻すことができるでしょう。
また保湿効果を長時間保ち続ける効果から、外出先での乾燥にも負けない肌を目指せます。

トライアルセットはこちら↓

 

 

セラミド不足に「米肌」がオススメな理由

一般的に保湿成分の含まれている化粧品は、潤いが不足している肌に保湿成分を補うことを目的としています。
セラミドをはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸などを肌に浸透させて、水分量をアップさせるのです。
しかし保湿効果は、一時的なものにすぎません。
根本的な肌質の改善にはなっておらず、乾燥した環境や刺激やダメージを受けることで、保湿成分は簡単に減少してしまうでしょう。

そこで肌質の改善を目的としたスキンケア化粧品、米肌をおすすめします。
米肌には、肌が持つ本来の力を取り戻すサポートをする効果が期待できるため、乾燥肌からの脱却を目指せるでしょう。

ライスパワー№11

米肌に含まれている成分で注目すべき成分は、ライスパワー№11です。
お米のエキスを熟成発酵してできたこの成分は、肌自身がセラミドを再生に期待できます。
実際に保湿成分の中で唯一、肌の水分保持能を改善できるとされています。

セラミドは肌の水分保持機能の約80%を占める重要な保湿成分であり、本来身体で生産されるものです。
肌をいくら保湿をしても、セラミドが不足していれば水分が蒸発してしまうため、潤った肌を保つことはできません。
しかし加齢とともに減少し、40代になると20代の約半分にまで減るとも言われています。
潤いのある肌を実現し、乾燥を繰り返さないためには、セラミドの生産力を取り戻すことが重要といえるでしょう。
ライスパワー№11には、その生産力を高め、肌質を改善できる効果が期待が持てます。

低分子の美容成分

どんなに肌に有効な成分であっても、肌に浸透しなければ意味がありません。
保湿成分は基本的に分子が大きいままだと浸透されず、保湿効果を得ることはできません。
そのため、低分子化する必要があるのです。
米肌に含まれているライスパワー№11は、超低分子されているため、角質層の奥深くにまで届く浸透性に優れています。
表面だけではなく、角層の深いところから潤う力を育てるので、高い保湿効果に加えて持続性にも期待できるでしょう。

肌がもつ潤い力を育て、セラミドが満ち足りた肌になれば、乾燥やトラブルが起きにくくなります。
角質を水分で満たしてうるおいが逃げないように包むことで、バリア機能が働き、敏感肌になることもなくなるでしょう。
生産力を取り戻し、潤いアップが期待できる米肌は、セラミド不足の方におすすめです。

「セラミドの流出を防ぐ」クレンジング&洗顔料の選び方

クレンジング、洗顔選びには、洗浄力のやさしさがポイントになります。

クレンジング

最近は崩れにくい、汗で落ちにくいなどのキャッチフレーズにもあるように、

落ちにくい化粧品が主流となっています。
そんなメイクを簡単に落とすために配合されているのが、界面活性剤です。
界面活性剤は油分を落とす一方で、

油分であるセラミドをも洗い流してしまう特徴がありますから、

できたら避けたい成分であります。
しかし、メイクをきちんと落としきれていないと、それもまた肌トラブルの原因になりかねません。
そこで気を付けるポイントは、界面活性剤の配合量です。
製品の裏に表示されている成分表は、配合量の多い順に記載されています。
クレンジングを選ぶ際には、界面活性剤の配合量が少ないものを選ぶと、

セラミドの流出を防ぐのに効果的です。
界面活性剤にも種類があり、石油系や植物系、非イオン性などがあります。
この中でも非イオン性や植物性は粒子が大きいため、

肌深くまで浸透しにくいことから、肌のダメージが少ないとされています。
また、アルガンオイルなどの植物性油脂が主成分の場合も刺激が少なく、

クレンジングによるバリア機能の低下を防げるでしょう。

洗顔料

洗顔料は基本的に皮脂を落とすものですので、

クレンジングほどセラミドが流出することはありません。
しかし、強力な界面活性剤が含まれていたり、

アルコールやピーリング成分が含まれていると、セラミドの流出に繋がるでしょう。

 

また洗顔料の中には、保湿成分として油分が配合されているものがあります。
洗顔後のつっぱりが軽減されますが、洗顔時に油膜を作ってしまうと、

その後のスキンケアでヒアルロン酸やコラーゲンなどの水溶性の保湿成分が浸透しづらくなります。
そのため、セラミドの流出を防ぐには、できるだけシンプルな成分のものがおすすめです。
例えば固形せっけんや洗顔パウダーなど、刺激が少ないものにすると、その後のケアにも効果的です。
洗顔での乾燥が気になる方には、セラミド入りの洗顔料が良いでしょう。
皮膚の表面に油膜を作るのではなく、角質層内のセラミドを守ってキープする効果が期待できます。
浸透力の高いセラミドが配合されているものであれば、汚れを落としつつも保湿効果を見込めるでしょう。

肌の水分保持の大部分を占めるセラミドは、健康な肌に欠かせません。
セラミドが不足すると他の保湿成分とのバランスが崩れて、負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。
間違ったケアや生活習慣の乱れなど、些細なことでセラミドは不足してしまいます。
セラミドの補給や流出を防ぐ化粧品を選んだり、ケア方法を見直すことが必要です。
ここまでの改善方法を参考にして対策を行いましょう。

  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事