• スキンケア・基礎化粧品
    1日たった3分で痩せやすい体質に!骨盤スクワットで1か月3kg!
    2014年12月31日
  • スキンケア・基礎化粧品
    その行動ストップ!!脳を老けさせちゃうかも?NG習慣8つ!
    2015年1月14日
  • スキンケア・基礎化粧品
    たった2ヶ月で15kgダイエット?その方法とポイント5つに注目!
    2015年1月13日
  • スキンケア・基礎化粧品
    コスパが良く美味しい6つのレシピ!節約レシピで体とお金にも良い食事
    2015年1月15日
  • スキンケア・基礎化粧品
    毛穴汚いはもう終わり!たった2週間で肌を綺麗にする方法
    2015年3月2日
  • スキンケア・基礎化粧品
    寝る前にスキンケアやボディケアが出来る11のホットアイテムご紹介!
    2015年3月3日
  • スキンケア・基礎化粧品
    お腹がキュッと引き締まる!ダイエット方法5つご紹介!
    2014年12月31日
  • スキンケア・基礎化粧品
    冬の美白ケアで雪のような透明感ある肌に!冬こそ美白ケア!
    2015年2月6日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ダイエットと美肌を手に入れよう!女性のワガママを叶える9つの食べ物
    2015年3月26日
  • スキンケア・基礎化粧品
    蒸しタオルが美人と健康を作る!素晴らしい蒸しタオルケア14の効果!
    2015年2月27日

 

肌が乾燥している状態が続くと、シミやシワなど肌の老化が早まる恐れがあります。
防ぐためには、乾燥を治すための正しいケアが必要となるでしょう。
ここでは、乾燥肌の原因と対策法を見てみます。

 

顔の乾燥の原因とは?

乾燥の対策を行う前に、まず原因にはどんなものがあるでしょうか。

 

女性 敏感肌

 

季節的な原因

ある季節になると、肌の乾燥が気になり始めたり、肌が揺らぐことがあります。
それは気温や湿度の変化が、肌の負担となっているからです。
肌が乾燥する原因を、季節ごとにご紹介します。

気候が穏やかになり始める春ですが、年間を通して寒暖差が一番大きいので、肌の水分蒸発量が一番多くなります。
また花粉によるアレルギーなども出やすく、マスクや鼻をかむなどして、摩擦による乾燥も起こりやすいでしょう。

夏は一番乾燥しにくいと思われがちですが、実は冬に次いで、乾燥しやすい時期といえます。
紫外線によるバリア機能の低下や、エアコンの冷房によって部屋の外と中での寒暖差が大きくなるため、肌の負担も大きくなります。

まだまだ暑い日もある秋ですが、外気の湿度は確実に下がり始めています。
また夏の紫外線によるダメージが蓄積されているため、ケアをしないとさらなる乾燥を引き起こすでしょう。

気温の低い冬は、皮脂の分泌量が少ないため、水分が蒸発し続けてしまいます。
また暖房器具によって室内は更に乾燥しますので、バリア機能はどんどん低下して肌も乾燥するでしょう。

生活習慣が原因

肌には角質層があり、水分を保持したり、アレルギー物質や紫外線から肌を守る役割があります。
食生活が乱れていたり、肌の摩擦を繰り返すなど、毎日のほんの少しの悪習慣が重なると、その役割は果たされません。

まずは睡眠不足によるターンオーバーの乱れに注意しましょう。
睡眠は、肌のターンオーバーを一定に保つために大きく関わるからです。
一定の周期に保たれるためには、成長ホルモンが適切に分泌される必要があります。
成長ホルモンは睡眠中に分泌されますので、十分な睡眠がとれていないと分泌量が減りターンオーバーも遅れてしまうでしょう。
ターンオーバーが乱れると角質層の中にある、水分を保持するセラミドの生産量を減ってしまうため、肌が乾燥してしまうのです。

また間違ったセルフケアにも注意が必要です。
顔の油分が気になるからと乳液やクリームを塗らないでいると、水分が蒸発しやすく、乾燥を引き起こしてします。
熱いお湯での洗顔は、必要な油分までをも洗い流してしまうでしょう。
顔の皮膚はとても薄くダメージを受けやすい部分ですので、タオルでゴシゴシと擦るのもいけません。
繊維が摩擦を起こし、肌の角質層を傷付けるのでバリア機能が失われ、乾燥の原因となってしまうのです。

 

 

顔の乾燥対策~スキンケア~

顔の乾燥対策には、毎日のスキンケアでの保湿が欠かせません。

クレンジングと洗顔

メイクや汚れを洗い落とすためのクレンジング・洗顔は、落ちればよいと思う方もい多いです。
しかし、洗いと乾燥は密接な関係にあります。
汚れをきちんと落とそうと、洗浄力の強すぎるものを使用すると、必要な油分までをも洗い落としてしまいます。
特に、洗い上がりにつっぱりを感じている方は要注意かもしれません。
ですので、クレンジングや洗顔料は、保湿成分の含まれているものを使用すると、乾燥対策になります。

様々なタイプのクレンジング剤がありますが、保湿の観点から言うミルクやジェル、クリームタイプのものを使用すると良いでしょう。
肌への負担が少なく、水分と油分の比率をうまく保ちながら、メイクや汚れを落とせます。

洗顔料を選ぶ際、ピーリング成分が含まれているものなど、洗浄力の強すぎるものは乾燥の原因となります。
しっかりと泡立てて、肌を直接擦らないように泡で洗うように心がけましょう。

保湿

肌の乾燥を防ぐには、洗顔後の保湿が最も重要です。
成分に着目して、乾燥対策に効果的なものを選びましょう。

化粧水はグリセリンやヒアルロン酸など、水溶性の保湿成分を含んだものが良いでしょう。
乾燥肌は水分が足りていない状態です。
角質層にまで届く、浸透力の高い化粧水で水分を補ってあげると、乾燥対策になります。
化粧水を浸透させたら、油分で蓋をするのを忘れてはいけません。
そのままにしておくと、どんどん水分が蒸発してしまうからです。
乾燥対策のための乳液やクリームには、油溶性のものを選ぶと良いでしょう。

以上でご説明した成分でケアをしているのに、乾燥が気になるという方もいらっしゃるでしょう。
保湿ケアをしているのに乾燥が治まらない方は、セラミド配合の化粧品を取り入れるのがおすすめです。
いつもの保湿ケアで乾燥が改善されないのは、セラミド不足が原因かもしれません。
セラミドとは、角質層に存在する保湿成分です。
細胞と細胞を繋ぎ、隙間から水分が蒸発するのを防ぐ役割があり、シワの軽減やターンオーバーの促進などの働きがあるため、美肌のためには欠かせない存在です。
本来体に備わっている成分ですが、加齢や生活習慣の乱れにより減ってしまいます。
そのため保湿成分の中で最も保湿力が高い成分だと言われているセラミドを化粧品で補給すると、乾燥対策に効果が期待できます。
肌の潤いを保つには、次の成分が含まれている化粧品を選ぶと良いでしょう。

★ヒト型セラミド
★ライスパワーNo.11

これらが含まれている化粧品は、浸透しやすく高い保湿効果が期待できるセラミドが配合されているため、乾燥対策にぴったりでしょう。

 

顔の乾燥にオススメ!保湿化粧品ランキング

顔の乾燥でお悩みの方は、毎日のケアにセラミドが配合された保湿化粧品を取り入れると良いでしょう。
乾燥肌の改善に効果的な保湿化粧品を、ランキング形式にしました。

1位 米肌

〇特徴〇

米肌には保湿成分である「ライスパワーNo.11」を配合。
医薬部外品の効能として、水分保持能を改善できると認められています。
そのため加齢とともに減ってしまうセラミドを生みだす効果が期待できるでしょう。
肌のキメを整え、乾燥によるシワを防ぎ弾力のある若々しい肌を目指すことができるかもしれません。

トライアルセットはこちら↓

2位 アヤナス

〇特徴〇

アヤナスには人体が持つセラミドと全く同じ構造のヒト型セラミドが含まれており、ナノサイズにしてカプセル化したことで通常のセラミドの4倍もの浸透力があります。
乾燥肌は、細胞と細胞の間に隙間がある状態です。
そこに浸透したカプセルがほぐれ、セラミドが隙間を埋めて配列を整えてくれます。
細胞レベルで肌の潤いを保ち、乾燥しにくい肌へと導いてくれるでしょう。

トライアルセットはこちら↓

3位 ライースリペア

〇特徴〇

ライースリペアには、肌が持つセラミドを作り出す力を高める効果が期待できる、ライスパワーNo.11が含まれています。
この成分の効果で、皮膚改善サイクルを整えて、乾燥やくすみを防ぎ、ハリと透明感のある肌へと導きます。
年齢や環境などあらゆる原因によって起こる肌トラブルに対して、多方面からアプローチして支えることで、揺らがない上質な肌を目指せるでしょう。

トライアルセットはこちら↓

4位 エトヴォス

 

〇特徴〇

エトヴォスには、5種類のヒト型セラミドがバランスよく配合されており、肌馴染みの良いサラッとした質感が魅力的です。
セラミドに加え、アミノ酸など多数の保湿成分が含まれていて、その水分保持力は1g当たり6ℓにもなります。
植物性のプラセンタをはじめ、オーガニック由来のホホバオイルやスクワランにより、しっとりとした柔らかい肌を目指すことができるでしょう。
一本で乳液と美容液効果が期待でき、お肌に優しい低刺激処方のため、あらゆる肌質の方が使えます。

5位 ヒフミド

〇特徴〇

3つのヒト型セラミドで、肌の潤いをサポートしてくれるヒフミドは、小林製薬の化粧品です。
なめらかで柔軟性のある肌を保つセラミド1、バリア機能をもつ2、加齢による減少が著しいとされる保水機能をもつ3を配合しています。
50代を迎えた肌のセラミドは、20代の頃の約半分にまで減少するとされています。
ヒフミドはヒト型セラミドのため浸透力や馴染みが良く、年齢を重ねて失われた潤いを取り戻すのに効果的でしょう。

年齢や環境など乾燥の原因は人それぞれですが、肌にセラミドを与えることで、潤いを取り戻せるかもしれません。
以上のランキングを参考に保湿化粧品を取り入れて、乾燥肌の改善を目指してください。

トライアルセットはこちら↓

 

 

 

顔の乾燥対策~環境の見直し~

顔の乾燥を防ぐためには、湿度が重要なポイントとなります。
肌の潤いを保つのに最適といわれる湿度は60%から65%となりますので、目安にして下さい。
長く過ごす室内でこの湿度を保てられれば、肌の乾燥を防ぐことは十分可能です。

加湿器を使用する

部屋が乾燥している場合、加湿器を使うと手っ取り早く湿度を上げられるでしょう。
スチーム式やハイブリット式など、タイプがさまざまありますので、お部屋の広さや乾燥の程度に合わせて選びましょう。
加湿器を使用するときには、加湿効果が高いところに置かなければ意味がありません。
最も良い場所は、空気の流れが出来やすいエアコンの真下です。
ここに置くと加湿された空気が部屋に循環するため、万遍なく加湿できるでしょう。
反対に効果が出なかったり、逆効果となる場所もあります。
例えばエアコンの風が当たる部分です。
加湿された空気が風に当たりそうですが、加湿器にはエアコンからの乾いた風が当たり、正しい湿度が伝わらないことから、加湿しすぎる可能性があるのです。
空気が溜まりやすい部屋の四隅や床付近も、加湿器の置き場所としてはおすすめできませんので注意しましょう。

加湿器の蒸気を顔に当てれば肌が潤うからと、蒸気を近くに置くのはやめましょう。
蒸気が角質の隙間を開くため、水分が蒸発しやすい状態になり、乾燥を悪化させます。
また、室内の湿度を70パーセント以上にすると、室内と室外の湿度差が大きいために肌が対応しきれず、バリア機能の低下に繋がります。

その他の加湿方法

加湿器が無くても、室内の湿度を上げることは可能です。
濡れタオルを掛けるだけでも、水分量が増えて、室内の湿度は随分と上がります。
エアコンの暖房で乾燥しているときには、その部屋に洗濯物を干しておくと良いでしょう。
湿度も上がり洗濯物も乾きやすくなるため、一石二鳥です。

観葉植物も、空気中の湿度を上げるのに有効です。
ただ水を置いておくより見栄えもよく、植物は呼吸するので空気を綺麗にする効果も期待できるでしょう。
根腐れをしない程度に水やりをし、毎朝葉に霧吹きをすると、湿度が上がりやすくなります。

暖房器具をファンヒーターや石油ストーブに変えるのもおすすめです。
FF式は除きますが、これらを使用すると水分が発生する仕組みとなっています。
エアコンの様に空気を乾燥させずに、部屋を暖められるでしょう。
しかしエアコンや電気ストーブ以外を使用出来ない住宅もありますので、確認が必要です。

顔の乾燥対策~生活習慣~

肌の乾燥対策には生活習慣を整え、体の中から潤いのある肌を目指すことが大切です。

食生活

体も肌も、食事から摂取した栄養で作られているといっても良いです。
偏った食生活では、必要な栄養素が肌などの末端部分にまで届けられなくなり、乾燥やトラブルの原因となるでしょう。
乾燥対策には栄養バランスの整った食事は勿論ですが、加えてビタミンを意識して摂るのをおすすめします。
ビタミンにはコラーゲンや天然保湿因子の生成を助ける働きがあるため、肌の潤いを保つ効果を期待できます。
またターンオーバーも促進され、肌の新陳代謝が促進されるでしょう。

睡眠

睡眠は、美しい肌をつくる上で重要になります。
質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌を促し、ターンオーバーを促進させるからです。
最低でも6時間以上の睡眠時間を確保し、眠りの質が良くなるように努めましょう。

ストレッチをすると毎日規則正しい時間に、スムーズに入眠できる効果が期待できます。
睡眠前に簡単にできるストレッチとして、両手両足を上にあげてブラブラする、ブラブラ体操があります。
一分ほど続けるだけで体が温まり、血流が良くなるでしょう。

タバコ

タバコは体だけではなく、肌にも悪影響を及ぼします。
吸うと血管が収縮し血流が悪くなり、肌にまで酸素が行き渡らなくなります。
またニコチンはビタミンCを壊すので、ビタミンC不足にもなるでしょう。
ビタミンCは、肌の水分を保持するコラーゲンを生成したり、シミの原因である「メラニン色素」の発生を抑えてくれる働きを持ちます。
そのためタバコを吸うと乾燥肌になるばかりか、シミやシワなど老化現象も進んでしまうおそれがあるでしょう。

ホルモンバランスを整える

若々しいハリのある肌には、女性ホルモンのエストロゲンンが大きな役割を持ちます。
男性よりも女性に乾燥肌が多いのは、女性ホルモンによるものが大きいのです。
エストロゲンもまた、肌内部の水分の保持能力があるため、女性ホルモンが増えると肌の水分量があがると言われています。
また真皮層に作用し、肌の弾力を高める効果も期待できるでしょう。

ホルモンバランスを整えるには、体の冷えを取るのが効果的です。
できるだけ毎日入浴をしたり首や手首、足首を冷やさないように心がけましょう。
アロマなどのいい香りでリラックスするのも、女性ホルモンを増やすのに良いとされています。

乾燥肌について、お分かりいただけましたか。
こちらを参考にして、潤った美肌を目指してください。

  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事
スキンケア・基礎化粧品
目元のシワを改善したい! 目元にできるシワができてしまうのは、バリア機能が低下し、肌内部で炎症を起こしコラーゲンが破壊されることから、ハリ...