• スキンケア・基礎化粧品
    その行動ストップ!!脳を老けさせちゃうかも?NG習慣8つ!
    2015年1月14日
  • スキンケア・基礎化粧品
    唇の下の汚いボツボツ綺麗に!6つの唇の下ケア!
    2015年3月3日
  • スキンケア・基礎化粧品
    美髪は乾かし方がポイント!4つの正しい髪の乾かし方でサラサラヘア!
    2015年3月3日
  • 夏の肌 日焼け止め
    うっかり日焼けをシャットアウト!正しい7つの紫外線対策で綺麗な肌に
    2015年2月27日
  • スキンケア・基礎化粧品
    お腹がキュッと引き締まる!ダイエット方法5つご紹介!
    2014年12月31日
  • スキンケア・基礎化粧品
    10歳も老けさせる?顔のたるみを解消!顔のたるみ原因と3つの解消方法
    2014年12月29日
  • スキンケア・基礎化粧品
    寝る前にスキンケアやボディケアが出来る11のホットアイテムご紹介!
    2015年3月3日
  • スキンケア・基礎化粧品
    冬の美白ケアで雪のような透明感ある肌に!冬こそ美白ケア!
    2015年2月6日
  • スキンケア・基礎化粧品
    カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
    2014年12月20日
  • 乾燥肌 スキンケア・基礎化粧品
    アンチエイジングに効果満載!健康やお肌に良い8つの食べ物!
    2015年3月3日

顔のたるみでお悩みですか?

 

 

 

5年前の写真に写る自分が若く見える・・・。

 

当然5歳若いのですが()

5年どころか1年前の自分すら、若く見えることがあります。

いったいどこが違うのでしょう?

 

まぶたが下がってきた

目の下のシワやたるみ

ほうれい線がくっきり

顔全体の皮膚が下がった感じ

 

顔のたるみは、それだけで見た目年齢をグッと上げてしまいます。

 

逆に、顔のたるみを改善できれば、-5歳・-10歳に見られる事だって可能です。

 

エステに通ったり、美容外科に治療に行くような時間もお金もないから、自分で何とかしたい!という方も多いのではないでしょうか。

 

せっかくやるのなら確実に効果を実感したいですね。

 

そんなあなたにおすすめの、自分でできる「顔のたるみを改善する方法」

お教えします!

 

まずはあなたの顔のたるみの原因を知りましょう。

 

 

 

顔のたるみの原因 顔のたるみは3つの場所で起こっていた

 

 

 

顔のたるみは3つの場所で起こっています。

 

①顔の皮膚

 

皮膚のたるみは次のような原因で起こります。

 

・加齢によるたるみ

 

ハリのあるお肌に欠かせないのがコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸

しかし、これらの成分は加齢と共にどんどん減っていきます。

 

真皮の中でクッションのように弾力を保っているコラーゲンは20代半ばから減り始め、

40歳を過ぎるとその減り方は急激になり、50歳くらいで20代の約半分程度になってしまうそうです。

 

フェイスラインが崩れてくるはずですね。

 

また、紫外線やストレスなど様々な要因でコラーゲン自体も劣化して、本来の働きを失ってしまうことも少なくありません。

 

・乾燥によるたるみ

乾燥した肌は水分量が少ないので、シワっぽく、たるんで見えます。

 

さらに乾燥した肌はバリア機能が弱くなっているので、紫外線や外部の刺激を受けやすい状態になっています。

 

真皮の中のコラーゲンやエラスチンが壊されやすい状態です。

 

・紫外線によるたるみ

 

紫外線を浴びると、肌は活性酸素を発生させます。

 

活性酸素は強力な酸化作用を持っていて、有害な物質を消すことができるのです。

 

本来細胞を守るために作られるものなのですが、増えすぎると悪影響もでてきます。

 

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、肌の中の繊維芽細胞(せんいがさいぼう)で作られるのですが、活性酸素は繊維芽細胞にダメージを与え、働きを鈍らせてしまいます。

 

さらに肌の真皮層まで届くUVA波は、直接コラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

 

・生活習慣によるたるみ

 

皮膚のコラーゲンやエラスチンを減少させてしまう生活習慣に、

 

喫煙

寝不足

偏った食事

 

などがあります。

 

 

 

顔の皮膚が原因のたるみはスキンケアで改善することが出来ます。

 

以前は、たるんでしまった顔の皮膚はクリニックで治療してもらうしか方法が無かったのですが、今はスキンケアでも対応することが出来るのです。

 

そのスキンケア方法については

 

自分でできる!顔のたるみを改善する方法-スキンケア

 

で、ご紹介します。

 

 ②皮下組織の脂肪

顔の皮膚の下には皮下組織の脂肪があります。

 

・加齢によるたるみ

脂肪層は繊維状の組織で皮膚や骨と繋がっています。

しかし加齢により弱くなった線維は脂肪の重さを支えきれなくなり、伸びてたるみへとつながってしまいます。

 

・むくみによるたるみ

脂肪層に余分な水分がたまってしまうと、むくみとなって顔に表れます。

 

塩分の多い食事をした次の日の朝など、むくみを感じる方も多いのではないでしょうか。

 

水分がたまるという事は、脂肪層の重さが増すという事。

重くなった脂肪層は重力によって下に引っ張られ、たるみへと進行していきます。

 

 

③顔の筋肉

皮膚にくっついて、顔を動かしている筋肉です。

 

表情筋という筋肉が衰えることでたるみとなって現れます。フェイスラインがぼんやりしてしまうのです。

筋肉ですから、使わないでいると衰えます。

 

表情筋を鍛える方法はたくさん紹介されていますが、重要なのは継続して行うこと。

 

3日坊主では意味がないので、自分で続けられそうなものを選ぶことが大事です。

 

後ほど、おすすめの表情筋トレーニングをご紹介しますね。

 

毎日の生活の中で、顔の筋肉を意識して大きく動かすだけでも効果がありますよ。

 

 

 

 

 

顔のたるみは①皮膚と②皮下組織の脂肪と③表情筋の、3つの場所で起こっている事がお分かりいただけたでしょうか。

 

そしておそろしい事に、皮膚と脂肪層と筋肉、すべてをたるませてしまう原因もあるんです。

 

それは「姿勢の悪さ」

 

背中が丸まり猫背になっていると、自然とあごを突き出した状態になり、顔が前に出ます。

この姿勢が顔をたるませてしまうのです。

 

普段は姿勢の良い人も、長時間デスクワークをしたり、パソコンやスマートフォンを覗き込むように見ている時などはこの姿勢になりがちです。

 

首の後ろ側の筋肉が縮まり、顔は全体的に下方向に引っ張られている状態です。

 

重力の何倍もの下向きのが力がかかり、顔のたるみの進行に拍車をかけます。

 

たるみの原因は意外なところにもあったのですね。

 

何もしないでいたら、どんどんたるみは進行してしまいます!

 

ではそれぞれのたるみの原因に沿って、自分でできる「たるみを改善する方法」をご紹介していきます。

 

自分でできる!顔のたるみを改善する方法

 

 

・スキンケア

 

 

たるみが起こる3つの場所のうちのひとつ、①皮膚への対策です。

 

放っておくとどんどん進んでしまう皮膚のたるみを、まずはストップしましょう。

 

いくら表情筋を鍛えても、上に乗っている皮膚がたるんでいては意味がありません。

 

表情筋を鍛えるとともに、肌のハリを取り戻さなければ、たるみはなかなか改善されないのです。

 

皮膚で起こるたるみの原因は、肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が減少する事で起きるのでしたね。

 

これには

紫外線対策と、毎日使う化粧品にリフトアップ効果の高いものを選ぶ、ということが重要です。

 

紫外線は、夏だけでなく1年中降り注いでいます。

 

シーンに合わせて自分に合った日焼け止めを使うのはもちろん、日傘や羽織ものも活用して、なるべく直接日に当たらないように

気をつけましょう。

 

そして毎日のセルフケアで使う化粧品、これにリフトアップ効果を狙わない手はありません!

 

たるみ加速させる乾燥もケアしながら、ふっくらとした肌を取り戻してくれるおすすめのエイジングケア化粧品を2つ、ご紹介します。

 

 

顔のたるみを改善する、おすすめの化粧品

 

 

  たるみ改善化粧品 おすすめポイント
おすすめ1 ビーグレン QuSomeリフト

 

・スキンケア成分が角層の奥まで浸透する独自の技術

 

・有効成分がたるみの3つの原因に働きかけ、キープする!

詳しくはコチラをクリック!(公式サイト)

 

おすすめ2 アビエルタ ディープモイストクリーム

 

・アンチエイジング成分「レチノール」と同様の働きを持つ自然成分で、デリケートな目元にも優しい低刺激。

 

・敏感肌の方にもおすすめ

詳しくはコチラをクリック!(公式サイト)

 

 

 

 

顔のたるみ改善におすすめ1位は

ビーグレン QuSomeリフト

 

ビーグレンQuSomeリフトをおすすめしたいのは、化粧品にリフトアップ成分が配合されているからです。

 

リフトアップ成分をたるみの原因に働きかけるので、皮膚のむくみやたるみなど、、、お肌のトラブルの救世主となるでしょう!

 

頬が下がって顔が大きく見える・・・などという、フェイスラインのたるみも解消することができます!

 

何と言っても頼もしいのが、有効成分を角質の奥まで届けるというビーグレンの浸透技術Qusome®

 

 

Qusome®とは、ビーグレン独自の技術で、今までできなかった「たるみ改善の成分」をお肌の奥まで届けられるようにした浸透テクノロジーです!

 

お顔のたるみでお困り・・・という方はぜひビーグレンQusome®リフトを使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

しかも、このビーグレンは効果・効能試験を実施済みです。

ぜひ、あなたのお肌で実感してみてはいかがですか。

 

はじめての方は、トライアルセットから始めることもできるのでおすすめです。

 

>>>トライアルセットを詳しく見るにはこちらをクリック!

 

 

 

 

 

 

アビエルタ ディープモイストクリーム

 

たるみケアにもう一つ、おすすめしたいのがアビエルタ ディープモイストクリームです。

 

リフトアップ効果はビーグレンがイチ推しなのですが、こちらはしわ・たるみへの有効成分として、自然成分(植物から抽出したエキス)を使用しているので、自然派の方におすすめです。

 

 

 

エイジングケア成分として効果が大きく注目されるレチノールと同様の働きをしながら、肌に優しい自然成分のセリ科の植物「クリスマムチマム」を配合しています。

 

シワ、シミに効果が大きいというレチノール

 

ぜひとも使ってみたいけど、刺激の強い成分なので目元に使うのは心配という方が多いので、自然成分で同様の効果が期待できるというのは気になりますね!

 

 

低刺激の目元用クリームなので、敏感肌の方も使えます。

 

特に目元のシワやたるみが気になる人におすすめです。

目元だけでなく、ほうれい線や首元にも使って効果があったとの口コミもありますよ。

 

いつでも休止・解約自由のお得な定期購入もありますので、気になった方は要チェックです!

>>>お得な定期購入を詳しく見るにはこちらをクリック!

 

 

・姿勢の改善

 

すべての基本、姿勢を正しましょう

 

あなたは自分の姿勢が良いと思いますか?悪いと思いますか?

 

人から指摘されたり、ショーウインドウに偶然映った自分を見て気付いた、なんて人もいるかもしれませんが、よくわからない方も多いかもしれません。

 

姿勢の悪さは壁を使って簡単にチェックできます。ぜひやってみて下さい。

 

 

まず、肩の力を抜き、壁にかかとをつけて立ちます。

 

この時、何の違和感もなく①かかと②お尻③肩甲骨④後頭部の4点が壁についていれば合格です。

 

どこかが離れてしまって、全部つけるのが大変なひとは、筋肉が衰えていて普段から猫背になってしまっている可能性が高いです。

 

猫背はその姿勢自体が老けて見えるうえに、顔のたるみまで引き起こしてしまうのです。

 

今すぐ意識して直していきましょう。

 

 

立っている時

丹田(おへその下あたり)に力を入れて肩をやや後ろ側に開くように意識し、あごを引きます。

最初は疲れるかもしれませんが、ぜひ習慣になるまで意識してみて下さい。

 

座っている時

椅子に深く座り、ひざは直角になるように足をおろします。ここでも下腹の筋肉を意識して、前に出ないように注意しましょう。

 

 

猫背は、首から背中にかけてある僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉が弱くなるとなりがちです。

 

 

僧帽筋を鍛える、簡単にできるエクササイズをひとつご紹介します。

1.足を肩幅に開きます。

2・ひじが伸び切った時に左手の甲の上に右手の甲が重なるような角度で、腕を肩よりやや下の高さで前に突き出します。

3・前に出した腕を、肩甲骨を寄せるようにグッと後ろに行けるところまでひじをまげて引きます。

 

 

左手と右手の重なりを交互に変えて、10回ほど繰り返します。

1日に2~3セットできると良いですね。

肩こり解消にも効果があるので、デスクワークの合間などにやってみて下さい。

 

猫背は、良い姿勢を意識し続ける事で、必ず改善していきます。

 

身につけば、あまり意識しなくても楽に良い姿勢を保てるようになるので頑張りましょう。

 

背筋の伸びた良い姿勢はそれだけで若々しい印象を与えますよ!

 

 

 

表情筋トレーニング

 

 

スキンケアでプルプルになった肌をしっかり支える表情筋を鍛えましょう。

 

たるみの原因 ②皮下組織の脂肪 ③顔の筋肉 の対策です。

 

加齢による脂肪の状態の変化(繊維組織の劣化)は避けられないものです。

 

セルフケアで対策するならむくみを取ってあげましょう。

 

まずは塩分を控えた食生活を意識しましょう。

 

そして表情筋のエクササイズをすることで、筋肉を鍛えるのと同時に水分の代謝をスムーズにする事ができます。

 

筋肉は、40歳前後から加齢による衰えが始まります。表情筋が弱り、減少すると、顔の皮膚を支えきれなくなりたるみが現れてきます。

 

ですが、筋肉なので毎日意識して動かすことで鍛えることが可能です。

続けることが重要なので、ポイントは簡単に出来ること。

 

家事をしながら、テレビを見ながら毎日続けられる、

顔のたるみを改善する簡単なストレッチを3つご紹介します。

 

 

※表情筋トレーニングをする前に、ぜひ、頭皮をマッサージしてもみほぐしておくことをおすすめします。

 

髪の毛があるので分けて意識しがちですが、顔の皮膚と頭皮はつながっています

硬くなった頭皮をマッサージしておくと、トレーニングの効果もあがりますよ。

 

やりかたは簡単。

シャンプーする時のように、10本の指を立てて(決して爪は立てない)頭皮全体をもみます。

力を入れすぎず、気持ちいいくらいの加減で行ってくださいね。

 

では、トレーニングに移りましょう。

 

・まぶたや目の下のたるみに

  1. おでこにしわが寄らないよう注意して、目を大きく見開く。
  2. 顔は正面を向いたまま眼球だけ、右→上→左とゆっくり動かす。
  3. 上記を5回繰り返す。

 

 

・頬のたるみに

  1. 口をとがらせて頬を吸い込み5
  2. 頬を膨らませて5
  3. 上記を10回繰り返す。

 

・ほうれい線、マリオネットライン(口角から顎にかけて縦にでる皺)に

 

  1. 頬に空気を入れて膨らませる。
  2. 空気がもれないようしっかりと力を入れて口を閉じて、中の空気を右の頬→鼻の下→左の頬→顎のように一周させる。
  3. 上記を3回繰り返す

 

・顔全体に

 

1・背筋を伸ばし、姿勢を正す。

2・思い切り大きな動きで「あ」「い」「う」「え」「お」の口の形をする。

3・上記を5回繰り返す。

 

声は出しても出さなくても構いません。

 

 

何度も言いますが、毎日続けることが大事です。

 

単純な動きも、続けることで効果が感じられるようになります。

簡単なエクササイズなので、思いついたときにチョコチョコと行うクセをつけると良いですね。

 

 

ちょっとしたコツをひとつ。

表情筋トレーニングは、毎日やる事が大事なので、日常の作業に関連付けると続きやすいです。

 

たとえば

掃除機をかけているときに必ずやる。

お風呂に入っているときに必ずやる。

 

のようにです。

 

そして、なにかをしながらで構わないのですが、動かしている筋肉に「いまここの筋肉を動かしてますよー」と意識を向けると効果も上がりますよ。

 

上で紹介した動き以外でも、気付いたときに目を大きく見開いたり、口角を常に上げるように意識しているだけでも違います。

 

さっそく今日から始めてみてください!

 

 

顔のたるみは自力で改善できる!手軽で効果的な方法【まとめ】

 

鏡を見るたび憂鬱になる顔のたるみ。

 

皮膚と脂肪層と筋肉、3つのたるみがあって、姿勢までもがたるみを加速させているとは意外でしたね。

 

顔のたるみを改善するには、良い姿勢と表情筋を鍛える事とスキンケア

 

地味だけど、毎日の積み重ねがハリのあるふっくらお肌をつくります。

 

同年代なのに若く見える人は、毎日の生活にたるみケアが定着しているのかも?

 

あなたもさっそく今日から始めましょう!

 

関連キーワード
  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事