• スキンケア・基礎化粧品
    1日たった3分で下っ腹が凹む!骨盤ダイエット法3つご紹介!
    2015年1月5日
  • メイクアップ
    男性ウケする最高愛されメイク!ウケる11つ、ウケない6つのポイント
    2015年3月8日
  • スキンケア・基礎化粧品
    朝たった5分でアンチエイジング!グリーンスムージーを摂取しよう!
    2015年1月21日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ダイエット食品や器具に頼らない!確実にしっかり痩せる6つの方法
    2015年1月1日
  • スキンケア・基礎化粧品
    カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
    2014年12月20日
  • スキンケア・基礎化粧品
    どっと疲れた肌が蘇る!たった5分の2つのマッサージ法とポイント
    2015年3月20日
  • 夏の肌 日焼け止め
    うっかり日焼けをシャットアウト!正しい7つの紫外線対策で綺麗な肌に
    2015年2月27日
  • スキンケア・基礎化粧品
    低カロリー自家製ドレッシングレシピ3つをご紹介!美味しくヘルシー!
    2015年1月18日
  • スキンケア・基礎化粧品
    【乾燥肌化粧品ランキング】この化粧品なら、もう乾燥肌で悩まない!
    2016年12月26日
  • スキンケア・基礎化粧品
    10歳も老けさせる?顔のたるみを解消!顔のたるみ原因と3つの解消方法
    2014年12月29日

季節や環境などが原因で、お肌の乾燥にお悩みではありませんか。

ケアを怠ると、シワなどが出来やすくなってしまいます。
乾燥肌を治すため、カサカサお肌の原因を知りスキンケア対策を行うことが大切です。

 

乾燥肌は毎日のスキンケアで対策できる!

乾燥している肌は、肌の水分と油分のバランスが崩れて、
肌を守る機能が減少している状態です。

 

水分の蒸発を食い止めるための皮脂が分泌されずに、
どんどん乾燥が悪化していることも考えられるでしょう。

 

逆に肌を守るための皮脂が分泌され過ぎて、
乾燥が原因の脂性だとは気付かないまま、乾燥が進んでいるかもしれません。

敏感性乾燥肌

今まで使用していた保湿剤が急に沁みるようになった、
赤みやかゆみがでてきたなどという経験はありませんか。

 

それは肌のバリア機能が失われている、敏感性乾燥肌かもしれません。

 

乾燥すると、肌内部の細胞と細胞の間から水分が蒸発してしまいます。
そして表皮が剥がれ、肌がカサカサになるのです。
敏感性乾燥肌は、水分の蒸発によって細胞がしぼんでいる状態となります。

 

肌は常に、乾燥の危機に晒されているといっても過言ではありません。
基礎化粧品などを使った毎日のスキンケア対策で、乾燥から肌を守りましょう。

 

 

スキンケアのポイント

朝晩の洗顔は、保湿効果のある洗顔料を使用しましょう。
ぬるま湯のみでは汚れが落ちきれず、ゴワつきの原因となります。
しっかり泡立てて、泡を肌の上を転がすようにイメージすると、肌への刺激が少なく済みます。
拭き上げはタオルで擦らず、軽く押し当てるようにしましょう。

 

乾燥肌対策には、高い保湿効果がある化粧水を手で付けるのがおすすめです。
手のひらで人肌に温めると、肌に浸透しやすくなります。
馴染ませたら、表面に水分が残らなくなるまでハンドプレスすると良いでしょう。

 

化粧水で潤いを与えたら、油分で蓋をしなければなりません。
乳液やクリームを塗る前に人肌に温めてから、優しく塗ってハンドプレスしましょう。

 

 

NGポイント

クレンジングや洗顔で洗い流す際には、温度に気を付けましょう。
熱過ぎるお湯で洗い流すと、必要な皮脂までも流すことになります。
皮脂は、肌内部の水分の蒸発を防ぎ、

外的刺激から肌を守るなど重要な役割を持っているため、

適度に残しておく必要があるのです。
そのため、人肌程度のぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

 

タオルで拭くときや保湿剤を塗るときに、肌を強く擦らないことも大切です。
皮膚が薄い顔の肌への摩擦は乾燥肌の傷ついた角質を更に傷付けてしまいます。
肌に負担を掛けないように、優しく包み込むように拭いたり、ハンドプレスで浸透させると良いでしょう。
今までのケアでは乾燥肌が改善されなかった方も、スキンケアのポイントを意識すると、解消できるかもしれませんよ。

 

乾燥肌対策できる化粧品の選び方

乾燥肌対策には、保湿成分の配合された化粧品を使うと効果的と言われますが、

種類も効能も様々ありますよね。
では、乾燥肌対策に有効な化粧品を選ぶとき、

どのような成分のものを選ぶと良いのでしょうか。

ヒアルロン酸

1gに2~6ℓもの水分を蓄えられるヒアルロン酸は、

その水分保持能力を生かした保湿効果が期待できます。

 

肌だけではなく、目や膝などの治療薬にも使われており、

潤いを保つためには欠かせない成分。
赤ちゃんの肌がみずみずしいのは、ヒアルロン酸がたくさんあるからなんですね。

 

ヒアルロン酸は、角質層に浸透し、肌表面の潤いを保ったり、

バリア機能のサポートをする働きがあります。
水と良く混ざる性質を持つため、化粧水や美容液で取り込むと浸透しやすく、

乾燥肌対策になります。

 

 

コラーゲン

肌に弾力とハリを与える効果が期待できるコラーゲンは、

ヒアルロン酸同様に大量の保水機能を持ちます。

 

分子を小さくするなどの改良がされていないコラーゲンは、

セラミドのように肌内部に浸透することはできません。

 

そのため、肌表面に留まって水分のバリアを張り、蒸発を防ぐ特性があります。
化粧水やクリームで取り入れると、みずみずしさのある肌を目指せるでしょう。

 

 

ビタミンC誘導体

「ビタミンC誘導体」そのものには、残念ながら保湿効果は認められていません。

 

しかし取り入れることで、体内のコラーゲンを増やすとされています。
コラーゲンが増えると乾燥だけではなくシミやシワたるみを防いだり

改善することができます。

 

毛穴を小さくする効果もあり、アンチエイジングに有効な成分なります。
ビタミンC誘導体を取り入れる際には、

乳液や美容液での保湿を心がけるとより良い乾燥対策ができます。

 

 

セラミド

本来人に備わっている成分であり、

保湿成分の中でも最も水分保持力が高いとされる成分です。

 

肌の保水機能の約80%を占めていて、潤いのある肌に必須な成分といえるでしょう。
細胞と細胞の間を結び、隙間から水分が蒸発するのを防ぐ働きがありますが、

年齢や生活習慣の乱れなどで減少する成分です。

 

乾燥肌でお悩みの方は、セラミドを配合した化粧品を使用すると、

改善が見込めるでしょう。
ライスパワーNo.11やヒト型セラミドが配合された化粧品は、

浸透力が高く、肌本来の保持機能を高める効果が期待できます。

 

 

肌の水分を奪うアルコールや、角質が剥がれた乾燥肌に刺激となる着色料など、

乾燥肌におすすめできない成分もありますので注意しましょう。
化粧品を選ぶ際には効果的な成分や避けるべき成分を見極めて、

保湿効果が期待できるものを選びましょう。

 

乾燥肌対策に!おすすめ化粧品ランキング

1位 米肌

 

〇特徴〇

潤いやバリア機能など肌のクオリティーが下がっているときには、

肌が本来持つ水分保持機能を高めるのがおすすめです。

米肌は高濃度のライスパワーNo.11が配合されており、

セラミドの生産をサポートする効果を期待できるでしょう。
肌本来の機能を高めることで、乾燥しにくい肌に導いてくれます。

カサつく肌にも伸びやすく、浸透しやすいテクスチャーで、しっとりするのにベタつかない、

使い心地の良い使用感が魅力的です。

トライアルセットはこちら↓

2位 アヤナス

 

〇特徴〇

ヒト型セラミドを配合しているアヤナスは、角質細胞間脂質を補い、

肌の水分の蒸発を防ぐ効果を期待できます。
水分保持機能が高く、人の肌に最も多く含まれていて影響を与えやすいとされる

セラミド2を採用しており、浸透力の高さは群を抜いています。
ヴァイタサイクルヴェールが作る保湿膜により、

浸透した保湿成分を密着させて逃がさず、角質層の隅々まで行き渡らせます。
ナノ化されたヒト型セラミドのローションは、

肌に付けた瞬間にスッと滲み渡っていく感覚を味わうことができるでしょう。

トライアルセットはこちら↓

3位 ライースリペア

 

〇特徴〇

肌が失っていく水分を改善する効果が期待できる、ライスパワーNo.11。

これが配合されたライースリペアは、肌本来がもつ保湿力の改善が見込めます。
40代を迎えると大幅に減少するとされるセラミドを、

肌が生み出せるように働きかけてくれるでしょう。
年齢に負けないみずみずしさ、ハリや弾力のある肌へと導きます。
カサついた肌を穏やかにするローションは、とろみがあるのにべたつかず、

メイクのノリが良くなる効果も期待できます。

トライアルセットはこちら↓

4位 エトヴォス

 

〇特徴〇

エトヴォスは人の肌の構造と同じ、ラメラ構造のセラミドを5種類も配合。肌なじみの良さと浸透力が強みです。
セラミドの他、ヒアルロン酸やアミノ酸などの天然成分を多く配合しているため、乾燥肌だけではなく、敏感肌の方にもご使用いただける優しい化粧品となっています。
こっくりとした感触になっていて、砂漠の様な乾燥した肌でも、ハリに満ちた潤い肌を目指せるでしょう。

エトヴォスは人の肌の構造と同じ、ラメラ構造のセラミドを5種類も配合。肌なじみの良さと浸透力が強みです。
セラミドの他、ヒアルロン酸やアミノ酸などの天然成分を多く配合しているため、乾燥肌だけではなく、敏感肌の方にもご使用いただける優しい化粧品となっています。
こっくりとした感触になっていて、砂漠の様な乾燥した肌でも、ハリに満ちた潤い肌を目指せるでしょう。

トライアルセットはこちら↓

5位 ヒフミド

〇特徴〇

ヒト型セラミドを4%配合したヒフミドは、水分保持やバリア機能の強化、シワを減らす効果が期待でき、乾燥肌対策に役立ちます。
ヒアルロン酸の2倍の保水力のあるリピジュアの保湿成分は低刺激ですので、敏感肌の方にもご使用いただけます。
生クリームの様な軽い使用感ですが、乾燥から肌を守る保護力は高いため、一晩中しっとりと潤った肌を維持できます。
トライアルセットはこちら↓

 

 

乾燥肌を体の内側からもケア!おすすめの食べ物は?

乾燥肌は加齢やダイエット、偏食や生活習慣の乱れなどが原因で、

肌のターンオーバーが乱れているのが原因と考えられます。

 

また角質層の水分や天然保湿因子が少なくなることでも皮脂や角質が剥がれるので、

肌がカサついた状態となってしまうのです。

 

乾燥肌対策のためにはターンオーバーを正常に保つこと、

肌の水分量を高めることがポイントとなるでしょう。

 

 

肌も体と同じように、食で摂取した栄養素でできています。
そのため乾燥肌対策には、内側からのケアも重要となるでしょう。

 

 

そこで、以下のような栄養素を積極的に取り入れるのをおすすめします。

★セラミド
★タンパク質
★ビタミン類

これらの栄養素を取り入れると、内側からの乾燥肌対策に有効です。
効果や栄養素が含まれている食べ物についても、みていきましょう。

 

セラミド

セラミドは肌の水分を蒸発させない働きがあるため、

潤いのある肌には重要な成分です。

本来がもつ水分保持機能やバリア機能を高め、

乾燥やシワなどの改善に効果が期待できます。

 

しかし年齢とともに減少する成分でもありますので、

食事で積極的に取り入れると良いでしょう。

 

最も多く含まれる食品はこんにゃくで、

その含有量は米の7倍から16倍ともいわれています。
コーヒーやわかめ、ソバ、黒豆などの黒い色の食品は

含有量が多い傾向にあるとされています。

 

タンパク質

ダイエットしている方が肌の乾燥に悩みやすいのは、

タンパク質不足が原因です。

タンパク質には、天然保湿因子の原料の「アミノ酸」がたくさん含まれています。

 

またコラーゲンのもとになる栄養素でもあるため、

不足すると潤いやハリ、ツヤの無い肌になってしまうでしょう。

 

タンパク質は肉や魚をはじめ、大豆や乳製品など、多くの食品に含まれています。
赤身肉や鶏ささみ、納豆は低カロリーで高タンパクですので、

カロリーが気になる方にもおすすめです。

 

ビタミン類

ビタミンAやB群、EやCなどのビタミン類は、

潤いの満ちた美肌に欠かせません。

 

ターンオーバーを活発にして肌の再生力を高めたり、バリア機能の強化、

肌の新陳代謝を促して老化を防ぐ抗酸化作用など、

多方面から乾燥対策にアプローチしてくれる栄養素です。

 

緑黄色野菜やフルーツ、ナッツ類などに多く含まれていますが、

加熱や酸化によって栄養素が壊される可能性もあります。
成分をきちんと取りいれられる調理法で、乾燥対策に役立てましょう。

 

外出先での乾燥肌トラブル!どう対応する?

乾燥肌の方は保湿ケアをしていても、外出すると皮むけで顔がヒリヒリしたり、

肌が粉吹き状態になりますよね。
室内と外でなぜ肌の状態が変わるのか、どのような対策を行えばよいかを知ることで、

トラブルを回避できるでしょう。

 

外出先での乾燥の原因とは

室内と外出先で肌の状態が違うのは、

気温や湿度の変化が原因の一つといえます。

 

秋から春の初めにかけては特に、気温が低く空気も乾燥しがちです。
湿度が低いと、必然的に肌の水分が蒸発しやすくなります。
外出先が室内の場合でも、エアコンなどの機器によって

乾燥が起こると考えられるでしょう。

 

乾燥肌のトラブルが起こるのは、夏でも同じです。
紫外線が大量に降り注ぐ夏は、肌へのダメージが深刻になる季節です。

また、汗をかくのは肌の水分が蒸発している状態ですので、

肌のバリア機能が低下して乾燥が引き起こされているともいえるのです。
肌は年中どこにいても、乾燥する状態に晒されています。

 

化粧品は肌を保護してくれる

化粧をすると乾燥している肌に負担になるけれど、

外出する時にはしなければいけないと後ろめたい気持ちで

行っている方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、乾燥肌にピッタリのファンデ選びができれば、

外出先でも乾燥知らずの肌になれるかもしれません。
なぜならベースメイクで使用するファンデには、

お肌を守るコーティング効果が期待できるからです。

 

ファンデの効果として、例えば紫外線から肌を守る効果があります。
日焼け止めのようにSPFやPAなどの表記がある下地やファンデを選ぶと

紫外線による肌のダメージを最小限に抑えられます。

 

肌のバリア機能を低下させる紫外線を防ぐことができると、

乾燥肌対策にもなるのです。
保湿成分が含まれているものですと、

乾燥による水分の蒸発を防ぐのにも効果的といえるでしょう。

 

乾燥肌向けや敏感肌向けがありますので、肌の状態に合わせて選ぶと、

ダメージを受けている肌の負担を減らせます。

 

 

外出先で乾燥を感じたら

どんなに完璧にメイクしても、外出先での乾燥が酷ければ、

カサついて粉吹きすることもあります。
見た目に美しくありませんし、そのままにしておくと

皮がめくれる原因にもなるでしょう。

 

そこでおすすめなのが、化粧直しに保湿効果のある

スプレータイプの化粧水を使用することです。
ファンデーションを塗り直す前に、顔全体まんべんなくスプレーしたら、

ハンドプレスで落ち着かせます。

 

余分な水分が残っていればティッシュオフして

、あとはいつものようにファンデーションを塗るだけです。
夏場の化粧崩れにも冬の乾燥対策にも使えますので、

ポーチに携帯しておくと、良いかもしれませんね。

 

 

毎日きちんとケアすることで、乾燥肌を改善することができるかもしれません。
正しい対策を行い、少しずつ美しい肌に近づいていきましょう。

関連キーワード
  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事