• スキンケア・基礎化粧品
    しつこい便秘をスッキリ解消!毎日やろう8つの便秘ケア!
    2015年2月27日
  • スキンケア・基礎化粧品
    その行動ストップ!!脳を老けさせちゃうかも?NG習慣8つ!
    2015年1月14日
  • スキンケア・基礎化粧品
    水の飲み方で綺麗を味方に!5つの水摂取ポイント!キレイな自分に!
    2015年3月23日
  • スキンケア・基礎化粧品
    30代におすすめの毛穴化粧品&毛穴ケアの3つのポイント
    2017年4月11日
  • スキンケア・基礎化粧品
    洗顔と洗顔後のケアを変えて潤う美肌に!佐伯チズ先生式ケア8の方法!
    2015年1月6日
  • スキンケア・基礎化粧品
    20代後半でひとり鍋大好きのイトウが短期ダイエットを成功した理由
    2015年1月4日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ダイエットと美肌を手に入れよう!女性のワガママを叶える9つの食べ物
    2015年3月26日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ほうれい線解消法2つご紹介!ほうれい線ケアでスッキリ若顔に!
    2014年12月29日
  • スキンケア・基礎化粧品
    朝5分で健康アンチエイジング!グリーンスムージー!6つのポイント
    2015年3月3日
  • スキンケア・基礎化粧品
    強運美白で輝く肌を作ろう!絶対やるべき美肌に導く26のケア
    2015年3月8日

 

レチノール配合の化粧品を使ったら赤くなった・ヒリヒリする・カサカサになった・・・などの副作用の噂を聞いたり、ネットで目にしたりする事があります。

 

でも、レチノールの効果は魅力的だし使ってみたい・・・と悩みますよね。

 

この副作用の噂は本当なのか、安心して使える化粧品はあるのか、

 

分かりやすくお伝えしていきます!

 

まずはレチノールとは何なのか、見ていきましょう。

 

 

レチノールとは

 

ビタミン

 

レチノールはビタミンAの一種です。

 

ビタミンAにはレチノール・レチナール・レチノイン酸などがありますが、人間の血液中にあるビタミンAは大半がレチノールなので、ビタミンAと言えばほぼレチノールを指しています。

 

ビタミンAと聞くと、食べ物ではうなぎや緑黄色野菜を思い浮かべる方も多いでしょう。

効能として、大きく次の3つがあげられます。

 

・皮膚や粘膜を強くし、お肌を健やかに保つ

・視力や視機能を改善する

・免疫力を高める

 

食べ物やサプリメントから体内に取り込むことでこのような効果が期待できます。

 

そして化粧品に配合することで、最初の「皮膚や粘膜を強くし、お肌を健やかに保つ」という効果がさらに期待できるのです。

 

 

レチノールの肌への効果は?

 

 

レチノールの効果として大きく次の2点があげられます。

 

 

ターンオーバーの促進

 

健康な肌は約1か月(28)で古い角質がはがれ落ち、新しい角質へとうまれかわります。

 

これが肌のターンオーバーですが、ターンオーバーは様々な原因で遅れがちです。

 

中でも加齢はターンオーバーの周期を乱す大きな原因。

 

周期が乱れ、古い角質が溜まると、シミやくすみなどのトラブルがおきやすくなります。

 

レチノールは古い角質を取り除いて、ターンオーバーを促進する効果が高いと言われています。

 

正常なターンオーバーが行われるようになったお肌は、シミやくすみ、ニキビ跡などが目立たなくなっていきます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸の生成の促進

 

赤ちゃんや子供の肌がプルプルと弾力があるのは、コラーゲンヒアルロン酸を生成する力が強く、たっぷりと含んでいるからです。

 

しかし年齢を重ねるごとにその力は衰え、シワやたるみ、毛穴の開きとなってお肌に現れてきます。

 

レチノールでコラーゲンなど美容成分の生成を助けてあげることで、肌にハリを取り戻すことができます。

 

 

レチノール配合の化粧品で具体的に改善が期待できるのは

 

・シミ

・シワ

・ニキビ跡

・たるみ

・ほうれい線

・毛穴の開き

・クマ、くすみ

 

など、加齢による悩みが多く、エイジングケアに最適と言えます。

 

 

レチノール、とても魅力的な成分ですよね。

ぜひとも使ってみたいけど・・・気になるのは副作用の事です。

 

レチノール配合の化粧品に本当に副作用はあるのか、よく耳にするあの噂は本当なのか、見ていきましょう。

 

 

レチノールの副作用?あの噂の真実は。

 

レチノールに改善効果が期待できるお肌の悩みはたくさんあって、素晴らしい成分に思えますよね。

 

でも、効果がたくさん期待できる半面、副作用もあります。

 

レチノールを配合した化粧品を使用した事で起きた副作用の噂としてよく耳にするのが

 

・赤くなった

・かゆくなった

・肌がカサカサになった

・シミができた

・皮膚が薄くなった

・奇形児が生まれる

 

などなど。

これらは本当なのでしょうか?

 

ざっくり言ってしまうと、上の3つは、本当です。

下の3つは本当ではありません

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

まず、うえの3

・赤くなった

・かゆくなった

・肌がカサカサになった

 

これは「レチノイド反応」と言われるものです。

 

ビタミンAによる好転反応のようなもので、肌が慣れてくるとこの反応は消えると言われています。

しかし、レチノイドの「古い角質を取り、ターンオーバーを促す」効果は高く、通常よりも肌が敏感になっている事も考えられます。

 

すべての人に起こるわけではありませんが、レチノール自体そもそも刺激の強い成分なので注意が必要です。

 

このような症状が出ても、2~3週間で落ち着く場合も多いようなので、それほど気にならない程度なら様子を見ながら使ってみるのも良いでしょう。

 

 

そして下の3つはそれぞれ見ていきます。

 

・シミができた

 

レチノールそのものにシミになる原因があるかと言うと、答えは「NO」です。

 

レチノールには抗酸化力があるので、シミの原因の活性酸素を取り除くという効果まであります。

 

しかし間接的な原因は考えられるので、そこから出た話と思われます。

 

レチノールの化粧品を使用する時の注意として、よく「なるべく紫外線に当たらない」「日焼け止めを併用する」などと聞きます。

 

レチノールの効能の一つ、古い角質を取るという事から、肌がピーリングをしたような敏感な状態になっていて、肌の内部まで直接紫外線が影響してしまい、すぐにシミができる・・・というイメージでしょうか。

 

そのとおりではありますが、化粧品に配合されるレチノールは美容医療などで使われるレチナールやレチノイン酸よりも効果は穏やかで、ピーリングをしたような丸裸の状態になるわけではありません。

 

とは言え、紫外線ケアを怠ってはシミができてしまうのは当たり前の事なので、しっかりとUV対策をする事が大切です。

 

 

・皮膚が薄くなった

 

こちらも上で説明したように、古い角質を取る、という効果からそのように思われがちです。

 

確かに医療現場で治療に使われるレチノイン酸は角質を取りターンオーバーを促進させる効果が非常に強く、一時的に皮膚を薄くしてしまう事実はあります。

 

しかし化粧品に配合させるレチノールにそこまでの作用はありません。

 

 

・奇形児が生まれる。

 

これは妊娠中にビタミンAを過剰摂取すると奇形児の出生リスクが高まるという事からうまれた誤解だと思われます。

 

妊娠中(特に妊娠初期)にビタミンAを過剰摂取すると胎児に影響を与えるという事は分かっていますが、過剰摂取とは1日に5000IUで、通常の食事では5000IUを超えることはまずないといいます。

 

ですので、サプリメントなどでの過剰摂取に気をつけましょう、という事です。

 

直接体内に取り込まれる食べ物からですら過剰摂取にはなりにくいのですから、ましてや化粧品に含まれるレチノールが赤ちゃんに影響を与えるという事は考えにくいのです。

 

ただし、奇形児とは関係ありませんが、妊娠中は肌が敏感になっている事が多いので、そういう意味では使用には注意が必要です。

 

 

 

レチノールの副作用の本当のトコロ、おわかりいただけましたか?

 

レチノール配合の化粧品を使っても、副作用が出る人と出ない人がいます。

 

次にこの「レチノイド反応」はどのような人にでやすいのか、お話します。

 

 

レチノールで副作用が出やすいのはこんな人

 

先にも書いたように、レチノールはもともと刺激の強い成分です。

 

中でも特に刺激の強いレチノイン酸は、医療機関における治療でしか使用が認められていません。

 

化粧品に配合されているレチノールは刺激が押さえられているので、副作用も出にくくなっていますが、それでも副作用を感じる人は少なくありません。

 

レチノールで副作用が出やすいのは次のような人です。

 

・敏感肌の人

・乾燥肌の人

・妊娠中の人

 

どれもお肌が刺激を受けやすくなっている状態ですので、使用には特に注意が必要です。

 

また、上記に当てはまらなくても、生理前や生理中・日焼け後や寝不足の時など、普段の生活の中でお肌の調子が悪い時があると思います。

 

お肌の調子がよくない時は使用を控える、いったん中止するなど、上手に付き合っていく事で副作用がひどくなるのを避けることができます。

 

では、実際に使うときの注意点をお伝えします。

 

 

レチノール配合の化粧品を使用するときの注意点

 

化粧品に配合されるレチノールは不安定な性質を誘導体化することで安定させたパルミチン酸レチノール酢酸レチノールなどが多く、副作用も軽減されています。

 

しかしやはり刺激は強いものなので、特に敏感肌の方は注意する必要があります。

使用前に必ずパッチテストをする

いきなり顔に使用せず、二の腕の内側など目立ちにくい場所に塗って24時間置きます。

反応がなければ顔に使用しても問題ないでしょう。

少し赤くなった、などの場合も繰り返すうちに反応が出なくなることも多いので、自分の肌の状態をよく見ながら少しづつ試していくようにしてみて下さい。

 

紫外線対策を万全にする

先にも書いたように、レチノールには肌のターンオーバーを促す働きがあります。

生まれ変わったばかりの肌は刺激に弱く、紫外線にさらされると色素沈着を起こすリスクが高まってしまいます。

レチノール配合の化粧品を使用している時は、いつも以上にUVケアに気を使い、しっかりと対策をして下さい。

 

 

 

レチノールの副作用の噂は本当? 魅力的な効果と使用の注意点【まとめ】

 

いかがだったでしょうか。

 

レチノールの効果と副作用についてお話してきました。

 

副作用という言葉は怖い印象があるので、話が大げさになって広まってしまった噂もありますが、基本的に個人が自由に購入できる化粧品に配合されているレチノールはそこまで強力な作用を持つものではありません。

 

ですがレチノールは刺激が強い成分だということは事実です。自分の肌と相談しながら、慎重に使っていく必要があります。

 

レチノールに期待できる効果は多く、魅力的です。

 

使ってみたいけど、副作用がどうしても気になるという方

または上に書いた「レチノールで副作用が出やすいのはこんな人」に当てはまる方は、レチノールと同じような効果が期待できる自然成分を配合した化粧品もあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

 

関連キーワード
  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事