20代なのに顔にシミが!できたての今こそシミ消し対策を

20代なのに顔にシミが!できたての今こそシミ消し対策を

何もしなくても肌がきれいだから♪とUVケアやスキンケアを怠っていると、20代なのにシミができてしまった!と泣くことに()

サボっていたツケは、必ず出るのです!

早ければ、20代前半でもシミに悩まされる方も。

このまま30代、40代になっていくと・・・。

シミができたての今のうちに、徹底的にシミ対策を取りましょう。

あまりお金をかけずに自分でできるシミ消し方法、皮膚科での治療方法と、今後シミを作らない方法をお伝えします。

 

20代で顔にシミができてしまうのはなぜ?原因を知ろう

 

shutterstock_407085337-2

 

まだ20代なのにシミができてしまった原因・・・

それは紫外線です!

 

日焼け止めクリームや帽子などでUVケアをせずに、スポーツをしたり、レジャーに出かけていませんか?

それでも10代のころは、外で部活をしようが、1日中外で遊ぼうが、夏に日焼けするくらいで、冬になれば白く戻るのでOKだったかもしれません。

そのとき紫外線を浴び続けた影響が、今になって出てきてしまったのですよ!

 

シミとは、紫外線を浴びることによって、紫外線の害から肌自らを守ろうとメラニン色素を作り出し、それがターンオーバーではがれおちず、肌表面に残ってしまったものです。

 

20代で顔にシミができてしまうのはこんな人

 

・色白の人

紫外線に当たると赤く炎症を起こして黒くなりにくい人や、色白の人は、もともとのメラニン色素が少ないので、紫外線によるダメージ(光老化)が起こりやすく、シミができやすいです。

 

・乾燥肌や敏感肌の人

肌表面の角層がすき間だらけで、紫外線の影響を受けやすく、早くからシミができやすいです。

 

・スキンケアが面倒!という人

肌がきれいだから何もしなくてもOK!とスキンケアに無頓着な人も、角層にすき間ができがちで、紫外線に無防備な状態です。

 

・ニキビ肌の人

炎症を起こしたり、つぶしてしまったニキビの跡も、メラニン色素が過剰に出て「炎症性色素沈着」といったタイプのシミになることがあります。

 

・ソバカスがある人

遺伝的に小さいころからソバカスがある人は、紫外線の影響で、20代で濃くなることがあります。

 

・女性ホルモンのアンバランスが気になる人

女性ホルモンの一種、黄体ホルモンの影響で、20代でも「肝斑」というタイプのシミができる人がいます。

もやもやっとした薄い茶色もしくは灰色のシミが、ほおに左右対称に広がるのが特徴です。

妊娠した人や、ピルを服用している人は要注意です。

 

まだ若いし♪と思っていても、こんなにシミリスクが多いのです!

・・・・・・・・・・・・・・・

シミを見つけたら、すぐにケアを開始!

シミを消すには、こんな方法があります。

 

20代で顔にできてしまったシミを、簡単に消す方法

 

できたての今のうちに、徹底的にシミをやっつけましょう!

シミが濃くなる前に対処すれば、比較的楽に消すことができますよ。

 

シミを消すには・・・

 

【シミを防ぐ】ではなく、【シミを消す】美白化粧品でスキンケアすること!

ひとくちに「美白化粧品」「ホワイトニング化粧品」といっても、【できたシミに効く】ものと【シミを作らせない】ものがあるって知っていますか?

 

できたシミに効く、シミを消す効果があるのは、

ハイドロキノン→メラニン色素を漂白する

 

シミを作っている“メラニン”を薄くする=シミを消す効果のあるのは、

ビタミンCとハイドロキノンなんです!

できてしまったシミを確実に消したいのであれば、

ビタミンCもしくはハイドロキノンどちらかの美白成分が入った美白化粧品を使ってください!

 

これらの成分が入っている化粧品を選ぶのが、できてしまったシミを消すポイントなのです!

 

20代におすすめシミ消し化粧品比較表

シミ消し化粧品 おすすめ 肌質 美白成分 詳細
ビーグレン

敏感肌

乾燥肌

ハイドロキノン 詳細はコチラをクリック
(新商品にリンクします)

 

 20代におすすめシミ消し化粧品

★20歳のシミ消しにおすすめ・ハイドロキノン配合化粧品 ★

ビーグレン 美白ケア

 ビーグレン ホワイトケア 新

美白成分:ハイドロキノン、ピュアビタミンC(独自)

おすすめポイント:

ハイドロキノンは、美容皮膚科でもシミ消しで使われている、効果の確かな美白成分です。

ハイドロキノンは肌の奥に届きにくい成分ですが、ビーグレンの浸透テクノロジー「QuSome®」を使うことで、肌の奥まで届くようにし、刺激をやわらげることに成功しています。

ハイドロキノンは、シミを消す成分なので、その他の化粧品でシミが消えない人でも、おすすめです。

ビーグレンの詳細はこちらをクリック

 

20代で顔にできてしまったシミを皮膚科で消す方法

 

shutterstock_168624485-2

 

皮膚科、美容皮膚科で、シミ消し治療を受けることができます。

健康保険適用になる治療と、保険適用外のものがあります。

 

体の中からシミに働きかけるビタミン剤や、肝斑治療のためのトラネキサム酸(トランサミン)などの内服薬と、一部のレーザー治療は健康保険が適用されます。

 

シミ消し効果の高いハイドロキノンやトレチノインといった塗り薬と、ターンオーバーを促して、ターンオーバーを促してシミをはがれ落ちやすくするケミカルピーリング、多くのレーザー治療は、保険適用外になります。

 

お金をかけられないのでエステは行けない!という方も、保険適用になるものなら、ひと月数千円程度でシミ消し治療を受けることができますし。

お近くの信頼できる皮膚科に、どんなシミ消し治療を受けられるのか、料金は具体的にいくらかかるのか、確認してみましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

できてしまったシミを消すのは、もちろん急務ですが、これからシミを作らせないようにすることも、とっても大切ですよ!

今日からできる、シミ予防対策方法を教えます。

 

20代でも!顔のシミを防ぐ方法

 

・紫外線に当たらない

 

shutterstock_211854613

 

ほんのちょっとコンビニに、10分くらい洗濯を干す、その程度でも紫外線対策は必須です!

日中は、晴れていても曇っていても、雨が降っていても日焼け止めを塗りましょう。

短時間ならSPF2030PA++~+++くらいのもので大丈夫です。

屋外でスポーツやレジャーをするときは、SPFPAが高数値のものを使い、帽子、手袋、日傘も併用しましょう。

 

・美白化粧品

 

column13_1

 

【シミを作らせない】タイプの美白化粧品を日常的に使用して、シミを予防していきましょう。

アルブチンなど、メラニン色素の生成を抑制する効果の高い成分が入ったものを選ぶのがポイントですよ。

皮膚科でも使われているハイドロキノン配合シミ消し化粧品・ビーグレン

詳しくはコチラ>>

 

20代で顔にシミ まとめ

 

うっすらしたシミでも、目が行ってしまうもの。

シミがあるだけで、見た目年齢が大幅アップしてしまいます。

かわいいファッションも「若作り」に見えてしまう可能性も()

20代でもシミリスクはいっぱい!油断できないのです。

できたてのシミなら、早めに手を打てば消すことができますよ!

 

Copyright© 2018 20代なのに顔にシミが!できたての今こそシミ消し対策を. All rights reserved.