• スキンケア・基礎化粧品
    プチプラでも抜群効果発揮!優秀美白コスメ5つをご紹介!
    2015年1月30日
  • スキンケア・基礎化粧品
    蒸しタオルが美人と健康を作る!素晴らしい蒸しタオルケア14の効果!
    2015年2月27日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ほうれい線解消法2つご紹介!ほうれい線ケアでスッキリ若顔に!
    2014年12月29日
  • スキンケア・基礎化粧品
    1日たった3分で痩せやすい体質に!骨盤スクワットで1か月3kg!
    2014年12月31日
  • メイクアップ
    老け顔のもと!目の下たるみを撃退!愛らしいパッチリ目元作り!
    2014年12月29日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ダイエット食品や器具に頼らない!確実にしっかり痩せる6つの方法
    2015年1月1日
  • スキンケア・基礎化粧品
    【顔の毛穴】最短ケアで肌ツルツル!簡単スキンケア法とは?
    2015年3月18日
  • スキンケア・基礎化粧品
    最強の5つのダイエット方法で、スリムなボディに!
    2014年12月31日
  • スキンケア・基礎化粧品
    肌がワントーン明るくなる!肌を綺麗にする5つの洗顔方法!
    2015年2月4日
  • スキンケア・基礎化粧品
    自宅トレーニングで腹筋が割れる!キツイ筋トレ法4つご紹介
    2015年1月1日

朝、駅まで歩くとすでに顔がテカテカ・・・

 

顔のあぶらが酷くて、化粧がすぐに崩れてしまう・・・

 

顔の皮脂を長時間抑える方法が知りたい!

 

 

 

きっと多くの人が感じた事のある顔のテカリ。過剰に分泌した皮脂のせいです。

皮脂が多いと単に見た目が気になるのはもちろん、ベタベタして不快!

ニキビなど、様々な肌トラブルの原因にもなります。

 

皮脂は、取っても取っても分泌されます。過剰に分泌されてしまう原因を知り、根本的に改善しなければいつまでたってもあなたの顔はテカったまま・・・

 

 

まずは皮脂が過剰に分泌される原因を探っていきましょう。

 

 

顔の皮脂を抑えるためにまずは知りたい 皮脂の過剰分泌の原因は?

  

皮脂が過剰分泌される原因は様々ですが、大きく

 

・生活習慣によるもの

・体質によるもの

 

2つに分けられます。

それぞれ見ていきましょう。

 

 

生活習慣によるもの

 

普段の生活の中に、皮脂を過剰に分泌する原因になるものがあります。

 

 

・食生活

食べ物の好みで、皮脂量が増えてしまう人もいます。

甘いものや脂っこいものが好きではありませんか?これらは皮脂の主成分である中性脂肪を多く含むので、取り過ぎに注意しましょう。

そして、ビタミンB群には皮脂量をコントロールしてくれる働きがあります。

ビタミンB群を多く含む食べ物を積極的に取るようにしたり、サプリメントで補うのも良いでしょう。

 

また、アルコールも皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を活発にします。体内で分解する際にビタミンB群も消費してしまうので、飲酒はほどほどに。

 

 

・睡眠

よく眠れなかった日の朝、いつもより顔がベタベタしているように感じた事がある方も多いのではないでしょうか。

 

皮脂の分泌には、男性ホルモンが大きく関わっています。

 

男性ホルモンは交感神経が優位になると増えるので、睡眠不足で自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になると皮脂の分泌も増えてしまうのです。

 

 

・ストレス

体はストレスを受けると抗ストレスホルモン「コルチゾール」を分泌します。

 

コルチゾールには男性ホルモンを増やす働きがあるので、皮脂量も増えてしまいます。

 

 

 

 

・体質によるもの

生活習慣に気をつけても、さほど効果が現れないという方もいると思います。

規則正しい生活をしていてもいつも顔がテカっている、もともと脂性で繰り返しニキビができる・・・このような、体質的な原因もあります。

 

 

 

・ホルモンの影響

先にあったように、皮脂の分泌には男性ホルモンが大きく関わっています。

 

男性ホルモンの1種であるテストステロンは皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を促す役割を担っています。

 

一般的に女性より男性に脂性肌が多いのはこのためなのですね。

 

このテストステロンは、思春期に分泌が多くなるので、ニキビに悩む若者もたくさんいますね。

 

男性ホルモンの1種ですが、女性にも分泌されます。男性よりは少ないですが、人によって多く分泌する体質の女性もいます。

 

さらに女性ホルモンのプロゲステロンにも、皮脂の分泌を促す働きがあります。

 

プロゲステロンは月経前に多くなるので、生理前にニキビができやすいという方も多いようです。

 

 

 

・乾燥

顔がべたつくのだから、乾燥はしていないでしょ?と思う方もいるかもしれません。

 

ですが、皮脂の過剰な分泌の原因でとても多いのがこの乾燥なのです。

 

皮膚は乾燥すると、少なくなった皮膚内部の水分を守ろうとしてさらに皮脂を分泌します。

 

肌の表面はあぶらでテカテカしているのに、内部では乾燥している状態になります。

 

この状態のお肌が「インナードライ」です。

 

肌表面はベタつくので皮脂を取ろうと過剰にケアするあまり、さらに乾燥を招いて皮脂が分泌されている状態の人が多くいらっしゃいます。

 

 

 

過剰に分泌された皮脂が招くトラブルとは

 

必要以上に皮脂が分泌されると、見た目が悪いだけではなく、様々な皮脂トラブルの原因になってしまいます。

 

どのようなトラブルがあるか見てみましょう。

 

 

 

顔が臭う

 

皮膚には健康な肌を維持するために常在菌がいます。

 

この常在菌は、肌を弱酸性に保って肌を雑菌から守る働きのある無害な菌ですが、弱酸性に保つために皮脂を分解する際、脂肪酸も発生させてしまいます。

 

脂肪酸に含まれる、強い臭いを持つノネナールという成分のせいで臭く感じるのです。

 

このノネナールは、加齢臭のひとつと言われています。

 

若い人のほうが皮脂はたくさん分泌されていそうだけど、加齢臭はしないじゃない?と思われるかもしれません。

 

若い人の皮脂には抗酸化物質が多く含まれているので酸化を防ぐことができ、臭いにくいのです。

 

 

 

黒ずみ

 

皮脂が毛穴で汚れと混ざり、詰まって角栓となります。

 

角栓の表面が酸素に触れ、酸化すると黒くなります。

 

酸化した皮脂の汚れがぽつぽつと目立って、いわゆるイチゴ鼻といわれる状態になります。

 

毛穴の中にどんどん汚れが詰まり、溜まっていくと毛穴自体が大きくなり、さらに黒ずみが目立つようになります。

 

 

 

ニキビ

 

上で書いた、毛穴の中に溜まった汚れにアクネ菌が繁殖すると炎症を起こしてニキビになります。

 

アクネ菌は悪い菌というわけではなく健康な肌にもいる常在菌ですが、脂肪分を好み酸素を嫌うという性質から毛穴の中に入りやすく、溜まった皮脂の中で大量に繁殖してしまいます。

 

詰まった皮脂汚れは洗顔などでは落ちにくいので、炎症を引き起こしてしまうのです。

 

 

くすみ

 

朝は明るかった肌色も、夕方になると暗く、くすんで見えることはありませんか?

 

顔の表面の皮脂が酸化して黒っぽく見えているのです。

 

そして酸化した皮脂は肌にダメージを与える過酸化脂質となり、活性酸素を発生させます。

 

体は肌を守ろうと反応してメラニンの働きが活発になり、慢性的なくすみへとつながってしまいます。

 

 

 

顔の皮脂を抑えるための間違った対処法とは。せっせと皮脂を取ることで、さらに皮脂が増加する?

 

クレンジング

 

過剰に分泌された皮脂、あなたはどう対処していますか?

 

皮脂を抑えるために多くの人がとる方法は「洗う」か「あぶらとり紙で抑える」ではないでしょうか。

 

でもこれ、実は余計に皮脂を分泌させる原因になる事もあるのです。

 

皮膚は、刺激を受けたり乾燥したりすると、ますます皮脂を出そうとします。

 

皮脂を取ろうと過剰に洗顔する、あぶらとり紙を頻繁に使う→肌を守るためにたくさん皮脂を出す、という悪循環が生まれてしまいます。

 

けっこうしっかり洗う方かも・・・と思った方は、刺激の少ない洗顔方法に変えてみて下さい。

 

 

・洗う回数は1日2回

 

洗顔料を使って洗顔するのは朝と夜の2回で十分。洗いすぎは必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥を招きます。

 

汗をかいて気持ち悪い、などの時は水だけで洗うようにしましょう。

 

 

・洗う水の温度は30℃~35℃

 

冷たすぎる水では汚れが落ちにくいですが、熱いお湯も皮脂を落としすぎてしまいます。

 

触ったとき少しヒヤッとする程度のぬるま湯で洗いましょう。

 

 

・洗顔料は刺激の少ないものを

 

洗浄力の高い洗顔料は肌への刺激も強いので、できるだけ低刺激のものを選ぶようにしましょう。

 

特にメイクを落とすクレンジング剤は刺激の強いものが多いので、最初からメイクを軽く落ちやすいものにして、石鹸だけで済むようにするのもおすすめです。

 

 

 

日中、顔の皮脂が気になる時はあぶらとり紙よりティッシュペーパーがおすすめです。

 

あぶらとり紙は小さいので、ずらしているつもりで何度も同じところを押さえてしまったりしがちです。

 

もともと皮脂を吸着する力が強いので、何度も押さえると皮脂を取り過ぎてしまいます。

 

上を向き、ティッシュペーパーを1枚顔に乗せて両手で包み込むように優しく1度だけ押さえてください。

 

 

皮脂の取り過ぎが乾燥を招き、乾燥がまた余分な皮脂を招いてしまう事がおわかりいただけましたか?

 

余分な皮脂の対処法をお伝えしましたが、出てきた皮脂を取るだけでは根本的な解決にはなりません

 

つぎに、皮脂を過剰に分泌させない為に必要なことを見ていきましょう

 

 

 

過剰な顔の皮脂を抑えるためにまずは乾燥対策を

 

 

  

肌の水分を守り、みずみずしく保つために重要な成分がセラミドです。

 

セラミドは皮膚の一番外側である表皮の角質層にあります。細胞と細胞の間にある細胞間脂質のひとつです。

 

細胞間脂質の約半分を占める成分がセラミドで、17まで7種類存在しています。

 

細胞間脂質には、肌の水分を蓄え、細胞の間のすき間を埋めて外部の刺激から肌を守る役割があります。

 

しかし加齢や乱れた生活習慣などでセラミドが減少すると細胞間に隙間が生まれ、そこから肌の水分がどんどん蒸発して乾燥してしまうのです。

 

このところ、乾燥対策にセラミドを配合した化粧品が人気です。

 

セラミド自体高い保湿効果があるので肌表面に塗っても保湿効果は期待できますが、肌の内部、細胞間にまで浸透させるのは難しく、また7種類あるセラミドの全種類を配合しているわけではありません。

 

セラミドは外から補給しようとするよりも、内部で作り出し、増やした方が当然保湿効果は高いです。

 

なので、肌自身がセラミドを作り出すことを助ける働きをする成分があればベストですよね。

 

そんな素晴らしい成分が、ライスパワーNo.11です!!

 

近頃、この成分が配合された化粧品も多いので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

 

現在、ライスパワーNo.11は医薬部外品の効果で「皮膚水分保持機能改善の機能」を厚生労働省に認められている唯一の保湿成分です。

 

与えるのではなく、作り出す

 

乾燥肌の改善がかなり期待できますね。

 

 

 

もうテカらない!顔の皮脂を抑えるおすすめ化粧品

 

 

お肌の水分保持機能を改善するライスパワーNo.11のお話をしましたが…

 

最近、ライスパワーNo.6が医薬部外品として「皮脂分泌の抑制」の効果を認められました!

 

ライスパワー No.6は、皮脂腺に直接働きかけて、脂質の分泌量を適切に調整して皮脂を抑える効果があるのです。

 

いままでの過剰な皮脂対策はというと、多すぎる皮脂を洗ったり、ふき取ったり、吸収するなど、皮脂が作られすぎた後のケアでした。

 

やりすぎてかえって症状が悪化することもあるし、一時的には皮脂を抑えることはできますが、そもそも根本的な解決にはなりません。

 

しかしライスパワーNo.6は皮脂腺にダイレクトに働きかけて、過剰な皮脂そのものを抑えるので、肌自体の根本的な改善が期待できるのです。

 

今までの皮脂対策用化粧品とはアプローチの仕方が全く違うので、あれこれいろんな商品を使ってみたけどまだ効果を実感したものはひとつもないなんて方にもおすすめなのです。

 

 

 

よく、皮脂を抑える化粧品は肌が乾燥するという話を聞きます。

 

今ある皮脂対策用の化粧品はすでに分泌された皮脂を取るものがほとんどなので、当然、取りすぎると肌は乾燥します。

 

同じ顔の中でもおでこや鼻のTゾーンと目や口のまわりでは毛穴の数に差がありますし、分泌される皮脂量もかなり違ってきます。使い方が難しいのです。

 

 

ライスパワーNo.6は過剰な皮脂のみを抑えるので、使用することで肌が乾燥することはありません

 

Tゾーンだけが脂っぽいなどという混合肌の人も安心して使えますね。

 

顔の皮脂を抑えてすべすべ素肌になるためには

 

体が余計な皮脂を作ろうとしないために皮膚にたっぷりと水分を貯えてもらい(ライスパワーNo.11)、皮脂を作り出す皮脂腺に直に働きかけて分泌を抑制(ライスパワーNo.6)すれば、もう怖いものなしです!

 

ライスパワーをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ

>>ライースリペア|ライスパワー®No.11の効果は?

>>ライスパワーNO.6がもつ皮脂抑制の新効果。その実力!

 

顔の過剰な皮脂分泌を抑えるおすすめ化粧品

  医薬部外品として認められた効果 お肌への効果
ライスパワーNo.6  皮脂分泌の抑制(余分な皮脂を抑える)

テカリ予防

 

ニキビ予防

 

皮脂の酸化による臭いの減少

 

毛穴の汚れ・黒ずみの減少

 

など

ライースクリアセラムNo.6

 

 

トライアルキット【約10日分】

美容液 10ml

1,000円(送料無料)

ライスパワーNo.11 皮膚水分保持機能改善(肌をみずみずしく保つ)

乾燥肌の改善

 

肌の水分量の増加

 

肌のバリア機能の向上

 

乾燥によるシミやシワの改善

 

など

ライースリペア

 

 

トライアルキット【約10日分】

ローション 20ml

エッセンス 8ml

クリーム 5g

1,750円(送料無料)

 

 

 

 一緒に使えば顔の皮脂を抑える効果も倍増です。

 

それぞれ、お得に試せるトライアルキットがあるので、気になった方はまずは試してみてはいかがでしょうか。

 

 

これが運命の出会いになるかもしれませんよ!

 

 

【まとめ】

 

皮脂は、様々な肌トラブルの原因となりうるので悪者と思われがちですが、実際の役割は「お肌を守ること」です。

 

大切なのは、ただただ皮脂を抑えるのではなく、適度な皮脂の量をコントロールすること。

 

「皮脂が過剰に分泌される」という根本的な問題を取り除き、肌そのものを改善することで、繰り返すトラブルから解放されるのです。

 

今回初めて皮脂分泌の抑制効果が正式に認められたライスパワーNo.6。これまで様々な皮脂対策用の化粧品を使ってもいまいちだった、という方の救世主になるかもしれませんね!

 

さらに、洗顔方法に気を付けたり、生活習慣を見直してみることも大切です。

 

ぜひ、正しい皮脂対策で、テカらないお肌を手に入れてくださいね。

 

 

 

関連キーワード
  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事