• スキンケア・基礎化粧品
    シミ消し医薬品ランキング|医薬品と美白化粧品でWの効果
    2017年4月6日
  • スキンケア・基礎化粧品
    厄介なほうれい線を目立たなくさせる8つのケア!老け顔を解消しよう!
    2015年1月27日
  • スキンケア・基礎化粧品
    肌がワントーン明るくなる!肌を綺麗にする5つの洗顔方法!
    2015年2月4日
  • スキンケア・基礎化粧品
    たった2ヶ月で15kgダイエット?その方法とポイント5つに注目!
    2015年1月13日
  • スキンケア・基礎化粧品
    【顔の毛穴】最短ケアで肌ツルツル!簡単スキンケア法とは?
    2015年3月18日
  • スキンケア・基礎化粧品
    10歳も老けさせる?顔のたるみを解消!顔のたるみ原因と3つの解消方法
    2014年12月29日
  • スキンケア・基礎化粧品
    その行動ストップ!!脳を老けさせちゃうかも?NG習慣8つ!
    2015年1月14日
  • ヘアケア
    シャンプーが出来ない!そんな時でも綺麗な髪をキープする5つのコツ
    2015年3月27日
  • スキンケア・基礎化粧品
    1日たった3分で痩せやすい体質に!骨盤スクワットで1か月3kg!
    2014年12月31日
  • スキンケア・基礎化粧品
    朝5分で健康アンチエイジング!グリーンスムージー!6つのポイント
    2015年3月3日

「30代後半なのに目の下に細かいシミが・・・」

 

「30代半ばから顔のところどころにシミが浮かび上がって・・・」

 

「顔のシミや目尻のシワがとても気になって・・・」

 

 

顔のシミ。鏡を見て愕然とした事はありませんか?

若い頃はキレイだったお肌も、30歳を過ぎる頃から急にトラブルが増えてきます。

特にシミは一度気になりだすと、鏡を見るたびに増えているように感じてしまいますね。

これ以上増やさないのはもちろん、できてしまったシミも目立たなくしたい!

そんなあなたにお伝えしたい、顔のシミを改善する方法! 

顔のシミを改善する方法は色々あるのですが、30代で現れるシミなら、まだ消える可能性はあります!

 

 

 

シミを消すためには、なぜシミが出来るのか?

を知る必要があります!

 

はじめに、シミが出来るメカニズムをご説明します。

 

30代で顔にシミが出来る原因とは?【シミのメカニズム】

30代で顔にシミが出来てしまう原因とは・・・

紫外線がほとんどです!

人間の体は紫外線を浴びると刺激を感知し、肌の内部を守ろうとします。

 

そのとき表皮細胞からは「エンドリセン」という情報伝達物質が分泌され、シミのもとを作る細胞「メラノサイト」に「メラニンを作れ」と指令を出します。

 

メラノサイトでは「チロシン」というアミノ酸が生まれ、チロシンに酸化酵素「チロシナーゼ」が働きかけると、メラニン色素へと変化します。

 

本来なら肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)とともにメラニンは排出されていきますが、なんらかの原因でメラニンが過剰につくられ続けたり、ターンオーバーがうまくいかないと肌にメラニン色素が蓄積し、シミになってしまうのです。

 

30代以降にシミが増えやすいのは、ストレスや乾燥などの刺激によってメラニンの生成が過剰になる事や、加齢によってターンオーバーのサイクルが乱れてくる事などが主な原因と考えられています。

 

30代で顔にシミが出来た人の理由を調べました!

  • 乾燥肌、敏感肌の人

肌表面の各層に隙間があり、紫外線を受けるとダメージを受けやすいため、普通肌の人よりもシミになりやすいといわれています。

 

  • 色白

肌が白い人は、メラニン色素が少ないため、紫外線を受けると肌にダメージを受けやすく、シミになりやすいです。

 

  • スキンケアが苦手、あまりしない人

スキンケアをあまりしないと、肌の各層に隙間ができやすくなるため、紫外線に弱くなり、普通肌の人よりもシミになりやすくなります。

 

  • ニキビ肌の人

ニキビが起こった肌は、炎症が起こったり、メラニン色素が過剰に出てしまうため「炎症性色素沈着」というシミになることがあります。

 

  • そばかすがある人

遺伝子的にそばかすがある人は、紫外線を受けるとそばかすが濃くなることがあります。そばかすの影響は10代から20代の時が一番大きいのですが、30代の時も影響はあります。

 

  • 女性ホルモンのシミ(肝斑)がある人

女性ホルモンの黄体ホルモンが肝斑というシミを作ることがあります。

うす茶色のしみが、右左の頬に出来るのが特徴です。

肝斑は、妊娠している人や、ピルを飲んでいる人に多く見られます。

 

30代でも顔にできてしまったシミは消える?シミを増やさないための効果的なケア方法は?

UVケア

 

シミを予防するには、一番の原因である紫外線をできるだけ浴びないようにすることが大事です。

帽子や日傘、日焼け止めなど、今は一年中対策している方も多いでしょう。

 

また、体の内側からのアプローチとして、ビタミンCに代表される美白成分を含んだサプリメントを摂るのも効果的です。

そして、外側からのアプローチ。毎日のスキンケアに美白化粧品を使うこともとても効果があります。

30代でも、まだまだ細胞は活発に活動しています!美白成分をたっぷり届けてあげましょう。

お肌の内部に働きかけ、今あるシミを薄くしたり、これ以上シミが増えてしまうのを予防することができるのです。

 

シミには改善できる種類がある!その種類とは?

 

 

ひとくちにシミと言っても様々な種類があります。

 

ですが、セルフケアでは改善出来るシミと改善出来ない種類があるのです!

 

では、どのようなシミなら対応できるのでしょうか?

 

確認してみましょう!

 

 

セルフケアでは改善しにくい、改善出来ないシミ

 

・雀卵斑(そばかす):【セルフケア△】

 

多くは遺伝によるもので子供の頃から見られ、成長と共に増えたり濃くなったりします。

形や大きさは様々です。

 

・脂漏性角化症:【セルフケア△】

 

30代以降の女性によく見られます。頬骨の辺りや鼻の下、額などに左右対称に現れるのが特徴です。女性ホルモンが原因だと言われています。

 

・遅発性両側性太田母斑:【セルフケア×】

 

40歳を過ぎた頃から頬やこめかみ部分に現れるシミです。肌の老化が主な原因で、始めは小さかったシミがだんだん大きくなり、隆起してきます。

 

 

上記のシミはセルフケアで消すのは難しく、美容医療のアプローチが効果的と言われています。

 

しかし、30代を過ぎて目立ってくるシミは紫外線が原因で、年齢と共に肌のターンオーバーがうまくいかなくなったことで現れるシミで、薄くすることが十分に可能なのです。

 

 

セルフケアで改善出来るシミ

・老人性色素斑:【セルフケア〇】

 

老人性色素斑と言われる、紫外線が原因でお肌に出来るシミです。

メラニンの蓄積でシミの原因になりますが、早めの対策でシミのケアをすることが可能です。

 

 

老人性色素斑は、美白化粧品のケアでシミを薄くすることが可能です。

 

今、世の中にはたくさんの美白化粧品が販売されています。

 

いくつか使ったことはあるけど、効果が実感できないという方も多いのではないでしょうか。

 

お肌のタイプと美白成分に注目して、効果的にシミにアプローチする美白化粧品を賢く選びましょう。

 

 

30代の顔のシミをケアする効果的な美白成分

基礎化粧品

 

化粧品に配合されている美白有効成分には多くの種類があります。

中でも美白効果が高いと言われるハイドロキノン。チロシナーゼの働きを阻害し、メラニン色素の生成を抑える効果があります。

医療用としても使用されていていますが、肌への刺激が強いことも知られています。

アルブチンも同じくチロシナーゼに働きかけてメラニン色素の生成を抑えますが、こちらは肌に優しく、敏感肌の方でも使えます。

 

肌への大きな刺激はシミの原因の一つですから、シミを薄くするために使っている化粧品でかえってシミが濃くなってしまった、なんてこともありえるのです。

適当に選んだ化粧品で肌が赤くなったり、顔がピリピリとしたことはありませんか?

敏感肌の方は特に、成分に気を付けなければなりません。

ここでは、敏感肌と普通肌それぞれにおすすめの美白化粧品をご紹介したいと思います。

 

肌質に合った美白有効成分で効果的にシミ対策をしましょう!

 

 

顔のシミケア!30代の敏感肌の方におすすめの美白化粧品

 

第1位

サエル(ディセンシア) 医薬部外品

 

ポーラ・オルビスの敏感肌専門ブランド【ディセンシア】の美白シリーズ

独自技術ヴァイタサイクルヴェールで外部刺激をブロック。

抗炎症有効成分のグリチルリチン酸を配合し、肌内部の炎症を抑えながら、シミを予防し、できてしまったシミにもアプローチすることができます。

今まで難しかった、敏感肌をケアしながらの美白ケアを叶える化粧品です。

 

第2位

アスタリフトホワイト 医薬部外品

 

富士フィルム【アスタリフト】の美白シリーズ

美白ケアとエイジングケアができる美白化粧品ということで、30代以上の女性に特におすすめです。

独自のナノテクノロジーで、アルブチンとビタミンC誘導体が肌の奥深くの角層まで浸透し、シミの元に届いて働いてくれる美白ケアを実現しました。

独自成分ナノAMAがメラノサイトに働きかけ、メラニン色素の生成を抑えます。

 

第3位

HANA

 

天然100%のオーガニック化粧品のホワイトケアシリーズ。

和漢植物と濃縮ローズの力でメラニンの排出を促します。

漢方界でも注目の朝鮮アザミエキスを配合し、メラニンの生成を抑えます。

 

 

サエルが30代の敏感肌さんの顔のシミを綺麗にできる理由は

 

 

敏感肌の方にとって何よりも大事なのは肌への優しさですよね。

でも、低刺激を優先すると美白効果が弱いのでは?と思われる方も多いかもしれません。

お肌に優しく、シミへの効果は高く。

この難しい両立を実現したのが、敏感肌専門ブランドから誕生したサエルなのです。

ディセンシア独自の処方ホワイトサイクルシステムで弱った角層を保護・保湿しながら、美白有効成分アルブチンがシミに集中アプローチします。

 

ディセンシアシリーズは品質と鮮度に徹底的にこだわり、クオリティを落とさないために店頭販売はせず通販限定で販売されています。

公式ページでは10日間試せるトライアルセットが送料無料1480円というお得な価格で購入できます。

肌に合う化粧品が少ない!という敏感肌の方のための化粧品だからこそ、30日間の返品保証付きだから安心です。

 

ぜひ、この使い心地と効果を試してみてください。

 

サエルトライアルセット

詳細はこちらをクリック

 

 

 

顔のシミケア!30代の普通肌の方におすすめの美白化粧品

 

第1位

ビーグレンホワイトケア

ハイドロキノンを1.9%配合。

肌に浸透しにくく刺激が強いハイドロキノンのデメリットを、皮膚に近い成分でコーティング(キューソーム化)することにより改善し、肌への負担を軽減しながら効果的な成分を角層の奥まで届けることに成功しました。

ヒアルロン酸、スクワランなどの保湿成分がハイドロキノンの刺激により乾燥しがちになるお肌を守ります。

 

第2位

プラスナノHQ

ハイドロキノンを4%配合した高濃度のクリーム。

抗酸化作用の高いアスタキサンチンを配合することにより、酸化しやすい性質のハイドロキノンを安定化させることができます。

リン脂質の効果で肌なじみが良く、乾燥を防いでお肌のバリア機能を高めます。

 

第3位

アンプルール

光や熱、酸素に強い、アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンを配合。

美白効果を高めるための保湿もしっかりしながら、まだ目に見えないシミの元までケアします。

 

 

 

ビーグレンが30代の普通肌さんの顔のシミを綺麗にできる理由は

 

数ある美白成分の中でも、医療用にも使用されるほど効果が高いハイドロキノンですが、効果の高い反面、肌への刺激が強い・浸透しにくいなどのデメリットがあります。

 

しかしビーグレン独自の浸透技術QuSome(キューソーム)で肌バリアを通過し、角質層までハイドロキノンを届けることが可能になりました。

キューソーム化していない普通のハイドロキノンと比べて効果は10倍とも言われ、

1.9%という配合率でも抜群の効果を発揮します。

配合率を抑えているぶん肌への負担も少なくて済むのです。

 

ビーグレンも店頭販売はしておらず、通販限定となっています。

こちらも公式ページから1週間試せるトライアルセットが送料無料で1800円と、かなりお得に購入することができます。

購入から365日間の返金保証が付いているので、強い成分と聞いて心配なあなたも、まずは試してみてはいかがでしょうか。

 

ビーグレントライアルセット

詳細はこちらをクリック!

 

【発見】30代なのに顔がシミだらけ!?出来たシミを改善する方法はコレ!【まとめ】

様々な要因によって増え続けるシミに、毎日の予防とケアはとても大切です。

次々と作られてしまうシミのケアに、遅すぎると言うことはありません。

気付いたその日から、さっそく対策をはじめましょう。

まだまだ30代!お気に入りの美白化粧品を見つけて、透明感あふれる素肌を実感できますように。

 

関連キーワード
  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事
スキンケア・基礎化粧品
「顔のシミを消す方法が分からない!」 「ケアはどうすればいいの?」 「そもそも本当にシミを消せるの?」   こんなことでお悩みではないですか...
ベースメイク
30代で使う化粧下地ポイント 30代で使いたい化粧下地は基本的に20代後半と考え方は同じです。 20代後半ぐらいから肌老化が始まるため、代謝...