• スキンケア・基礎化粧品
    【乾燥肌化粧品ランキング】この化粧品なら、もう乾燥肌で悩まない!
    2016年12月26日
  • スキンケア・基礎化粧品
    朝たった5分でアンチエイジング!グリーンスムージーを摂取しよう!
    2015年1月21日
  • スキンケア・基礎化粧品
    お腹がキュッと引き締まる!ダイエット方法5つご紹介!
    2014年12月31日
  • スキンケア・基礎化粧品
    肌がワントーン明るくなる!肌を綺麗にする5つの洗顔方法!
    2015年2月4日
  • 日焼け止め
    日焼け止めをあなどるな!知っておくべき日焼けの5つのポイント
    2015年3月3日
  • ベースメイク
    毛穴やシワが消える魔法のメイク下地「ベースマジック」6つの魅力!
    2015年3月3日
  • スキンケア・基礎化粧品
    美髪は乾かし方がポイント!4つの正しい髪の乾かし方でサラサラヘア!
    2015年3月3日
  • スキンケア・基礎化粧品
    プチプラでも抜群効果発揮!優秀美白コスメ5つをご紹介!
    2015年1月30日
  • スキンケア・基礎化粧品
    1日たった3分で下っ腹が凹む!骨盤ダイエット法3つご紹介!
    2015年1月5日
  • スキンケア・基礎化粧品
    最強の5つのダイエット方法で、スリムなボディに!
    2014年12月31日

アトピー性皮膚炎を緩和したい!

アトピー性皮膚炎は、かゆみがひどく独特のつらさが続くとても嫌な病気ですよね。

炎症によってお肌も汚くなってしまいますので、出来れば何とかしたいものです。

お薬以外にアトピーを緩和へと導く方法等まとめてみましたので、是非参考になさって下さい。

かゆさや辛さを、軽くする事が出来ますよ。

アトピーの症状年代別まとめ

 

shutterstock_378074296-2

 

アトピー性皮膚炎といえば幼少の事になるのが一般的であり、早い方では生後3か月位から発症すると言われています。

最初は顔にはじまり、徐々に全身に広まっていく流れが一般的な流れとなります。

1度なってしまうと長く続いてしまい、慢性的に居座ってしまう厄介な病気です。

 

以前は、子供のうちに改善されていき、大人になっても症状が出るというのは少ない傾向がありました。

しかし、ここ数年は大人になってもアトピー性皮膚炎でいる場合も多く、大人になってから発症してしまう方も増えました。

このように変わった原因として、大人になってからのしかかってくるストレスというのが大きく影響してきていると言われています。

 

年代別のアトピー性皮膚炎の症状を、まとめてみました。

 

・乳児期の症状(1歳未満)

乳児期の場合、顔に始まり、頭部や首周りに広がるのが一般的です。

ジクジクとした湿疹が首から上部に広がり、次第に手や足にも広がっていきます。

赤く発疹が出てくる症状が多く、乾燥したような肌になったり耳切れが発生し、頭部や眉毛には黄色いかさぶたのような状態が発生してしまいます。

乳児期の場合は自然治癒も望めますので、すぐに治療と思わず様子を見る事が大事となります。

乳児期にはあまり強いお薬を使いたくないので、まずは2か月程様子を見るようにしましょう。

2か月以上同じような症状が出ている場合は、アトピー性皮膚炎の恐れがあります。

 

・幼児期から小児の場合(1歳から15歳まで)

この頃の状態は、乳児期のジクジク状態ではなく乾燥した発疹が出てきます。

発生する場所の特徴も変わり、ひじやひざの裏などの皮膚が薄く汗が溜まりやすい部分に発生しやすくなり、強いかゆみを発生させてしまいます。

他のアレルギー性皮膚炎を併発する事も多く、とびひや水いぼ、単純ヘルペス感染症などの合併症を起こしてしまう事もあります。

 

・思春期の場合(16歳以降)

思春期になると、顔だけではなく全身に発疹が出てきます。

皮膚がある程度出来上がっている年齢なので、ゴワゴワしたような湿疹が出るのが特徴です。

強いかゆみを伴いかきむしってしまいがちになってしまうので、無意識のうちにかいてしまう事がよくあります。

気が付いたら血が出てしまうほどかきむしっている事もあり、よくある事といえば朝起きたらシーツに血が付いているなんていう事もあります。

アトピーの症状が広範囲になってしまいますので、目に見えている部分に軟膏を塗って治められたように見えても、すぐに別の部分に湿疹が出てしまうという厄介な状態になってしまう事もあります。

かきむしってしまう事で体全体に連鎖的にかゆくなって症状を悪化させてしまい、厄介な状態へと陥ってしまいます。

 

なぜアトピー性皮膚炎になってしまうのか

 

アトピー

 

アトピー性皮膚炎はアレルギーですので、遺伝が原因と思われる方も多いと思います。

もちろん遺伝も原因の1つと言われていますが、実は多くの原因は環境的要素と言われています。

アトピー性皮膚炎の発症は、これらが原因と言われています。

 

遺伝による原因

 

残念ながら、遺伝による原因は避けられないようです。

アレルギーというのは遺伝しますので、アトピー性皮膚炎の場合も該当するといえます。

両親がアトピー性皮膚炎の場合は、遺伝する確率が50%で発症する確率が5075%と言われています。

片親がアトピー性皮膚炎の場合は、遺伝する確率が2530%で発症する確率も2530%と言われています。

また、両親ともにアレルギー体質ではない場合、発症する確率は10%程度と言われています。

また、兄弟の遺伝は、第一子がアトピーの場合2025%の遺伝、アトピーの兄弟が居ない場合は1015%の遺伝と言われています。

アトピーの家族が居る家庭の方が、アトピー発祥のリスクは高くなってしまいます。

しかし、遺伝によって元からアトピー素因を持っているとしても必ずアトピーを発症してしまうのかというと、そうではありません。

アトピーを持っていても発症しない人が居るのは、外的要因に反応していないからと言われています。

 

外的刺激

 

アトピーに多くの影響を与えてしまうのが、外的刺激です。

外的刺激は、日常生活のあらゆるところにたくさん潜んでいます。

どのような外的刺激があるのか、ピックアップしてみました。

 

・ハウスダスト

ハウスダストやダニなどの汚れが多いお宅は、残念ながら不衛生な場合が多く見受けられます。

じゅうたんやお布団など、意外と汚れでいっぱいです。

じゅうたんは止めてお布団カバーはこまめに取り替えるようにしましょう。

掃除機はこまめにかけて、家具の上なども綺麗拭き掃除をするように心がけましょう。

カーテンにもハウスダストは多く溜まっていますので、定期的に洗う様にしましょう。

ハウスダストが気になる場合は、お部屋に布製品を置かない事をオススメします。

 

・花粉

花粉はアレルギー反応を起こしてしまいますので、アトピーの要素を高めてしまいます。

花粉対策をし、家の中に空気清浄機を設置する事をオススメします。

 

・紫外線

紫外線がお肌に当たる事で乾燥肌になってしまい、お肌のバリア機能が失われてしまうのでアトピー肌になりやすい肌環境となってしまいます。

紫外線対策をきちんとし、日焼け止めや帽子や日傘など徹底的に紫外線からシャットアウトしましょう。

 

・汗

汗は不衛生になり、アトピーが発症しやすい肌環境となってしまいます。

ひじやヒザのうら、首、顔などに発症しやすいのは、汗をかきやすい環境だからです。

こまめに洗い、清潔を保ちましょう。

汗を洗えない環境の場合は、専用のウェットシートでこまめに拭く事をオススメします。

ノンアルコールであれば、市販のウェットティッシュもオススメです。

制汗剤は、オススメ出来ません。

 

・シャンプーや石鹸やすすぎ残し

シャンプーや石鹸のすすぎ残しは、お肌が不衛生になってしまいますので、アトピーの好む肌質をなってしまいます。

すすぎの際は何度も綺麗にすすぎ、ヌルヌルさを残さないようにしましょう。

お風呂の際は、最後に湯船に浸かるようにすると、すすぎ残しを取り除く事が出来ます。

 

・タバコの煙

タバコの煙は、人によりアレルギー反応を起こしてしまいます。

喫煙者はタバコを止めるようにし、ご家族人喫煙者が居る場合は空気清浄機の活用など、タバコの煙に極力触れないようにしましょう。

 

・洋服の締め付けや摩擦

洋服の締め付けや摩擦は、アレルギー反応が起きやすくなってしまいます。

きつめの洋服を着るのは止めて、緩めの洋服にするようにしましょう。

 

・洋服の生地の種類による反応

アレルギーをお持ちの方は、洋服の生地の種類にも反応してしまいます。

化繊やアクリルなどは反応しやすいので、極力避けるようにしましょう。

綿が1番アトピー肌には良いので、綿の衣服を着用するようにしましょう。

 

・洋服に残る洗剤カス

洋服をお洗濯した際にきちんとすすぎがされていないと、洗剤カスが残りアトピー肌に反応してしまいます。

きちんと綺麗にすすぐようにし、すすぎ残しが少ない洗剤を選ぶと良いでしょう。

また、柔軟剤もアトピー肌には反応してしまう事がありますので、アトピー状態が酷い場合は柔軟剤の使用は避けるようにしましょう。

 

・水道水に含まれる塩素

水道水の中には衛生管理の為に塩素が含まれていますが、塩素はお肌を乾燥させる作用がありますのでアトピー肌には良くありません。

気になる場合は、ミネラルウォーターなど塩素が入っていないお水を口にするようにしましょう。

また、お子さんの場合はプールに含まれる塩素も大きく影響してしまいます。

プールから出た後は、しっかりと綺麗に洗い流す様にしなければいけません。

 

お肌の乾燥の原因

 

アトピー肌はお肌が乾燥しやすいので、角質層が乱れた隙間にアレルギーの原因となってしまう物質が入ってしまい、アトピー症状を悪化させてしまいます。

アトピー肌は保湿が大事となりますので、適切な保湿剤を使用してお肌の乾燥を防ぎましょう。

 

食生活による原因

 

毎日うっかり口にしている食事ですが、食生活の乱れによってアトピー性皮膚炎を悪化させてしまう事があります。

アトピーに良くない食生活は、これらが挙げられます。

 

・インスタント食品が多い

インスタント食品は栄養素が低く油分など余計な摂取が多くなり、アトピー肌が好む肌質となってしまいます。

 

・お菓子ばかり食べる

お菓子は糖分や耐水化物が多い傾向がありますので、カロリー過多や糖分過多によりアトピー肌を悪化させてしまいます。

 

・野菜をあまり食べない

野菜には多くの栄養素があり、お肌にはビタミンが必須となります。

野菜をきちんと摂取しないと、お肌が栄養不足となってしまいアトピー肌が好む肌質をなってしまいます。

 

・食事が不規則

食事は、1日3食リズム良くバランス良く摂取する事が大事となります。

食事が不規則ですと腸内環境が悪化してしまいますので、アトピー肌が好きな肌環境となってしまいます。

腸が健康じゃないとアレルギー体質になってしまう事が多くありますので、腸内環境改善は欠かせません。

免疫機能が弱ってしまいますので、異常反応を起こしてしまうアトピー発症へとつなげてしまいます。

 

・アトピーに導く食べ物

アトピーに影響を与えてしまう食べ物は、

砂糖、チョコレート、乳製品、ショートニング、ネバネバ食品、お肉、お魚の脂身、白身魚、卵、白米、お餅、食品添加物(保存剤、抗菌剤、抗酸化剤、着色料、香料、甘味料など)、日本酒等

が挙げられます。

その人により、反応してしまう食べ物は異なります。

ネバネバ製品は体に良さそうですが、アトピーのアレルギー症状を引き起こす作用がありますので、オススメ出来ません。

 

 

食べ物というのは知らず知らずにうちに口にしてしまう事が多いので、これらの食べ物を避ける為には食物日誌を付ける事をオススメします。

その日に何を食べてどんな反応が出たのか理解できますので、何の食べ物に自分はアレルギーが出ているのか一目瞭然となります。

加工食品を食べた時は、加工食品の中に入っている成分も記載しておくと良いですよ。

大鵬薬品のホームページのアレルギーのサイトに食物日誌のテンプレートがあり、ダウンロードが可能です。

活用しやすい型式ですので、便利ですよ。

 

ストレスの原因

 

大人でもアトピー性皮膚炎が治らなくなった1番の要因が、ストレスと言われています。

精神的肉体的ストレスによって免疫機能が崩れてしまい、アトピー性皮膚炎を発症させてしまうのです。

子供から発症して大人になっても治らない方も多いのですが、近年多くなったのが大人になってから突然アトピー性皮膚炎を発症させてしまう方です。

30代頃からアトピー性皮膚炎を発症させてしまうケースが、実は多く増えています。

大人になってから受ける人間関係等により色んな変化が出る時期であり、大きくストレスを感じてしまう事で発症してしまいます。

女性の場合は、40代以降更年期等の体調変化にストレスを感じて発症してしまう方も少なくありません。

相談やお話出来る仲間を作り、打ち込める趣味を作る事も重要となります。

 

 

ざっと挙げただけでも、こんなに原因があります。

これらは、私達の生活に大きく接触している物ばかりです。

遺伝以外の原因は、ご自分の努力次第で何とかなる物ばかりといえます。

これらを避ける事でアトピー性皮膚炎独特の症状を緩和させる事が出来ますので、コツコツと行ってみましょう。

 

かゆくなったら患部を冷やそう

 

shutterstock_262881464-2

 

アトピー性皮膚炎の独特のかゆみは、冷やすと軽減されます。

患部を冷やして、かゆみを沈めてみましょう。

患部を冷やすとアトピーの炎症が沈められ、スッとかゆみが取れていきます。

これはかゆみの原因ヒスタミンの分泌を抑える事に繋がり、冷たくする事で神経を麻痺させる事でかゆみを感じにくくさせる事が出来るのです。

 

患部を冷やす際のポイントは、これらが挙げられます。

 

・タオルを冷やして患部を冷やしてみよう                                            

タオルを冷たく冷やし、患部に乗せて冷やしてみましょう。

氷水を浸して絞った物を患部に当てると、スッとかゆみが無くなっていきます。

 

・患部に保冷材を使う時の注意

余りにもかゆくてしょうがなく、凍った保冷材をそのまま患部の上に乗せてしまう方がいますが、これは絶対にしてはいけません。

凍っている保冷材をお肌の上に乗せてしまうと、低温やけどをしてしまう事があります。

保冷材をそのまま患部に乗せたくなるくらいかゆいので気持ちはわかりますが、保冷材を使う時は必ずタオルに巻いて直接お肌に触れないようにしてから冷やすようにしましょう。

お薦めは、ジェルタイプの保冷材です。

患部に湾曲に当たりやすいので、患部にピッタリします。

 

・あくまで患部のみを冷やそう

冷やしてかゆみを沈める方法は、あくまで患部のみを冷やすという事です。

体全体を冷やしてしまうと免疫機能が乱れてしまいますので、アトピーの悪化へとつなげてしまいます。

 

・冷やした後すぐに体を温めない

患部を冷やした後お風呂に入って体を温めてしまうと、せっかく冷やした欠陥が一気に広がってしまいますので、急激に血流を良くしてしまう事でかゆみを大きく発生させてしまいます。

お風呂に入る予定がある際は、お風呂に入る時間前かお風呂から上がった後に患部を冷やす様にしましょう。

 

かゆみが治まるツボを押してみよう

 

shutterstock_391813417-2

 

アトピーのかゆみは、言葉に言い表せない程辛いですよね。

そんな時オススメなのが、かゆみを抑えるツボを押す事です。

劇的にスッとかゆみが無くなる訳ではありませんが、かゆみを軽減させる事には効果的です。

試してみる価値は十分にありますので、是非チャレンジしてみましょう。

 

・列欠(れっけつ)

手の甲の手首の約3センチ上にある、親指側の場所

 

・合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指の骨の交点から少し上にある、くぼんだ場所

 

・曲池(きょくち)

肘を曲げた際に出来る、ひじの外側のくぼんだ場所

 

・三里(あしのさんり)

脚のすねの骨の外側部分で、膝から5センチほど下がった場所

 

・豊隆(ほうりゅう)

くるぶしの外側より約15センチ上がった部分の、押して痛い部分

 

少し痛くて気持ちいい程度で、じっくし指圧してみましょう。

強く推す必要はなく、あくまで少し気持ちいい程度でOKです。

 

乾燥を極力避けてアトピー状態を緩和させよう

 

shutterstock_101155879-2

 

アトピー肌は、常に乾燥しないように気を配らなくてはいけません。

空間とお肌、両方の乾燥対策を心がけましょう。

 

・加湿器を置く

加湿器を使って、空間の乾燥を防ぎましょう。

加湿器が無い場合は、コンパクトな加湿器でもいいですし濡れタオルをハンガーにかけるだけでもOKです。

 

・保湿剤を温めて塗る

保湿剤を使っている方は多いと思いますが、ただ塗るより温めてから塗るとお肌になじみやすくなります。

手のひらに保湿剤を乗せて人肌にしてから塗ると、伸びが良くなり浸透性も増します。

特に冬など寒い時期には、とてもオススメです。

 

・保湿パックでバリア機能を高めよう

アトピー性皮膚炎の方の場合は、お肌のバリア機能がしっかりしていません。

バリア機能がしっかりしていないと、ハウスダストなどの異物を皮膚に侵入させてしまい、アレルギー状態としてしまいます。

お肌がしっとりしていればしている程、かゆみや炎症を抑える事が出来ます。

保湿パックで、バリア機能を高めてみましょう。

お風呂上りにワセリンを体全体に塗り、バスタオルで拭くだけです。

体がワセリンでベタベタした状態ですが、時期に皮膚に馴染んでいきます。

ベタベタ感がツルツル肌に変わりますので、我慢して行ってみましょう。

 

アトピーを軽減に効果的な食生活の改善のオススメ

 

shutterstock_22843144-2

 

やはりアトピー性皮膚炎の改善には、食生活の改善は欠かせません。

これらの食生活の改善によって、自然とアトピー性皮膚炎の辛さが緩和されてきます。

 

ビタミン野菜の摂取

 

野菜の摂取がアトピー性皮膚炎に大事な事は先に書きましたが、その理由は皮脂の分泌をコントロールしてくれるビタミン類の節水が重要だからです。

ビタミンB1、B6、B12等必須成分ですので、積極的に摂取するよう心がけましょう。

 

ビタミンB1といえば豚肉に多く含まれていますが、ハムは塩分が多いので摂取量に気を付けるようにしましょう。

すっぽんにもビタミンB1が多く含まれていますが、日常的にあまり口にできる物ではありません。

食べる機会があれば、しっかり摂取するようにしましょう。

 

ビタミンB1が多く含まれている食べ物は、これらが挙げられます。

 

・豚ひれ肉

・豚もも肉

・生ハム

・ボンレスハム

・うなぎのかば焼き

・干しのり

・きな粉

 

ビタミンB6は、これらの食べ物に多く含まれています。

 

・にんにく

・ピスタチオ

・牛のレバー

・とうがらし

 

ビタミンB12は、これらの食べ物に多く含まれています。

 

・しじみ

・いくら

・赤貝

・干しのり、味付けのり

 

その他、ビタミンB1B6B12共に多く含まれている食べ物は、ヒマワリの種、小麦胚芽等があります。

 

腸内環境を整える食べ物でアトピー性皮膚炎を改善

 

腸内環境を整える事で、アトピー性皮膚炎を緩和出来る体質になる事が出来ます。

これらの食べ物を摂取する事で、腸内改善によってアトピー性皮膚炎の状態緩和へと導きます。

 

・ゴボウ

・レンコン

・だいこん

・にんじん

 

これらに共通している事といえば、土の中に埋まっている食べ物です。

これらの土の中に埋まっている食物というのは、体内の汚れを排出させる事が出来る「陽」の性質を担っています。

宿便等も綺麗に取り除き、綺麗に排出へと導いてくれます。

便通を良くさせるので、ダイエットへも効果を発揮してくれますよ。

ただし、食べ始めの際に一時的に皮膚がかゆくなってしまう事があります。

これは解毒作用と排泄作用が始まった事で、皮膚の表面から毒素が出ている証拠です。

我慢する事ですぐ治まりますので、少し辛抱するようにしましょう。

 

根菜は体を温める作用もありますので、女性独特の冷え性解消にも役立ちます。

 

新型乳酸菌

 

EF-621菌という乳酸菌は、アトピーの治療で実際に使われている乳酸菌であり、アトピー研究を行っている著名な医師数名も絶賛の乳酸菌です。

腸内環境を行ってアトピー症状を緩和させる為には、とても最適な乳酸菌です。

少々お高い値段ですので手を出しにくいですが、楽天市場などでも扱っていますので検索してみる事をオススメします。

 

アルカリイオン水

 

アルカリイオン水は皮膚からの排泄を促す作用があり、毒素を体内から出しやすい状態へと導きます。

新型乳酸菌との併用により、さらなる大きなパワーになる事間違いありません。

 

オメガ3の油摂取でアトピー改善

 

アトピー性皮膚炎は油摂取により状態が悪化しやすい傾向がありますが、オメガ3の油に変えるだけで良くなかった影響を逆に良い状態へと変える事が出来ます。

オメガ3の油はアトピー性皮膚炎の症状を緩和してくれますので、アトピーで苦しむ方には必見の油となります。

アトピー肌にオススメなオメガ3の油は、不飽和脂肪酸の油です。

不飽和脂肪酸の油は、私達人間の体温よりも低い温度で溶けるので、体内に入っても脂分が固まる事はありません。

固まってしまう油が体内で悪さをしてしまうので、固まらない油であれば体に負担がかかりにくくアトピー肌に余計な負担を与えません。

 

スーパーによく並んでいる油は、サラダ油やコーン油、紅花油等がありますが、これらはアトピーを悪化させてしまう油ですので良くありません。

 

オメガ3系の脂肪酸は、魚やしそ、亜麻仁、えごまなどに含まれていますので、これらの摂取がオススメとなります。

これらのオメガ3系の油は、血液サラサラに導きアトピーや花粉症などのアレルギー症状を抑える作用があります。

アレルギーの方には、とても最適の油なのです。

 

一般的なサラダ油等の油とオメガ3系の油、この2種類の油をバランスよく摂取する事が大事となります。

比率は、オメガ3系の油を1としてサラダ油等の一般的な油が4の割合となります。

 

また、オメガ3系の摂取で大事なのが、青魚の摂取を控えて欲しい事です。

青魚は体に良いと有名ですが、アトピーの方には青魚に含まれるアミノ酸がヒスタミンを作ってしまいますのでオススメ出来ません。

マグロやサバ、カツオなど、青魚は控えるようにしましょう。

 

エゴマ脂や亜麻仁油がオススメですが、熱に弱い性質があります。

サラダなどのように熱しないで食べる方法が、オススメです。

 

消化器官を休める食事方法

 

アトピー性皮膚炎の場合、お肌のターンオーバーのサイクルが良くない状態である為に、完全ではない未熟な角質が出来てしまう傾向があります。

この状態を改善させる為には、体内を休ませてあげて完全な皮膚を作る事が大事となります。

体を休ませて完全な皮膚を作る為に、消化器官にお休みを与えてあげるようにしましょう。

まず絶対に避けなくてはいけない事といえば、暴飲暴食をしない事です。

消化器官に休息時間が無くなってしまうので、皮膚の不安定さが続いてしまいます。

肌の疲労回復に導く為に、胃腸をしっかりと休ませてあげましょう。

女性の中で流行っているプチ断食はお肌のリセットへと導きますので、とてもオススメです。

朝昼晩3食のうち、1食だけを抜いてみましょう。

朝ごはんを野菜ジュースに置き換えてあげると、楽に始める事が出来ますよ。

野菜ジュースは消化に余計な負担を与えませんので、体内に負担がかかりません。

前の日の夕飯から次の日のお昼まで断食している事となりますので、胃腸がしっかり休むことができます。

 

断食の効果は、これらの効果も発揮してくれます。

 

・精神が強くなりしっかりするようになる。

・むくみの改善となりスタイルが良くなる。

・体質の改善により健康的になる。

・新陳代謝が良くなる。

・免疫力が良くなり強い体質となる。

・改造機能の向上により丈夫な体となる。

 

1日2食のプチ断食は想像以上に効果が発揮できますが、勘違いしてはいけないのは他の2食を食べ過ぎてしまう事です。

2食により消化器に大きな負担を与えてしまいますので、それでは意味がありません。

腹八分目に抑える事を基本とし、食事の際はゆっくりと時間を掛けるようにし、回数噛むように努めましょう。

 

和食で体質改善をしよう

 

和食は日本人の体質に合っている食生活であり、和食に食事を変えるだけで体質改善となります。

和食の基本は一汁三菜です。

ご飯とお味噌汁、野菜の煮付け、お魚、海藻類が基本です。

ヨーグルトなどの発酵食品を毎日摂取しているという方も多いと思いますが、お味噌やお漬物などの発酵食品の方が日本人の体質には合っていると言えます。

和食の優れている部分は、品目の多さです。

洋食は、ハンバーグやステーキ、オムレツ、焼きそばなど、単品の物ばかりです。

手軽に食べる事が出来るので好む方も多いと思いますが、多くの栄養を摂取する事が出来ない難点があります。

それに比べると、和食はおかずが多い事で多くの栄養素を1食で摂取する事が出来ます。

和食のメインディッシュのお魚は、焼いたり煮たり、お刺身でも美味しいです。

お魚にはオメガ3系の油も配合されていますので、積極的に食べる事でアトピーの症状緩和にも役立ちます。

また、数多くの野菜を摂取する事でビタミン摂取が出来ますので、全てのおかずでアトピー改善へ役立てる事が出来ます。

アトピー肌を改善させる為には、洋食ではなく和食の方が数段優れているという事となります。

 

半身浴と洗い方でアトピー肌を改善する方法

 

shutterstock_384225742-2

 

アトピー肌に半身浴が良い理由は、デトックス効果でアトピー肌の毒素を排出する事がで出来るからです。

じっくりお湯につかって、毒素をふんだんに排出しましょう。

 

・お湯の温度は38度前後

半身浴のお湯の温度は、38度前後です。

熱いなと思ったら、少し湯温を下げるようにしましょう。

入浴時間は、30分以上を目指します。

ポイントは、腕をお湯に付けないで入る事です。

 

・水分補給をきちんと行おう

水分補給をしないと汗をかいて毒素を出す事が出来ませんので、とても重要です。

半身浴の前、半身浴中、半身浴の後、しっかり水分補給をしましょう。

 

・半身浴をする日は1日2リットルのお水を摂取しよう

半身浴の日は汗を沢山出してしまいますので、水の摂取量が重要となります。

1日掛けて、2リットルの水を摂取するようにしましょう。

半身浴で汗をいっぱいかきますので、12リットルはそれほど苦痛になる量ではありません。

 

 

また、アトピー肌には石鹸の使い方も重要となります。

 

・石鹸やボディシャンプーはオススメ出来ない

石鹸やボディシャンプーは、界面活性剤が配合されているのでオススメ出来ません。

極力シャワーのぬるま湯のみで洗う様にし、どうしても石鹸やボディシャンプーを使いたい場合は月12回程度にするようにしましょう。

アトピー肌には石鹸やボディシャンプーの負担はとても大きいので、極力使わない事がアトピー肌改善への近道となります。

 

・ナイロン系のタオルは使わない

ナイロン系のタオルはアトピー肌に余計な負担を与えてしまいますので、良くありません。

アトピー肌には、綿のタオルがオススメです。

アトピー状態が酷い場合は、タオルを使わずに手のひらでなでて洗う様にしましょう。

 

免疫力改善で、アトピー改善

 

shutterstock_160940921-2

 

免疫力を高める事で、血流が良くなります。

女性の場合は冷え性が多いので、一般的の方よりも体温が1度程低い場合があります。

1度体温が低い事で、免疫力が3割も落ちてしまうと言われています。

免疫力を高める為に、体温を高くする習慣を身に付けてみましょう。

これらの生活習慣は、体温を下げやすくさせてしまいます。

 

・冷たい物を食べる

・甘いものを食べる

・体を冷やす食材を摂取する

・薄着ばかりをして腰やお腹を冷やしてしまう

・冷房をガンガンかけてしまう

 

1番は、薄着をせず1枚多く着る事です。

肌の露出を極力控え、布で覆うという感覚で過ごすようにしてみましょう。

体を温める為にオススメの飲み物は、ショウガ紅茶です。

紅茶にすり下ろしたショウガを入れるだけの簡単飲み物ですが、ショウガの生薬作用は体をしっかり温めてくれます。

紅茶にも体を温める作用がありますので、ダブルの効果で体温上昇に役立つ事が出来ます。

また、お砂糖を入れる方は白砂糖は避け、黒砂糖に変えるとなおよいです。

 

健康の為の減塩を行っている方もいらっしゃいますが、塩分は体を冷やさない為に大きな役割を担っています。

必要量を摂取しないと、体が冷えてしまいます。

血行を良くする為に欠かせない成分ですので、ある程度の塩分摂取は必ず必要となります。

オススメは、ミネラルを豊富に含んだ天然のお塩です。

一般的な生成された食塩では塩分が高めですので、天然塩のような良い塩の方が体に上手く作用します。

 

体が冷えているようでは何をしても改善しにくいので、まずは冷えを改善するとアトピーの症状が上向きになっていきますよ。

 

体質が変わっていきますので、是非心がけてみましょう。

 

毒素が排出されている状態の見極め方

 

shutterstock_412470298-3

 

毒素が体外に排出されていくと、あれ?と思う状態になる事があります。

この様な状態は一見悪化しているようにも感じられるかもしれませんが、毒素が排出されているポイントとなります。

 

・臭いが酷いおならが出る

・便秘や下痢になる

・アトピー湿疹状態が酷くなったような気がする

 

一見、悪化したように思えがちですが、以下のような状態が出ていれば好転している状態といえます。

 

・皮膚にハリやつやが出て来た

・今までに症状が出ていなかった部分にアトピーの症状が出ていない

・白ニキビのような発疹が出ている

 

一見、小さいニキビのような発疹が出ていると悪化に思えがちですが、これは好転反応のしるしです。

アトピー状態が緩和してきた証拠となりますので、体質的に改善されてきた証拠となります。

 

少しずつゆっくり改善してアトピー肌を改善しよう

 

いかがでしたか。

色々ご紹介致しましたが、1度に全てを行う必要性はありません。

出来る事から徐々に試していって、変化を確認してみましょう。

これは合っていると思う方法であれば、集中的に実践していくといいですよ。

 

アトピー性皮膚炎でお悩みの方は、あらゆる治療方法などを実践している方も多いと思います。

しかし、思いのほか効果を感じる事が出来ていない方も多くいらっしゃいます。

今回ご紹介した、どなたでも出来る生活習慣の改善で、少しでもアトピー性皮膚炎の状態を緩和に向かわせてみましょう。

アトピーは完治しにくいですが、症状が少しでも治まる事で楽に過ごす事が出来ます。

症状が治まる事で肌質も綺麗になっていきますので、人前に出るのも気にならなくなっていきますよ。

通院での治療方法と共に生活習慣の改善も行い、一般の方と同じような感覚で生活できるようにしましょう。

お出かけやオシャレも、楽しくなりますよ。

関連キーワード
  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事
スキンケア・基礎化粧品
・好きな人が“彼”になる そう、今まさに恋の駆け引き中なんです!   いつも“恋”には縁が無くて。 少し方向性をチェンジするだけで、男受け美...