• スキンケア・基礎化粧品
    お肌はやっぱり年齢と比例する!?若く見られるためのスキンケア術
    2015年1月19日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ほうれい線解消法2つご紹介!ほうれい線ケアでスッキリ若顔に!
    2014年12月29日
  • スキンケア・基礎化粧品
    内臓脂肪の減らし方|今度こそ成功させる!食事・運動・○○法
    2015年4月14日
  • スキンケア・基礎化粧品
    アンチエイジング必須成分「成長ホルモン」を味方に!4つのポイント
    2015年3月23日
  • スキンケア・基礎化粧品
    寝る前にスキンケアやボディケアが出来る11のホットアイテムご紹介!
    2015年3月3日
  • スキンケア・基礎化粧品
    2重あごを解消する方法!7つのケアでカッコ悪い2重あごを改善!
    2014年12月26日
  • 日焼け止め
    日焼け止めをあなどるな!知っておくべき日焼けの5つのポイント
    2015年3月3日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ダイエット食品や器具に頼らない!確実にしっかり痩せる6つの方法
    2015年1月1日
  • 日焼け止め
    漢方とオイルで肌に優しい日焼け対策!4つのポイントで肌に優しいUVケア
    2015年3月23日
  • スキンケア・基礎化粧品
    ダイエットと美肌を手に入れよう!女性のワガママを叶える9つの食べ物
    2015年3月26日

 

顔にできたシミ、場所によって色や形が違いませんか?

 

いつのまにか増えている顔のシミ。

 

濃くて大きいシミは、鏡を見る度に憂鬱な気分になりますよね。

 

「顔のシミがひどくてどうしようもない!」なんて諦めている方もいるかもしれません。

 

まずはあなたのシミタイプを知りましょう!

こちらでは、それぞれのシミの種類別に、

原因と消す方法をご紹介します。

 

顔のシミの種類別・原因と消す方法

【老人性色素斑(日光性黒子)】

ほお骨の上や、車の運転時にガラス側になる顔の側面など、紫外線が当たりやすい部分にできます。

mm~数十mmで丸っぽく、でき始めは薄い茶色ですが、だんだん濃い茶色になり、はっきりとしてきます。

原因

「シミの原因」の欄で説明したように、紫外線が当たることによりできます。

生理前や妊娠中、ピルを服用時といった、黄体ホルモンの分泌が多いときは、紫外線の影響を強く受けやすくなるので、メラニンの分泌が増え、結果シミを作りやすくなります。

妊娠したときに大きなシミができた、という人が多いのはこのためです。

消す方法

老人性色素斑は、美白成分が効くタイプのシミなので、美白化粧品の使用が有効です。

特に、皮膚科などでも使用されている『ハイドロキノン』という成分は、メラニン色素をつくる細胞(=メラノサイト)そのものを減少させます。

『肌の漂白剤』とも言われているそうです。強力ですね!

しかし、シミができてから時間がたち、濃くなってしまうと、化粧品が効きにくくなってきます。

その場合は、皮膚科(美容皮膚科)でのレーザー治療や外用薬での治療といった方法があります。

また、週1回程度のピーリングでターンオーバーを促すのもいいでしょう。

 

【脂漏性角化症】

一見シミのようですが、よく見ると皮膚が盛り上がり、ザラザラしています。

顔だけでなく、デコルテや手の甲などにもできます。

かなり色が濃い目になるものもあります。

原因

紫外線によるシミが、皮膚の形態が変化し、イボのように盛り上がってしまうことによります。

消す方法

皮膚の形態が変化してしまっているため、美白化粧品は効果が薄いです。

角質ケアのできる化粧品や、ピーリングを取り入れましょう。

皮膚科では、レーザーや光治療などを行います。

 

【肝斑(かんぱん)

ほお骨辺りに、薄い茶色や灰色の、もやっと広がったようにできるシミです。

左右対称にできることが多いです。

原因

女性ホルモンのアンバランスや、妊娠、ピルの服用が影響してできます。

消す方法

老人性色素斑のように、ビタミンCやハイドロキノン配合の化粧品や、ピーリングが効果的です。

トラネキサム酸の内服は、肝斑に大きな効果があり、数か月飲み続けると軽快することが多いです。

 

肝斑の治療には、レーザーは禁物です。

シミだと思って肝斑にレーザー治療をしてしまうと、悪化して濃くなってしまいます。

老人性色素斑なのか肝斑なのか、皮膚科で正しく診断してもらうことが大切です。

 

【雀卵斑(ソバカス)

直径数ミリ以下の小さな斑点が、ほおや鼻の周りに広がるようにできます。

色はそこまで濃くはありません。

原因

紫外線やストレスなどによって、活性酸素が発生し、メラノサイトを刺激することでできます。

幼少期や思春期にでき始めるものは、遺伝による要素が大きいです。

消す方法

ソバカスにも、老人性色素斑や肝斑と同じように、ビタミンCやハイドロキノン配合の化粧品やピーリング、レーザー治療が効果を現します。

 

【炎症後色素沈着】

ニキビ跡や、こすったりして刺激を与えた箇所が、赤黒く残ってしまったものです。

原因

ニキビなどの炎症や摩擦によって、大量のメラニンが生成されてしまい、ターンオーバーで排出しきれず色素沈着してしまうことでできます。

時間の経過と共に、だんだん薄くなることが多いです。

消す方法

ピーリングで、ターンオーバーを促進していくのが効果的です。

美白化粧品は、特にビタミンC配合のものが効果大です。

 

顔のシミ消し美白化粧品!<比較表>

顔のシミ解消が期待できる、おすすめ美白化粧品2点をご紹介します!

商品名 おすすめ 機能 詳細
ビーグレン 5 QuSome

浸透型

ハイドロキノン

公式サイトはコチラをクリック
アンプルール 4 安定型

ハイドロキノン

公式サイトはコチラをクリック

顔のシミ消し美白化粧品おすすめ2選!

【ビーグレン】QuSomeホワイトクリーム1.9


ビーグレンは、皮脂に近い成分でハイドロキノンを包んでしまうという驚きの発想で、角質の奥までハイドロキノンを浸透させることに成功しました!

ハイドロキノンを包んでいるのは、髪の毛の太さの1/500という小さなカプセル。

このカプセルに包まれることによって、

酸化しやすく安定しないハイドロキノンを

確実にシミの元まで届けることができるのです。

他にこんなメリットも

○性質が変化しやすい成分も、安定した状態で届けられる

○長時間、成分が肌の中で留まり、効果を持続できる

○肌にやさしく、効果的な成分を使用できる

○シミのポイントではなく、顔全体をケアできる

安心して美白したい、と思う方々には、ますますの朗報と言えますね!

リピート率も98%!シミ対策に心強い味方です。

公式サイトはコチラをクリック

【アンプルール】

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

アンプルールに配合されている「新安定型ハイドロキノン」

熱や光に耐性があり、酸化しにくく、

従来のハイドロキノンの不安定な部分が改善されています。

そんな新安定型ハイドロキノンを、

マイクロカプセルに包むことで、

肌への刺激を軽減して、

シミの根本となるメラノソームまで浸透する

構造になっています。

アンプルールの美容液はスポットケア専用です。

固めのゲル状がピタッと肌に密着。

時間差で少しずつ放出されるので、

睡眠中ずっと、ハイドロキノンの効果を持続して、

濃くてひどいシミにもアプローチします。

公式サイトはコチラをクリック

上記の化粧品に入っている「顔のシミを消す」驚きの成分とは?

 

顔にできたひどいシミは、

ある成分の入った化粧品を使うことで、

消すことができます!

 

沢山ある美白成分の中でも、「肌の漂白剤」と言われている成分があります。

それが、ハイドロキノン

ハイドロキノンは、皮膚科の治療でも使われている成分で、

強力な美白効果があります。

 

シミ、といえば『ビタミンC』あるいは『プラセンタ』などが思い浮かびますが、ハイドロキノンはビタミンCやプラセンタの10~100倍の効果があると言われています。

 

ハイドロキノンの特徴は、

メラノサイト(メラニンを作っている細胞)

そのものを減少させるいうこと。

 

シミを予防はもちろん、皮膚に浸み込んだメラニン色素にまで働きかけることができます。

 

だから、今顔にあるひどいシミ・濃いシミを、

確実に消すことができるんです。

 

顔のシミ対策に上記の美白化粧品がおすすめの理由とは?

ハイドロキノンは、とても効果的な成分である反面、注意点もあります。

× 皮膚バリアに阻止されて、成分が浸透しない

× 成分の性質が変化しやすく、不安定(酸化しやすい)

× 短時間で成分が代謝されてしまい、効果の持続が難しい

× 強力なため、効果的な成分でも肌に刺激を感じてしまう

 

ハイドロキノンは水溶性のため、

皮膚の奥まで浸透させることが難しい成分でもあります。

 

下記の2つの化粧品は、そんな扱いにくいハイドロキノンを

独自開発により改善し、肌への刺激を軽減させて

ハイドロキノンの効果を

より高めてくれるようになっています。

 

顔のシミの原因教えます!

紫外線

 

シミの主な原因は、皆さんよくご存じのように紫外線です。

子供のころから浴び続けた紫外線が蓄積し、シミとなって現れ始めているのです。

 

紫外線が肌に当たると、肌内部の細胞を傷つけます。

肌内部が傷つけられると、細胞のDNAが破壊されたり、ひどい場合は皮膚がんになることもあるのです。

 

皮膚は肌にダメージを受けないようにメラニンを作ります。

メラニンとは、お肌の表皮の一番下(基底層)にあるメラノサイトがメラニン色素を作り出し、紫外線から肌を守る黒い幕のことです。

 

ターンオーバー(肌の新陳代謝)が正常に機能していれば、メラニン(肌の黒い幕)は古い角質として、はがれていきますが、ターンオーバーのサイクルが遅かったり、メラニンが過剰に作られてしまうと、メラニンが肌にとどまりやすくなり、シミとなってしまうのです。

 

ターンオーバーが遅くなる理由は、

加齢、ストレス、ホルモンバランス・自律神経の乱れ、睡眠不足、血行不良

などが挙げられますが、

長年紫外線を浴び続けたことによる肌ダメージも、理由の1つなのです

 

また、ストレスなどにより発生する活性酵素がメラノサイトを刺激して、メラニンを過剰に作り出してしまうということもあります。

 

顔のシミは防ぐことが大切!

 

3040代くらいになって、シミができてから消すのは本当に大変なことです。

 

また、色が濃くなってしまったシミ、大きくなってしまったシミも、解消するのには時間がかかります。

 

日ごろからシミを防ぐ努力を欠かさないことがとても大切です。

 

ここからは、これ以上顔のシミを増やさないための対策法をご紹介します!

 

【顔のシミを防ぐ美白化粧品】

ハンドプレス

 

先ほどハイドロキノン配合の美白化粧品をご紹介しましたが、ハイドロキノンは刺激が強いため、敏感肌の方は肌荒れを起こしてしまうことも。

 

そんな敏感肌におすすめなのが、アルブチン配合の化粧品です。

アルブチンは低刺激なのが特徴の美白成分で、メラニンの生成を抑えてシミを防ぐ効果があります。

 

ディセンシアのサエルは、敏感肌のための美白にこだわっているブランドなので、今まで美白化粧品が肌に合わなかった方にこそおすすめしたいです。

 

公式サイトはコチラをクリック

 

 

アルブチンの他にも、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、プラセンタエキスなどといった、メラニンの生成を防ぐ効果がある「美白有効成分」が入った化粧品を1年中使用していきましょう。

美白有効成分をもっと知りたい方はコチラ
*【安全に美白するために】知っておきたい!美白成分

 

【顔のシミを防ぐUVケア】

 

UVケア

 

多くのシミの原因・紫外線を避けることを、顔のシミ対策の最優先として考えましょう。

もし現時点でさほどシミに悩んでいないとしても、今受けている紫外線の影響は、数年後に必ず出てきますよ!

 

紫外線は、春~夏に強くなるものの、一年中降り注いでいます。

曇っていれば安心ということもありません。

UVケアは、太陽の出ている時間には年中無休で行ってください!

 

顔には日焼け止め、もしくは日焼け止め効果のある化粧下地、ファンデーションが必須です。

 

アウトドアでのレジャーやスポーツの際は、SPFPAともに高数値のものを選んだほうがいいですが、高数値であればあるほど肌への負担も高くなるので、日常的に使うには、SPF2030、 PA++~+++くらいで十分です。

 

ムラがあると、塗れていないすき間に紫外線があたってしまうので、ムラなく塗るように気をつけましょう。

シミができやすいほお骨辺りは重ねづけするといいですね。

 

上にパウダーファンデーションやフェイスパウダーを重ねると、紫外線を拡散してくれるので、さらに日焼け止め効果がアップします。

 

生理前や妊娠中、ピルを服用しているときは、黄体ホルモンによって紫外線感受性が高まるため、普段よりも念入りにUVケアをしましょう。

 

【顔のシミを防ぐ食生活】

頑固な顔のシミを消すには、内側からのケアも重要。

毎日の食生活も、顔のシミを解消するためのポイントになります。

顔のシミ対策のための”美白食材(栄養素)”をご紹介します!

 

◇ビタミンC

シミの原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用と、メラニンの生成を抑えてくれる作用の2つを持っている、美白栄養素の代名詞です。

◆ビタミンCが含まれる食材・・・パプリカ、ゆず、レモンなど

 

◇ビタミンB₂

肌代謝を高める作用があるので、ターンオーバーを正常化し、シミの原因であるメラニン色素の排出をサポートしてくれます。

◆ビタミンB₂が含まれる食材・・・レバー、卵、乳製品など

 

◇L‐システイン

ビタミンB₂同様、肌の新陳代謝を高めてくれるので、メラニンの排出を助けてくれます。

◆L‐システインが含まれる食材・・・大豆、ハチミツなど

 

◇リコピン

抗酸化作用に優れているので、顔のシミを増やしてしまう活性酸素の働きを抑制します。

また、紫外線による肌ダメージを修復してくれる効果も期待できます。

◆リコピンが含まれている食材・・・トマト、スイカなど

 

◇アスタキサンチン

抗酸化作用の高い栄養素です。肌細胞の修復を促し、メラニンを抑制する効果も。

◆アスタキサンチンが含まれている食材・・・鮭、イクラなど

 

◇エラグ酸

エラグ酸はポリフェノールの一種です。抗酸化作用があり、肌細胞の老化を抑制してくれます。シミの原因となるメラニン抑制にも効果的で、美白効果の高い栄養素とも言われています。

◆エラグ酸が含まれている食材・・・ザクロ、ベリーなど

 

食事については、1つ注意してほしいことがあります。

 

どの栄養素も長く体内に留まっていることはできないので、一度にたくさん食べるのではなく、こまめに摂取することを心がけてください。

 

顔のシミ解消に役立つ美白栄養素は意外と多いので、好き嫌いのある方でも食べられる食材を、食生活の中にうまく取り入れてみてください。

 

顔のシミを消す最終手段は皮膚科治療

 

美白化粧品を使ったり、食生活を改善しても顔のシミが消えない場合には、皮膚科へ相談することも一つの手段です。

皮膚科での顔のシミの治療についても載せておきます。

 

▶レーザー治療

レーザーは、顔のシミを焼き切って消す方法です。

即効性はありますが、1回の照射で顔のシミは解消できないので、複数回クリニックへ通う必要があります。

顔のシミは病気ではないため、ほとんどの場合、保険適用外となってしまいます。

費用は各クリニックで異なるため、事前に調べておくと良いでしょう。

ただし、肝斑は悪化して濃くなることが多いため、注意が必要です。

 

▶光治療

レーザーよりも弱い光で顔のシミを消す方法です。

レーザーより肌への負担が少ないのが特徴で、機械によっては、エステのように肌のたるみや毛穴ケアができるものもあります。

効果が期待できる分、費用も高い傾向があります。

光治療も肝斑にはあまり向いていません。

 

▶ケミカルピーリング

皮膚に薬品を塗り、皮膚表面を剥がしていくことで、シミを消す方法です。

レーザーや光治療に比べると効果が出るまでに時間がかかります。

小さいシミやニキビには効果的ですが、肝斑やそばかすにはあまり効果的でないと言われています。

 

▶イオン導入

美白化粧品に含まれているような美白成分をイオン化することで、肌内部にあるシミの元へ浸透させ、顔のシミを消す方法です。

自宅でのスキンケアをバージョンアップさせたようなイメージです。

美容成分を肌にギュッと浸透させてくれるので、美肌効果は絶大。

ただ、こちらも継続して通う必要があるので、そこまで即効性はありません。

費用も自費負担となる場合がほとんどです。

 

▶塗り薬での治療

皮膚科ではハイドロキノンを配合した治療薬を処方してくれます。

これは市販の美白化粧品に含まれるハイドロキノンよりも、高濃度のものです。

その分、肌への刺激は強くなるので、敏感肌の方は要注意です。

また、ハイドロキノンは紫外線を浴びると色素沈着を起こす可能性があるため、ハイドロキノンを使用している間は、万全なUVケアも一緒の行いましょう。

 

▶飲み薬での治療

内服薬はトラネキサム酸(トランサミン)配合のものが多く、肝斑と治療には特に効果があります。

また、ビタミンCやL‐システインを配合した飲み薬もあります。

薬剤師さんに聞いたところ、ビタミンCとL-システインの比率が4:1くらいのものが、美白効果が上がりやすいそうです。

まずはご自身の顔のシミがどんなタイプなのか、きちんと診察してから治療を始めることが大切です。

 

 

【顔のシミ原因と解消法】皮膚科でも使われるコレで消す!まとめ

 

【顔のシミ原因と解消法】皮膚科でも使われるコレで消す!いかがでしたでしょうか?

 

顔のシミの主な原因は紫外線ですが、

シミには色々な種類があり、それぞれできるメカニズムが違うのです。

 

それぞれの顔のシミの特徴に合わせたケアをすれば、改善・解消することが出来ます。

あなたの顔のシミの特徴から、シミの改善をしていきましょう!

 

顔のシミをよく観察してみると、丸くて濃い茶色いものや、

両側のほおに薄くぼやっと出ているものなどの種類があります。

 

顔のシミは、種類によって、原因が違います。

ということは、消す方法も、種類によって変わってきます。

あなたがやっているシミ対策は、実は逆効果だった!ということも。

 

間違ったシミ対策をしてしまうと、せっかくのケアも効果を現さないことがあるんですね。

自分の顔のシミタイプを把握して、正しいケアを続けましょう。

できたシミを消すだけでなく、これ以上顔のシミを増やさないよう、予防も忘れずに!

 

関連キーワード
  • 加湿器無くても加湿できる?部屋を加湿する12の方法!
  • カサカサ乾燥肌を改善しよう!乾燥肌対策でしっとり肌に
  • メイクアップ
    美肌美髪にする凄いコツ! ちょっとのプラスケアで美肌美髪に!
  • 美容液ジュース
    肌荒れをケアしてくれるアボカドを使った美容液ジュースをご紹介!
  • 食べる美容液アボカドで美肌を取り戻そう!食生活から美肌をゲット!
  • 眼輪筋トレーニングで目元のシワを目立たなくしよう!
おすすめの記事